BEFORE & AFTER

  • ZONKEY BOOTのスエードスリッポンの染め変えです。もともとは素敵な赤でしたがお洋服に合わせにくいということで黒くしたいとご依頼いただきました。ただ真っ黒には染まらないのでできる限り濃く染めた結果、少し紫がかった黒に染まりました。起毛素材の染めは表革とは違い大変難しく色の調整も容易ではありません。多少職人にお任せする気持ちでご依頼いただけると幸いです。

  • Gaziano&Garlingのアンティーク調の染め変えです。お客様の要望はJohn Lobbのミュージアムカーフのような全体的にムラがあるダークブラウンにしてほしいとの事で特殊な方法で染めました。元々の甘いブラウンは残しながら全体に不均一にダークブラウンを入れていきます。このボカシ加減が難しいのです。結果なかなかの仕上がりになったと思います。

  • J.M.WESTONのヌバックブーツの染め変えです。起毛素材の染めはスムースレザー(表革)とは違い染料の定着が難しい為に思い通りの色に染めるのは高い技術と経験を必要とします。今回はバーガンディーへの染め変えをご希望でしたので出来る限りお客様のご希望に近い色になるよう何度も染めてなんとか良い色になりました。コバと紐の色はそのままにしたのでカジュアル感を出してます。

  • Marmoladaのエレファント(象革)ブーツのRecolorです。全体的にブラックにしたいがグリーン、ネイビー、パープルなどの色も少しぼかして入れて欲しいとのかなりレベルの高いご要望でした。エレファントは革の表面がヌバック状(起毛している)ので染めるのが難しい素材です。色々な染料で染めてから最後にブラックをいれてムラ感のあるシックな一足になりました、写真だと伝わりにくい色です。最後にコバも染めて全体をまとめています。

  • J.M.WESTONのブラックのモンクストラップのRecolorです。前はヌバック加工を施しブルーの染料で染めています。バックルより後ろはネイビーに染めて全体的にブルー系に。基本的には元の革の色よりも薄い色に染める事はかなり難しい(条件がある)のですが今回はなんとかうまくいきました。まさしく世界に一足の靴になりました。

  • こちらはつま先の革が破れ、中敷も革の硬化によりバリバリに割れている状態でした。
    そこで元々の革に似たものを探し、つま先の破れた部分を覆うように【つま先パッチ】をし、中敷はステッチのギリギリまで型を取り【インソール作成】をして直しました。これで夏のサンダルもまだまだ長くご愛用頂けるようになりました。

  • 【インソール交換】をする際は、出来るだけ自然な仕上がりになるように革を選びます。今回は婦人靴でよく使われる山羊革を使用しました。ロゴは無くなりますがまた綺麗な状態で履けるので定期的な交換がおすすめです。

  • 財布の四隅を【擦れ補色】で直しました。コバと呼ばれる革の切断面の塗装が擦れて無くなってしまっていたので、かなり近い色を作り何度も何度も塗装して補色しています。最後は財布全体を【財布ケア】で栄養補給をしています。栄養補給は無色のクリームをしっかり塗り込み馴染ませます。財布もケアや補修をこまめにするととても長くご愛用頂けます。

Category
PAGE TOP