BLOG

2013.10.22  Category| すべての記事

Brift H的WAX解説

皆様こんばんは、靴磨き道具マニアの長谷川です。
靴磨きを初めて、そろそろ10周年になります。
昔から考えていることがありまして、靴磨き職人10周年の年には何か記憶に残る伝説を作ろうと思っています。
24時間オールナイト靴磨き??靴磨き100人組手??路上靴磨き復活??
4月には何かやりますので、ぜひ楽しみにしてて下さい。
さて、そんな訳で気候も大分涼しくなって夏の靴をしまう時期。
ブーツ等秋冬の靴を出すところだと思いますが、久々出してみたら靴が汚いと思う事多いですよね。
そんな流れなのか当店でも只今靴磨き道具を買う方がとても多いです。
そこでよくある質問に今日はお答しようと思います!
「どのワックスがお勧めですか?」
これは今まで色々と経験して得た、個人的な意見をまとめましたので参考くらいにして頂ければと思います。
まずはKIWI!
IMG_0785.JPG
プロの靴磨き屋のほとんどが使用している大定番です!
当店はよくスーパー等においている普通のKIWIワックスではなく、パレードグロスという高級仕様の方を置いています。
光沢は一番出ますし、お値段も安いので入門編としてもおすすめです。
個人的に一番おすすめです。
ただし色の展開が黒、茶、無色と3色の少ないのがネックです。。。
余談ですが、僕が路上で靴磨きをしている時代はKIWIがスポンサーでした。
路上靴磨きではかなり珍しいと思いますが、当時から今も変わらず気に入って愛用してます。
各色600円(税抜き)
お次はSAPHIR!!
IMG_0784.JPG
これもフランスを代表するブランドで、欧州圏の高級ブランドはほとんどSAPHIRを使っているというイメージです。
実際、それにふさわしいクオリティーと色の美しさで靴好きから熱い支持を集めております。
ビーズワックスを使っているので甘い香りがします、輝きももちろんしっかり出るのでベルルッティやサントーニなどの染めた靴には一番お勧めです。
使い方のコツとしては、新品の状態だと柔らかすぎてなかなか鏡面になりにくいので、蓋を開けて一週間くらい放置してから使うと中の溶剤が揮発してとっても使いやすくなります。
色も10色も揃っているので、お持ちのカラフルな靴に合うのが見つかるはずです。
各色800円(税抜き)
そして、こちらはマニアックな方は知っている!?コロニルのワックスです!
IMG_0783.JPG
ドイツが誇るレザーケアブランドといえばコロニルです。
雑誌でもコロニルのディアマント(今は1909という名前)はかなり優秀なクリームだと知っている方も多いかと思います。
独特のプルプル感と、塗った後の光沢&サラサラ感は他では体験出来ません。
そのコロニルが出しているワックスなだけあって、高品質です。
ただ鏡面磨き上級者でないと最初は難しいかもしれません。
少し粘りがあるので、鏡面にするのに「布の質」と「テクニック」が伴わないと光らず思ってしまいます。
ワックス自体は蝋分が多くて光は強く出ます。色は4色あるのでそこそこです。
ぜひ鏡面磨きマスターした方にはお勧め!上級者カモン!!
各色1500円(税抜き)
そして最後は、、、、こちらもドイツ代表!タピール!!
IMG_0782.JPG
靴磨きに詳しい方であればタピールを知っていると思いますが、なかなか売っているところが少ないので知らない方も多いですよね・
100%オーガニックで全て手作り。
その香りは女性もうっとりしちゃう柑橘系の良い香りで、靴を磨いていて幸せになれます。
もちろんお肌に悪い物を使っていないので素手で触っても良いですし、色も鉱物顔料をつかっていて、何とも素朴な色合いです。
(黒がグレーがかってます。)
使い心地はというと。。。。
じっとり、べっとりで鏡面磨きには向いていません。
いつまで経っても「ぴかっ!」とする状態にはならず、じっとりした感じを保っています。
なので、オイルドレザーや輝かせたくない味わい系靴には向いていると思います。
※ビルケンシュトックなどには特に相性は良いです、ドイツ同士ですしね!
色は3色なのですが、当店には無色しか販売しておりません。
ぜひナチュラルなのがお好きな方はチェックしてみて下さい。
無色1500円(税抜き)
世の中には色々な靴磨き道具がありますが、当店ではお勧めの物しか販売していません。
東急ハンズも良いですが、ぜひ専門家でもある私達靴磨き職人にご相談して頂き、希望にあった靴磨き道具を一緒に選びましょう!
目指せ靴磨きマスター!!!!
長谷川

written by

PAGE TOP