Blog

BLOG > ALL

長谷川裕也著「靴磨きの本」トークショー&「SHOES MARKET by shoesaholic」のお知らせ

皆様ごきげんよう、靴磨き界のホープこと長谷川です。

 

今月25日発売になった僕の初出版本「靴磨きの本 THE SHOE SHINE BOOK」がお陰様で沢山の方にご購入頂き大変嬉しいです。

読まれた方はもうお分かりかと思いますが、本書は靴磨き入門書とも呼ぶべき初心者の方に向けた本なのでとてもシンプルな内容です。

「日本の足元に革命を!」という訳で多くの方に読んで実際に靴磨きが出来るようになって欲しいと考えて作りました。

 

その本がMALZEN丸の内本店で大きく展示販売してくれております!

 

IMG_8529

 

 

ぜひとも皆様、丸の内のMALZEN行った時には2階の実用書売り場を覗いてみてください!

 

そして来る7月6日!

同じく東京駅の八重洲ブックセンターでトーク&サイン会を行います!

http://www.yaesu-book.co.jp/events/talk/9773/

19時~から1時間ほど靴磨き半生に関してお話させて頂いたり、実際に靴磨きの実演もします。

本に書かれている事を実演するので本を買って頂き実際にやったけどちょっと分からん!と言う方はぜひ!

※ちょっと分からんが無いように作った本ですが。。。

サイン会に関しては、やるかどうかかなり迷いましたが最初で最後だと思うので出版記念にやっちゃおう!という事でやります。

超カッコいいアーティーなサイン欲しい方はぜひ!

 

自分の本の宣伝はそのくらいにして、お次は7月1日~10日まで当店で行うイベント「SHOES MARKET by shoesaholic」のついて先週に引き続き告知させて頂きます。

 

shoes market

と言いますのも、実は昨日その販売する靴が届いてかなりワクワクしているので今日はフライング気味にちょっと公開しちゃおうかなと。

 

10日間で常時20足ほど販売するのですが、裏ストックを+10足ほどしてちょこちょこ内容変えていきます。

内訳ですが激安半分、高級半分という感じです。

では先にちらっとお見せしますね!取り置きの予約は受け付けませんのでお気を付けください。

 

まずは激安くんから!!

 

IMG_8555

◯Tricker’s St.James collection

 ヴァンプスリッポン サイズ7 

 新品未使用 レザー抜群に良い 18000円(税抜き)

かなり前のデッドストック。デザインが少しやぼったい当りが今風ではないですがこれをオシャレに履きこなしたらかなりオシャレです。

そして革が抜群に良いです。これで18000は特価です。

 

お次はお買い得くん!

 

IMG_8553

 

◯F.lli Giacometti

リザードローファー ダークブラウン サイズ43

使用10回~20回 つま先ラバーチップ補修してます。 

60000円

最近おしゃれな人が履いてるジャコメッティ!のリザード革のローファーです。

ソールはいくらか使用感はありますが状態はかなり良いです。エキゾチックレザーがこの価格で手に入れば文句ありません。

 

お次は人気者のあの子です!

 

IMG_8552

 

◯ALDEN CORDVAN

バーガンディーローファー サイズ7ハーフ

使用10回~20回 赤みの強い良い色 65000円(税抜き)

きました!コードバンのローファー!つま先ラバーで補修してますが美品です。

サイズが合えばラッキーです!

 

そしてなかなか出回らない憧れ君!

 

IMG_8556

 

◯J.M.WESTON CLASSIC TRIPLE SOLE WING TIP DERBY

使用10~20回 サイズ5D ツリー箱有 90000円(税抜き)

ソールが厚いので既につま先のスチールは要交換です。が!これがサイズさえ合えば超おすすめ紳士靴です。

ハントダービーと並びウエストン好きには堪らん一足です。

 

以上、この4足は一部で他にも旧EDWARD GREENやJOHN LOBB、1~2万円台のGRENSONやストールマンテラッシなど今は普通にお店で売っていない靴達のデッドストックが沢山あります。

下駄箱に長い間眠っていた靴達にまた活躍の場を。ぜひ皆さんお気軽にお立ち寄りください!

