Blog

BLOG > ALL

靴クリーム各社比較

こんにちは!

朝晩はだいぶ寒さが増してきましたが、日中は20度を超える日が続き、
服装選びが難しいです。
毎年この時期に母校の学園祭があり、その頃には厚手のコートを着ていた記憶があります。
今年は、まだ厚手のコートを着るには早そうです。
靴磨きをするには、暑くも寒くなく丁度よい季節かもしれません。

 

Brift H では、靴クリームはオリジナル商品、サフィール、コロニルの三種類を主に発売しております。
よく各社の違いの質問を頂くので、今回はそれぞれの良い点、イマイチな点を靴磨き職人の目から公平に
判断してお届けしたいと思います。

 

まずは、日本代表Brift H オリジナルのThe Creame です。

IMG_3347

・良い点
伸びが良く、使い易い。よく浸透する。
においがなく、素手でぬっても安全な成分。
ベタつかないので、靴以外の革製品にも使える。
顔料が入ってないので、革の風合いが変わらない。
ワックスが乗りやすい。

・イマイチな点
補色、隠蔽力が低いため、キズやスレは隠れない。

 

次は、フランス代表Saphir クレム1925 です。

IMG_3355

・良い点
補色、隠蔽力は高く、キズやスレを隠し易い。
塗った後のつやが、鮮やかで、はっきりしている。
色の種類が豊富。
ロウが多く配合されているので、鏡面磨きし易い。
半ワックスのような使い方も出来る。

・イマイチな点
成分が油分のため、ベタつきがある。
開封後に時間が経つと、揮発して固くなり使いづらくなる。
気を付けないと、シミになる場合がある。
隠蔽力がある反面、コバなどに付くと落ちにくい。

 

三つ目は、ドイツ代表Collonil 1909シュプリーム

IMG_3357

・良い点
さらっとして、よく伸びて使い易い。
革への浸透力が高い。
塗った後に、ツヤツヤ、サラサラになる。
ベタ付きのあるエナメルに塗ると、ベタ付きが一時的に良くなる。
男性用の香水の様な爽やかな香り。

・イマイチな点
塗布後にサラサラになる反面、ワックスが乗りにくく鏡面磨きしにくい。
ツヤは出るが、長持ちしない。

 

最後になりますが、近々ケア用品の新製品を発売致します。
こちらです!! The Leather Sole Oil です。

FullSizeRender (8)

皆様から多くのご要望がありました革底用のソールオイルです。
当店の磨きで使用している物と、全く同じものとなります。
発売日、値段など詳細が決まりましたら、また発表させて頂きます。

 

清水

written by 長谷川 長谷川

Stefano Bemer×Brift H イベントレポート

Category|イベント・お知らせ

こんにちは~。事務員 小林です。

今日はついに禁断のタクシー通勤をしてしまいました。

朝から苦手なガソリンの匂いにやられて、フラフラになりました。

もう二度としません。誰か目覚めがよくなる方法を教えてください!

 

さてさて、先日からブログでもお知らせしておりましたが、
Stefano Bemer×Brift Hのイベントを先週金曜に開催いたしました!
当日は、イタリアはフェイレンツェからトマゾ社長、ビスポーク職人の井俣さんが来て下さり、
Stefano Bemer の素敵な革小物を紹介して下さいました。

そしてStefano Bemer の靴を当店の染め職人 有薗が 皆様の目の前で染め上げていく、というパフォーマンスも行わせて頂きました!
当日は忙しくも、とても楽しかったです!
今日はその模様をご報告させていただきます。

まず今回ご用意頂いた革小物は、パピヨン(ボウタイ)、ベルト、お財布、時計ベルト、などなど。
小物

革小物は多種多色の革サンプルからオーダー頂けます。

レザーサンプル

一押しはパピヨン。
かわいいですね~。お値段もお手頃です。
当日は有薗もつけていましたが、Brift Hの職人ほぼ全員がオーダーさせて頂きました★

01

今お店でご用意しているのは、こちらの2点。

ボウタイ

 

