BLOG

2011.10.28  Category| すべての記事

当店の隠れ人気メニューの○○○

皆様ごきげんよう、世界一かっこいい靴磨き職人長谷川でございます。
今朝も早くからバレエのレッスンに励み、背筋ピン乃助で靴磨きをしております。
さて、そんな我々Brift Hは靴を磨くだけではありません。
革のスペシャリストとして、色々なものを磨いております。
自分のお肌はもちろん。
最近人気あるのが鞄!!
靴磨きで蓄えた経験と知識で革の表情を最大限変えずに、しっかり栄養補給&補色等を行っております。
最近磨かせて頂いたのは、この10年物のロイド フットウェアのダレスバッグ。
DSC_0498.jpg
このバッグでいくら稼いだのか?とお金好きの私は気になってしまいますが、そんな諭吉臭も一緒に綺麗にいたします。
DSC_0499.jpg
サイドがかなり傷んでおります。革の表面が劣化して剥離してきています。
この場合は、完全に復活させる事は出来ないので、ある程度剥離したのを除去してから染め直し&コーティングしていきます。
DSC_0500.jpg
近くで見るとよく分かりますね。
ここで、靴と鞄を磨く上で絶対的に違う事。
それは、使うクリームです。
靴は何でも大丈夫ですが、鞄はお洋服や皮膚に触れるので色付きのクリームは使えません。
なので、無色のクリームでケアをしていきます。
ただ、それでは削れて色が落ちている所など補色できないのでは?
と思った方。
鋭いです!
なので、同じ色の染料を作って染めていきます。
※革によっては顔料を使います。
染めてから表面を無色のクリームでケアをしていきます。
クリームも、靴用のロウ分&油脂が多い物だとベタベタしてしまうのでサラッとしたコロニル社のディアマントがおススメです。
そうして出来上がったのがこちら。
DSC_0527.jpg
全体に栄養分が浸透し上品な艶が出てます。
DSC_0528.jpg
サイドも削って→補色→削って→補色を何度も繰り返して綺麗に整えていきます。
DSC_0529.jpg
バリバリ割れていた所もある程度は剥離させてから染色とコーティングしていきます。
完全には直りませんが、パッと見で目立たなくして機能的にも問題のないレベルまでもっていきます。
かなり時間が掛かってしまいましたが、オリジナルの状態に忠実に良い雰囲気に仕上がったと思います。
良い物は長く大切に使っていきたいものですね。
当店にいらっしゃる紳士の皆様。
今度鞄も預けてみてはいかがでしょうか?
世界一の靴磨き店目指して今日もグランジュテ!!

written by

PAGE TOP