生産➡循環の時代です!

 

 

 

 

written by 長谷川 長谷川

SHOES MARKET by shoesaholic 7/1~7/10

当店をご利用してくださっている靴好きの皆様。履かない靴はありませんか?

 

「買ったは良いけど出番がない。」

「ちょっと履いたけど足に合わなくて痛くて履いてない。」

「履いてみたら意外と洋服と合わせずらくて履いていない。」

 

僕も革靴大好き人間なのでこんな事あります。

でも持っているだけでは勿体ない!その革靴欲しがっている人は世の中に沢山いますよ!

 

世の中の下駄箱に眠る素晴らしい革靴達を救済すべく今回7/1~7/10までイベントを行います!

 

shoes market

SHOES MARKET by shoesaholic

 

shoesaholicはご存知ですか?日本一(もしかしたら世界一?)の高級靴専門の買い取りサイトです。

買取もかなりの高額です、例えばほとんど履いてないALDENのウィスキーコードバン靴は10万円近くの値段で買い取ってくれたりJOHN LOBB,EDWARD GREENなど状態良いもので7,8万円で買い取ってくれます。この金額ならヤフオクに出したりする手間を考えてもshoesaholicに売ってしまおうという靴好きの方が多いのです。

 

そしてその買い取った靴はどこに出るのか?それはもちろん販売もやっているshoesaholicのサイトで購入できます。

売る客層が良い為、必然的に状態の良い靴達が集まります。なので定価の半額くらいで買えてしまうのです。

 

例えばこのEDWARD GREENの888ラストの超美品。

shoesaholic 1

 お値段が税込で82,620円です。

 

他にはこんな靴も。

 

STEFANO BEMERのスエードチャッカ。新品、箱、ツリーつき。

shoesaholic 2

お値段、なんと税込76,194円!これはヤバくないですか?

 

高く買って、出来るだけ安く売ってとにかく眠っている名革靴達を靴好きに循環させているshoesaholicは素晴らしいと思います。

僕ら靴磨き屋も良い靴を長く大事にという精神なので、生産された物を大事にするという点では共通点が沢山あるのです。

 

そんな素晴らしい靴が集まるshoesaholicの靴は基本的にはネットでしか買えません。

ただ今回その貴重な靴達を約20足ほど当店で販売いたします。

もちろん裏に隠しストックがあるので少しずつ入れ替えたりしながら10日間販売します。

 

ぜひ普段ネットで見ているけど実物を見てみないと不安という方や、ボーナスで良い靴買おうかと考えている方はお見逃しなく!

 

そしてこれをきっかけに履かない靴を手放したいな~と考えている方はこの際shoesaholicに買い取ってもらってください。

下駄箱に眠っている革靴を大事に大切に愛して履いてくれる人がどこかにいるかもしれません。いえ、必ずいるんです!

ぜひとも未来の為に、生産➡循環の世の中を作っていきましょう!

 

とにかく早い物勝ちなので最初の方に来た方が良いですよ!

7月2日か3日の夕方くらいにオーナーの井上さんも店頭に立ってくれるとの事なので是非とも皆さんお見逃しなく~!

 

ちなみに、shoesaholicの読み方はシューホリックです。

written by 長谷川 長谷川

FATTO A MANO

buonasera
山地です。

13417445_949380955179317_3464373347259997890_n

13432319_949380928512653_4943774854982807999_n

13435510_949380921845987_2690153122079775269_n

今フィレンツェではPITTI真っ最中ですね。
昨年の今頃は、石畳が隆起しすぎてるがあまり、馬に踏み潰された石畳にめり込んでいる鳥を見下ろしながら太陽の下でスプマンテとパスタに舌鼓を打ってました。
次もフィレンツェは行くとして、やっぱりナポリにも行ってみたいです。どのくらい落書きとゴミに溢れているのか見てみたいです(笑)勿論シャツやスーツも見ます。DePetrilloってナポリで見られるんですかね?どなたか教えてください。