結婚式やパーティーにはもちろん、ギフトにも素敵だと思います。

女性にもおすすめですよ。

 

その他に人気だったのはベルトやお財布。

こちらはベルトのバックルと革の組み合わせをシンキング中。

オーダーってなんて楽しいんでしょう。

シンキング

 

お財布。今お店ではこちらの5色をご用意しております。

いい色ですね~。(奥2色が見えづらくすみません)

お財布

 

中は元気が出るオレンジ。

カードは6枚入ります。日本のお札もしっかり入りますよ。

お財布の中

 

 

そして、パティーヌショー。

これをめがけて来て下さった皆さま、ありがとうございました!

 

口ベタで緊張しいな染め職人 有薗は前日からど緊張だったそうで、

10回以上もパティーヌショーの夢を見て、その度にはっ!と目覚めて、なかなか眠れなかったそうです。

そんな漫画みたいな話絶対嘘でしょ、と思いましたが、本当らしいですよ。

 

そんなSHINYAさんが染めた靴は、なんとトマゾ社長の私物。

もちろんStefano Bemerの靴で、染めやすい革のものをチョイスして頂きました。

02

こちらの靴を、染料やクリームを使って染めていきます。

染め道具

 

皆さまの目の前で染めて、染めて、染めて・・・。

そめ3

そめ1

そめ2

クリームを入れて、ポリッシュまで。

プレーンだった靴が、グリーンの色ムラがなんともいえない、色気のある靴に。

BA

トマゾ社長は翌日、早速履いて下さったそうです。うれしいですね~。

 

たくさんのお客様にもお集り頂き、Stefano Bemerの皆さまともご一緒させて頂けて、

なんだかいつものお店と違うお店に見えて、不思議な感じでした。

いや~エキサイティング!楽しかったです。

異世界2

 

これからもどんどこ楽しいことをやっていきたいです~。

こんな事どうでしょう?というリクエストがございましたら、ぜひぜひお待ちしております!

 

そして革小物はお店で販売しておりますので、気になる方はお早めにどうぞ!

※現在WEB SHOPでの販売はございません。申し訳ございません。

 

ではでは、小林でした。

written by 小林 小林

Stefano Bemer × Brift H

 

ベーメル

 

開催まで目前に迫ってまいりました!

 

Stefano Bemer × Brift H

11月6日 金曜日 12:00 ~ 19:00

有薗によるパティーヌのデモンストレーション
①13:00~
②18:00~

 

今回のトランクショーは、日本初上陸であるStefano Bemerの小物!そしてレディメイドの靴のパティーヌオーダーを承ります。

Stefano BemerのHPはこちらから

 

話の発端は、6月に伺ったStefano Bemerでの靴磨き修行からでした。

是非日本にいらっしゃった際は、何か一緒にイベントをやりたいと盛り上がり、この度実現致しました。

12112260_823246601126087_2696556020736001783_n

12191040_823246547792759_4004163217461247094_n

12193809_823248117792602_8171010041510130154_n

12108981_823246571126090_1310770277974826013_n

Stefano Bemer店内にて色々なグッズを見させて頂きました。

日本では靴しか拝見したことがないので、小物の存在すら知らなかったのですが、どれも非常に素敵です!

シューズメーカーが作る革小物ってとても魅力的ですよね。使用による経年変化が楽しめる本当に良質な革小物って意外に見つけられないので、革に拘っていらっしゃる皆様は必ずお気に召して頂けるはずです。

当日は、現CEOであるMr.Tommaso Merani。日本人靴職人として日々Stefano Bemerのビスポークを誂えていらっしゃる坂東雅子さん、そしてフィレンツェでは大変お世話になった井俣久美子さんにお越し頂きます。

 

 

 

 

 

それでは、当店のトランクショーでラインナップされる小物の詳細をお伝え致します。

 

 

DSC02159

 

