BLOG

2011.09.27  Category| すべての記事

ジェレミーハケット氏の靴を磨く。

皆様ごきげんよう、今日も世界一かっこよくKIWI缶の蓋を外す世界一カッコイイ靴磨き職人こと長谷川でございます。
最近はブログではなく呟きことツイッターに色々と書いておりましてブログはお久しぶりでございます。※ちなみにツイッターの名前はBriftHです。
今もバカンスでカプリ島に行っていた日焼け跡に、ビキューナのニットが擦れてくすぐったく大笑いしてロマネコンティをこぼしてしまい・・・・と冗談は顔だけにして。
昨日はあるジェントルマンの靴を磨いてまいりました。
その世界を代表するジェントルマンとは、、Hackett Londonの会長、ジェレミーハケット氏です。

ジェレミー.jpeg
昨日はダビドフのシガリロを吸ってました。

前回の日本来日の際は、3月11日の地震に遭遇したというハケット氏。
その半年ぶりの来日にジェントルマン大好き長谷川は会いに行って参りました。

DSC_0846.JPG
(Before)

本日のジェレミー氏の靴はジョージクレバリーのビスポーク。
革はフロイデンベルグで、ソールはオークバーグとの事。
「どんな輝きが好きか?」と聞くと、さすが英国紳士。「medium shine」とお答えになったので、じっとりと輝くようにワックスを少なめにして、乳化性クリームを存分に染み込ませたのですが・・・・あわわあわわ。
革が良すぎて勝手に光ってしまいます。

DSC_0848.JPG

ジェレミー氏いわく、フロイデンベルグの革はまだまだクレバリーはストックしているとの事。
ロシアンカーフもまだあるみたいです。
最近靴を磨いていて、あきらかにヌメッとしてキメの細かい革が現代の靴(ここ10年ぐらいですか?)減ってきているな~と実感していています。
もちろん僕は永遠の18歳なので、リアルタイムで良い革全盛期を履きこなしてきていませんが、お客様の靴を磨かせて頂いているとつくづく思うのです。
とそんなことを思いながら磨いていると。
光りすぎでしまったのです。
この右手のバカバカ!よしよし。
靴磨き職人としては悔しいながら、光らせないようにワックスを落とす作業をして完成させました。

DSC_0849.JPG
(after)

さすがジェレミー氏、元々靴が綺麗だったので写真では最初とあまり変わってにゃーい!!
もんもん!
去年もジェレミー氏と色々とご一緒させて頂きましたが、やはり英国紳士ってカッコイイ。
ミックジャガーもカッコイイ。
せっかくなので、色々と店内を物色しましたが、
今年は、オイルドコットンの新色ネイビーが特に良かったです。
他にもハウンズトゥースのベストや、これまたネイビーのハット等、物欲をかなりそそります。
今回、ジェレミー氏と共にビスポーク責任者のグラハム氏も来日していたのですが、
お二人揃って、グレーの3ピースを着こなしていました。
英国ではグレーが普段着るスーツで一番フォーマルなのですね。
うむうむ。
職業上、ダークカラーのスーツやJKTが多いのですが、今年はグレーの3ピースにも挑戦したいと思います。
今月はイベント目白押しのBrift H!!
皆様こうご期待下さい!!
という訳で、これからウェイトトレーニングに励んでまいります。
鞄にはもちろん・・・・ホエイ酸プロテイン。
ジェントルマンへの第一歩は身体づくりから。

written by

PAGE TOP