 

13407221_949380988512647_1462211040060456118_n

13423826_949380961845983_6078122727897413915_n

さてさて、先日札幌より服部巧君が研修に来ておりました。病み上がりで血でも吐くんじゃないかと心配になるほどむせ込んでましたが魂は熱く滾らせながら仕事に没頭しておりました。

札幌店であるTHE LOUNGE by Brift Hも元気に営業しております。
勿論ソール交換などの修理、キズ補修やWET cleaningなどの特殊施術系も承っておりますので、北海道在住の方は是非ご利用下さい。
インスタグラムでも札幌在住でとてもオシャレな方を多くお見かけします。靴のトラブルに関しては、服部くんが力になってくれるので、イケメンに会える靴磨き屋ということで女性も是非ご利用下さいませ。

 

 

 

それでは今週の本題!
超絶技巧!うちでも滅多にないスペシャルな修理をご紹介します。

こちら!
ZINTALA

13406915_949379361846143_1708854227542394781_n

いや〜最近FATTO A MANO の靴のご依頼が多くて毎週ウキウキな山地です。皆様ありがとうございます。ローマ靴やフィレンツェ靴が拝められると脳内エンドルフィンの分泌量が凄まじいです。

こちらのZINTALA、シボ革で激渋い面構え。しかもノルウィージャン製法。極め付けはウェルトのスタート位置です。ウエストよりかなり前側にのみ配置されています。不思議なつくり。
ソールに穴が開いていたので、オールソール交換のご依頼を頂きました。
が!しかし!出し縫いのピッチが激細い。しかもウェルトの位置が見たこと無い位置から始まっている。ダブルソールですし、これマシンで縫えるかな?と疑問だったので預かり、お見積もりになりました。

拝見したところ、職人も見たことがない珍しいウェルトだと言ってました。
マシンでは針穴は到底追い切れない。いや、縫えない事もないが、無理矢理針穴を開けることになるので、ウェルトが傷む可能性を考えると止めておいたほうが賢明という答えに至りました。
ということで!針穴を完全に追うためにハンドで縫う方法で補修したオールソールがこちらでした。

13432393_949382548512491_1560471010860868381_n

13450859_949382521845827_263778428260755609_n

ピッチ細かい!修理後のほうが細かさがより一層わかります。

手作業感が伝わって非常にカッコいいですね!イタリア、ローマらしい顔つきに思わず顔がにやけます。一針一針しっかり引き込んでいるのが伝わってきます。こういった職人による手の仕事がたまらないと思った貴方、かなりの玄人です。

オールソール+ハンドの出し縫い
料金:ASK
納期:お見積もり期間含めて大体1ヶ月〜スタート
(今回の金額は¥33,000+tax)

ちなみに!グッドイヤー製法だからオールソールが何度でもできると言われていますが、できれば現状付いているソールは無理に交換しない方が賢明な事があります。”現状維持”に越したことはないという場合もあります。
というのも、オールソールすればするほど、言ってみれば縫いをかけるほどウェルトの針穴が傷んでしまいます。マシンはある程度針穴を追ってはくれますが、勿論追い切れない事もあるので無理矢理針穴を作ったり広げたりする恐れが多々あります。

オールソール交換にとって、ウェルトの針穴が死んでいないかどうかは非常に重要な要素です。爪先をぶつけまくったり、修理屋さんがやたらとバフってコバを攻めてしまえば針穴がコバ断面に近づいてしまいます。
ちなみに下の写真は針穴がほぼ死にかけています。この場合は、完全に針穴が外に飛び出してしまってますね。

13450908_949380208512725_5619538006567575681_n

これでは縫えません。
こうなったら”リウェルト”という修理方法があります。アッパーとソールを繋ぐためのウェルトを新しいものに交換しましょう。
ただ、ウェルト交換すれば少しコバの張り出しがゴツくなったりもしますし、グッドイヤーなのにリウェルトできない靴も実際にあったりはします。要相談!その場ではできるかどうか判断できない場合もありますので、お預かり期間が長くなる可能性があります。