 

今回のトランクショーではオーダー制で承っております。

革の種類・色をお選び頂きまして、後日のお渡しとなります。

納期は約2~3か月ほどです。

なお、トランクショー当日に販売できる在庫は本当に僅かな数なので、早い者勝ちです。

もし当日の販売分を購入されたい方は、是非早めにご来店下さい。

 

 

DSC02110_1

・ベルト

真鍮性バックル 235€~

銀製バックル  360€~

バックルは2種類よりお選び頂けます。
Stefano Bemerの良質な革が贅沢に使われたベルトです。

 

 

decorative+candle

 

・アロマキャンドル

74€~

Mr.Tommasoは香りを大事にされていらっしゃる方で、新生Stefano Bemerになった事でアロマの分野にも着目されています。イタリアらしいアズーロカラーのウッドボックスに収納されておりプレゼントにも最適です!
レザーの香りも上品に感じられる、紳士らしい素敵な香りなので是非店頭で試香されてみて下さい。

 

 

12208821_823236641127083_2988590946410598986_n

 

12108822_823236647793749_5534105952782872557_n

 

・革財布

220€~

ホースフロントという馬の革、カーフの2種類からお選び頂けます。

また、要相談ではありますがライニングの色もお選び頂けます。

 

 

12189733_823237797793634_5625480069815766323_n

 

1508212_823237097793704_5821594914276329853_n

 

・レザーパピヨン(ボウタイ)

90€~

欲しいけどなかなか見つけることができないアイテムが、レザーパピヨンです。
Stefano Bemerのレザーパピヨンはディンプルや曲線がきれいに表現されてとても美しいです。
革の種類も豊富なので、是非お気に入りをオーダーされてはいかがでしょうか。

 

 

1446041843859

 

・時計ベルト

250€~

こちらかなりヤバいです。

時計の革ベルトでStefano Bemer製なんて、靴の超玄人が好みそうな嗜みです!

 

 

その他には、写真が用意できておりませんが

・カードケース

165€~

もオーダーを承ります。

 

上記で提示させて頂いた金額はスタート金額であり、オーダー内容やクロコダイル・エレファント・コードヴァンなどのエキゾチックレザーや特殊革を使用の場合は追加料金が発生致します。

 

”革の魔術師”という名声轟くStefano Bemerの小物。
今回のBrift Hでのイベントを逃しますと、フィレンツェに行かなければオーダーできないかもしれません。
この機会をお見逃しなく!

 

 

そして!

 

DSC_0747

 

パティーヌオーダーのデモンストレーション用のヌメ革サンプルシューズが届きました!
めちゃくちゃかっこいい!やはりフィレンツェスタイルを代表する9分仕立てのStefano Bemerの靴は激渋いです!

 

今回のパティーヌオーダー靴の詳細は以下の通りです。

 

・デザイン
内羽根ストレートチップのレディメイドのみ

・サイズ
39~46のハーフサイズ刻みの展開

・価格
1850€~

・納期
約4か月ほど

 

イベント当日は片足のみのサンプルシューズをご用意しておりますので、フィッティングもご確認頂けます。

また、13:00と18:00の2回にわたり、Brift Hのレぺゼン鹿児島こと色の魔術師Mr.ARIZONNOがパティーヌのデモンストレーションを行います。

※店内は通常営業を行っておりますので、大変混み合う可能性があります。予めご了承下さい。

 

かなりテンション上がってきました!
とても楽しい1日になりそうです!皆様のご来店をお待ちしております!

written by 山地 山地

News!!!

Category|すべての記事

お久しぶりです。北見です。
急に冷え込んできましたね。冬の装いももう間近ですね。
お預かりの靴達もブーツが増えてきている感じです。

さぁ、そんな冷え込んだ日々にホットなお知らせが二つ。
重要なお知らせなのでしっかりとお読み下さい!

