BLOG

2012.08.14  Category| すべての記事

美しい靴を貴方に

皆様初めまして!山地惣介と申します!
日本列島占拠計画で四国エリアより招集された運びとなります。これにより北海道、本州、四国、九州、沖縄を制覇!アトリエ内では様々な方言が飛び交うBrift Hをこれからも宜しくお願い致します。
さて、皆様もご存知の通り、現在私共Brift Hは、”Summer Campaign”を行っております。内容をもう一度お伝えしますと…
8月1日~8月31日までに、お会計¥5,000以上をお支払い頂いたお客様に抽選券を1枚お渡ししております。(尚送料は含まれません)
ご注意頂きたいのですが、≪8月31日までにお支払いを頂いたお客様≫にお渡ししております。8月中にサービス、修理をご依頼頂いたとしても、お支払いが来月になられた場合は抽選券のお渡しができませんのでご注意下さい。
そして抽選でとても素敵な商品が当たるキャンペーンでございます!
1等は1名様のみです。
男性の場合は、EDWARD GREEN “Chelsea”!!
女性の場合は、TOD’S ”Gommini”!!
恐らく日本の靴業界史上、これほどのレベルの賞品を用意したのは、我々が初めてかと思います。
それでは本日は、当ブログをご覧頂いている知識欲に溢れたLadies & Gentlemanの皆様と共に、この2足のブランドと靴の特徴や品質を学んで参りましょう。
まず、最初にご紹介致します。
EDWARD GREEN “Chelsea”
EG.jpg
あまりにも有名なこちらの靴。EDWARD GREEN。ブランドの代名詞的存在である”Chelsea”は、高級靴愛好家、評論家のほとんどの顔を頷かせ、肯定させてしまうほどの魅力に満ちています。
オックスフォード、キャップトゥの最高峰とも名声轟くこちらの靴を、改めて詳しくみていきましょう。
904bla2.jpg
長すぎず、丸くなり過ぎないオーバルトゥ
絞ったウエストにより、足形もキレイに見せてくれます。
我々日本人は、ウィズが広いのに対してカカトが細いのですが、”Chelsea”はヒールカップも適度に小さい為、カカトが抜けにくいです。
そして”Chelsea”と言えば、1930年代から変わらない《スワンネック》のデザイン。
428_1.jpg
美しい…
グッドイヤ-ウェルテッド製法ですが、サイドウォール近くに攻め込まれたウェルトにより、重厚感を保ちつつ、スマートでスタイリッシュな一面も持ち合わせています。
まさにThe Dress Shoes!!
紳士の皆様に是非履いて頂きたい一足です!
それでは次にご紹介致します。
TOD’S ”Gommini”
TodsGommini.jpg
“Gommini”はウィメンズ、メンズ共に商品展開しているドライビングシューズです。
TOD’Sの店頭では、全色を円状に並べたVMDを度々目にする機会も多いかと思います。
イタリアで1979年に創業しTOD’Sの永遠のシンボルである”Gommini”は、ソールに百数十個以上のラバーべブル(ゴム突起)が付いた一枚革のモカシンです。全行程はTOD’S本社ファクトリーで熟練した職人の手作業により製造されます。
428_2.jpg
“Gommini”の特徴は、驚くほど軽く、柔らかく、そして歩き心地がしなやか。
これは、土踏まずにシャンクが入っていないからです。それでも木型が崩れづらいのは、職人による、丁寧に吊り込みと成形の工程があるからこそ。
女性の皆様の中に、痛みを我慢されてハイヒールを履かれていらっしゃる方も多いかと思います。ファッションは時に苦痛も耐えばければなりませんが、たまには柔らかい素材のトップス、デニムをロールアップして纏い、軽快に”Gommini”を履かれてはいかがでしょうか。
さて、皆様いかがでしょうか。
本日は一等賞品をご紹介致しました。
このチャンス!逃せば、もしかしたら二度と巡りあえないかもしれません。是非、夏のこの時期に眠っている靴の修理、補修を施し、再び命を吹き込んであげて下さい!
ご来店お待ち申し上げております。
ファストファッションにより、品質や素材の良し悪しを重視しなくなりつつある日本のファッションですが、Brift H をご利用頂いているお客様と共に、皆様がご愛用されている高級靴を磨く私共も、「本当に良い物」を正確に理解できるよう努めて参ります!
Brift H 山地でした!

written by

PAGE TOP