ちなみに、下の写真の靴はギリギリ縫えます。縫えますが、今後ぶつけたり削れたりすると徐々に針穴の寿命が縮んできますね。

13435473_949379401846139_4312934431989724294_n

13394204_949379408512805_1270010519798875029_n

皆様も、お持ちの靴の出し縫いをご確認頂ければと思います。
針穴は生きていても、雨の日に履くほどウェルトがバサついて縫いに耐えられない状態になることもあります。これはウェルトの革質も関わってきますね。繊維密度が低いとバサつきやすいです。
我々はオールソールをご依頼頂く際、お客様にとって靴にとってBETTERな方法をご提案致します。
納期やご料金が許容範囲内か、靴がオールソールを耐え切れるかどうか、ハーフラバーやハーフレザーの方が賢明かもしれないといった、あらゆる視点から見て一番いい方法でご提案致します。勿論分解してみて、急遽+αの施術が必要な場合もありますので予めご了承頂ければ幸いです。

 

13419129_949382535179159_8618241429602308853_n

なにはともあれ、正真正銘のフルハンドの靴になりましたね。しかもアッパーがめちゃくちゃ滑らかで、シボなのに驚くほど磨きやすく、非常に楽しかったです。高額なだけに良い靴です。

個人的に既製品で手作業が駆使された物ほど贅沢品だと思っております。
ビスポークもフルハンドは今となっては必要事項となっておりますが、生産性が問われる既製品で手間と時間が大幅にかかる手作業が随所に見られるなんて、これほどドラマティックな事はありません。menswear、紳士の嗜好品においてロマンを感じずにはいられません。

ちなみに手縫いだから良いとよく言っている方がいらっしゃいますが、洋服においても靴においても手縫いにはメリット/デメリットがあります。

時間と手間がかかるので、必然的にコストがかかる。ピッチを細くしたり意図的に荒くしたりできるので可動範囲を考慮した作りができるが、やはり手作業なので少し弱いです。洋服だとほつれやすいですね。
ボタンもボタンホールもハンドは柔らかいけどすぐ解けやすかったりします。

靴も、出し縫いはハンドでもマシンでも強度は変わりないという意見もよく聴きます。九分、九分半、フルハンド、どれも時間と手間が違うだけなんかも耳にします。

それでも、手縫いでしか成し得ない着心地、履き心地があるわけです。そして手作業でしか表せない美しさがあるわけです。
靴で言えばベベルドウエスト、フィドルバック。こんなに攻め込まれたセクシーなウエストはマシンでは表現できません。そしてハンドソーンだからこそ実現できる湾曲した沈み方により、唯一無二の履き心地になる。フルハンドの靴は憧れです。

シャツだってジャケットだってパンツだって、解けたりシームが開いたりと色々ありますが、個人的にはそれがめちゃくちゃ楚々られるのです。紛れもなく職人が時間をかけて一針一針を技術を駆使して縫っているというドラマティックなバックボーンが感じられます。

 

 

話が大きく逸れましたが、イタリア、イギリスを中心としたメンズのクラシックファッションが今後世界的により注目されていくと思われます。

紳士靴業界の端くれの我々にとっても、とても興味深く、そして嬉しく思える傾向です。紳士服のドレスシーンがもっと盛り上がることを祈りたいです。

それでは、皆様のご来店、ご依頼をお待ちしております!