お知らせその1
300x236

今までひたすらに火曜日定休を貫いてきたBrift H。
世の中が祝日であろうとなかろうと火曜日はお休みを頂いておりました。
今までいったい何人のお客様に階段下でがっかりさせてしまった事か…

しかし、しかしですよ、とうとうその慣習をブチ破り「11/3・文化の日」は火曜日ですが営業を行います。
11/3は通常通り12:00~20:00の営業となりまして、翌11/4を代休とさせて頂きます。

今後ですが、火曜日が祝日の場合は営業。翌水曜が定休日となりますので、お間違えの無いようお願い致します。

お知らせその2

11/6。来週の金曜日ですね。
イベント、やっちゃいます。といっても磨きのイベントではなく、イタリアからお客様がいらっしゃいます。
なんとフィレンツェからステファノ・ベーメルの職人さんがいらっしゃいます。

Stefano Bemer × Brift H
ベーメル

僕達にとっては夢の様なコラボレーション。
Stefano Bemerのヌメ革のストレートチップを、Brift Hにてお客様のお望みの色に染めて仕上げます。
今回は靴そのものはオーダーできませんが、色のオーダーを承るといったイベントになります。
またフィッティングサンプルは39~46をハーフサイズで刻みでご用意をしております。
既成の靴ベースですが色については色々とご相談にのりますので、世界に一足だけの靴に仕上げる事も勿論可能です。
こちらのお値段は次回のブログにて公開致します。

さらに、

日本

初上陸!!

フィレンツェのStefano Bemerに行かなければ購入できなかった革小物の販売を行います。
DSC02159

左から腕時計ベルト、キャンドル、ボウタイ、ベルトです。
写真にのっている以外にも財布とカードケースがございます。
勿論その場での販売も行いますが、革のサンプルもございますのでオーダーをして頂く事も可能です。

Stefano Bemerの小物については今後どういった販売をするのか、現時点では不明です。
今回のイベントで持ってきて頂いた分は販売を続けますが、その後は継続的にBrift Hで取り扱うかは未定です。
また他の百貨店で取り扱うかどうかもまだ分かりません。
フィレンツェのStefano Bemerに行く予定はないが、革小物は見てみたいという方は是非いらっしゃって下さい。

今回は重要なお知らせが2件のみのショートバージョンでお送り致しました。

written by 北見 北見

~バックのお悩みなど~

Category|すべての記事

こんにちはー

 

やっと昨日から本格的に寒くなり秋らしくなってきたんではないでしょうか!

コート、厚手のニットほしいなー

秋刀魚、焼肉、鍋食べたいなー

 

んー

アウターの新作も多く新米が美味しく 物欲も食欲も止まりません!

さー 冬に向けて脂肪というなのアウターを蓄えていきましょう!

 

はいはい!

 

 

最近ご依頼の多いバックのケアとスレ補修のbefore& after です。

 

まずは真っ白なボッテガのバック

白バック4

 

白バック1 白バック2

画像のように底の部分や口部分のよく擦れる場所は色が剥がれてきます。

白い革は元々表面に顔料加工している物が多く、こちらもまた同じように顔料で覆い仕上げてます。

 

 

afterはこちら

白バック5

 

白バック6白バック7

また白さも戻り長く愛用して頂けると思います。

 

 

次にCHANELのキルティングバック

シャネル1

水色が素敵なバックですがボールペンが付いてしまったとのこと…

シャネル2

 

実際レザージャケットやバック等にボールペンのインクが付いてしまった方は少なくないと思いますが、

ボールペンの跡はほぼ消えないことが多いです。

クリーナー等である程度落ちる場合もありますが完全には抜けません…

 

こういった場合も表面から塗装をかけ …

こんな感じにきれーに隠しちゃいます!

シャネル4
シャネル3

このような鮮やかな色味は色作りが難しく、色味が若干変わる事もありますが出来る限り元の色味に近付けられるよう頑張ります!!

※色が明るく均等な革は塗装加工されている物が多く、そういった革はこのようにまた塗装加工して施術をお勧めさせて頂く事が多いです

こういった場合はまずはお見積もりになりますが、是非お困りのバックがございましたらご相談下さいませ!

 

ではでは有薗でしたーー!

written by 有薗 有薗

REDWING Recolor by Brift H & クラック補修

長谷川モノ

「グッ!!」

 

という感じで今日も靴磨き界の100年に1度のスター長谷川が雑誌に出ております。

胸元に花。ネクタイにも花。華のあるオーラに花が足されて益々華が増しますね!

 

って、かなり鼻につく感じでブログスタートします。

クンクン。

 

レッドウィングMONO

ただいま絶賛発売中のMONO特別編集 「REDWING」

男なら誰しも一度は憧れるREDWING.

REDWINGを買って革靴にはまっていく方はかなり多い。男としてはマストバイな靴です。

そんなREDWINGにBrift Hで一番人気メニューのRecolor をやらせて頂きました!

 

レッドウィングMONO2

ガシガシ履いて、とにかく履いて、ミンクオイルを入れて磨いて、またガシガシ履いて磨いて。。。。

というのが今までのREDWINGの味出し、エイジングでした。

いえ、もちろんこれからもそれは変わらないのですが、今回はあえてRecolor という染料でアンティーク調に染める方法でREDWINGの新しい魅力を引き出していきます。

 

ちなみに、こちらは実際の雑誌に掲載されたベックマン#9013チェスナッツ。

Bベックマン

まだまだ新しいですね~、これからどれだけ履き倒せばかっちょよくなるでしょうか。

実際にワークブーツとして仕事で履けば一年でかなりの味は出そうですが、普通にタウンユースだとなかなか時間が掛かります。

このままガシガシ履き倒したいところですが、今回はRecolor で別人ならぬ別靴にしてしまおう!

 

ベックマンA

じゃん!

実はわたくし長谷川も履かせて頂き、このRecolor BECKMAN履いております。

雨の日もガシガシ履いて少しづつですが味が出てき始めました。

10年がとても楽しみな靴です。

 

このREDWINGのように、沢山履いてシワやキズが靴の魅力を引き出してくれる靴もあれば、綺麗に磨き上げて丁寧に履いてあげたい靴達もまた魅力的です。

 

所謂ドレスシューズという類が正しくそうですよね。

これを読んでくださっている方々には言わずもがなですね。

ただドレスシューズのような上質なカーフを使用した靴を手入れしながら大切に履いていてもどうしても傷んできます。

 

その典型がクラックです。ようは革のヒビ割れです。

原因は革の乾燥や硬化によって履きシワからヒび割れすることがほとんどです。

雨で濡れて乾燥したら革が固くなってヒビ割れしてしまうこともしばしばです。

そんなクラック補修も当店では受け付けております。

クラックB1

 

こちらの靴は両足の両外側がクラックが入っています。

革の銀面(表皮)が縦にヒビ割れしています。

クラックB2

 

こちらは反対側の靴の外側です。

深くキャップトゥの横がクラックしてますね。

 

これを企業秘密の方法で補修すると・・・・

 

クラックA1

ででん!!

 

かなり目立たなくなりました。

 

もう片方は

クラックA2

べべん!!

 

こちらもかなりツルンと玉子肌!

ヴィンテージ靴も生まれ変わりました。

 

こちらのクラック補修ですが、革によっては直らない靴も多々あります。

その場合はブリフトパッチ、チャールズパッチという超絶メニューもありますので、ぜひ一度ご相談だけでも良いのでいらしてみてください。

 

しつこいですが、

ともかく直るかどうか、遠慮なく相談だけでも良いの来てみてください。

もしかしたら愛する靴が復活するかもしれません。

 

装うのが楽しくなる秋。

オシャレは足元から。。

皆様準備は出来てますか。。。

 

困ったらBrift Hにお任せください!!

 

written by 長谷川 長谷川

OWL WISDOM

Brift H