written by 山地 山地

雨の日の靴選び

Category|すべての記事

とうとう今週から関東地方も梅雨入りです。
湿度がどんどんと高くなってきましたね。
汗かきの自分にはつらい季節…
真夏の暑い日差しが待ち遠しい。
IMG_2265

IMG_2264

写真は梅雨入り前の鎌倉の建長寺。
日差しはありましたが、湿気がなかったので気持ちの良い一日でした。

さて、そんな梅雨時は履く靴に悩むのが靴好きというもの。
大事な靴は濡らしたくないし、スーツに何を合わせよう…
悩んでいらっしゃる方も多いと思います。

そんな場合には以下のことを参考にして下さい。

①ラバーソール
一つ目は当たり前といえば当たり前。雨の日にはラバーソールです。
レザーソールはどうしても水が染みこみ易いです。
ソールが吸った水気がコルクに染みこみ、更に中敷きまで…。そうして靴の中もじっとりと。
といったようになりかねないので、水が染みないラバーソールは必須ですね。
また、雨に濡れた路面は滑りやすいです。駅構内やお店の床なんかはつるっつる。
ラバーの方がレザーに比べて滑りにくいので、そういった点から見てもラバーソールの方が良いですね。

②グッドイヤー製法の靴
マッケイ製法の靴はソールとアッパーが直接縫われています。
つまりソールから中敷きまで針穴が貫通しているということ。
縫い糸には松脂を塗ったりなどして防水性を考えてはいますが、やはり穴が開いていれば水が染みてきますよね。
とゆう訳でマッケイはNGです。
たとえラバーソールだったとしても外側にステッチが見えていれば針穴が貫通している可能性大。
グッドイヤーであればソールのステッチはウェルト縫われているので、直接、靴の内側にはつながっていません。
という訳で、グッドイヤーの方が内側には水が染みこみ難いです。

③ガラス革
ここからはアッパーの素材として雨の日にお勧めのものを紹介します。
まずはガラス革。表面に樹脂コーティングを施した革です。樹脂コーティングしてあるので水が染みこみません。
通常のカーフと違い、経年変化を楽しむ素材ではないですが雨には強い。表面は水を寄せ付けません!
元々キズのある原皮を使えるように考え出された加工方法なので、高級な靴にはあまり使われていません。
樹脂コーティングされた革という点ではエナメル革もありですね。

④スウェード
お手入れ方法が難しい上に雨にも弱いと思われがちなスウェード。
ですが、濡れた後のお手入れの楽さと防水効果を考えると外せないのがスウェードです。
もし濡れてしまっても、乾いた後は毛並みを整えて防水スプレーをかけるだけ。
基本的にはたったこれだけ、なんです。
防水スプレーの成分である油分やフッ素なども、カーフに比べれば染みこみ易い&喰いつき易いので、防水効果は高いです。
但し、ライトブラウンやベージュ等の淡い色は雨に濡れると染みになる可能性が高いので、要注意です。
雨の日用としては黒や焦げ茶のスウェードがお勧め。

⑤オイルドレザー
最初からオイルを浸透させて防水効果を高めてあるのがオイルドレザー。
なので勿論、防水効果は高いです。
革に触ると少しべったりしているというか、最初から少ししっとりしているのが特徴。
エンジニアブーツやワークブーツに良く使われる素材ですが、紳士靴でも使われます。

⑥シボ革
表面にシワ模様が付けられたシボ革。シボ加工といって牛革に型押しや薬品による収縮などによって凸凹を施した革です。
シボ革はカーフに比べ、雨によるトラブルが少ないことが特徴の一つですね。
トラブルが少ないといっても、もし雨にしっかりとあたってしまった場合は、しっかり乾燥させてから
乳化性クリームで栄養を入れてあげて下さい。

ざっくりと雨の日のことを考えた靴セレクトのポイントをまとめて見ました。
次回、靴購入の際や雨の日に何を履こうか迷った際に参考にしてください。

もう一つ。
もしカーフの靴で雨に濡れてしまった場合はどうすればよいか?

①靴の中に新聞紙等を入れて型崩れを防ぐ
②その状態で風通しのいい場所で陰干しし、表面をしっかり乾かす
③中に入れた新聞紙を取って陰干しし、中を乾かす
④濡れてから乾かした靴は革が硬くなってしまっているので、しっかりと乳化性のクリームを入れる

といった感じでお手入れして下さい。

written by 北見 北見

OWL WISDOM

Brift H