BLOG

2017.04.22  Category| すべての記事

WAXとシワについて

お久しぶりです。北見です。

まずはお知らせから。

ゴールデンウィーク中もBrift Hは通常通り営業しております。

5/2 火曜日は平日なので通常通りの定休日。それ以外は12時~20時で営業しております。

皆様のお越しをお待ちしております。

 

閑話休題。

WAXについてとタイトルに書きましたが、うちで磨かせて頂いた方は「芯が柔らかいのでしっとり目に仕上げます」ですとか「WAXはつま先と踵にしっかりのせて鏡面にし、甲やサイドのシワの入るところは軽くのせます」といった台詞を聞いたことがあると思います。

実際、WAXは伸び縮みをしないので曲がるところに厚塗りすると割れてしまうのですが、それはホントのところどうなのよ?という疑問にお答えすべく、実験をしてみました。という事で久々の実験シリーズです。

 

靴をぐりぐりこね回してヒビを入れるのも心苦しいので、サンプルの革をポリッシュして、その後、曲げてどうなるのか確認。

まずは乳化性のクリームを入れた状態です。ここから磨きをかけていきます。

IMG_0117

 

さぁ、ポリッシュ完了。左から通常のポリッシュ、真ん中がしっとり目のポリッシュ、右は乳化性を入れたままの状態です。ポリッシュした所はコーティングしたみたいなツヤになりました。

IMG_0120

それを曲げてからぐりぐり動かします。

IMG_0131

 

広げてみたところ。

しっかりとポリッシュした所が逆にツヤがなくなって見えます。

IMG_0132

分かりづらいので拡大してみました。

乳化性のみのところはほとんど変わりありません。

IMG_0133

しっとり目ところも綺麗ですね。

IMG_0134

さて問題のしっかりとポリッシュした所。

細かなヒビとまるで革自体が割れているかのようなヒビが…

(実際に革が割れている訳ではありません)

IMG_0135

やはり革が曲がるところをWAXで磨き込むのはあまり美しくなりませんね。

逆にしっとり目位の仕上げですと革が曲がってもツヤ感がほとんど変わらず、綺麗さを保っています。

やはり芯のあるところは鏡面で仕上げ、芯の無い所はしっとり目で仕上げることが後々の美しさにつながりますね。

 

という事は「芯のあるところをピカピカにすればOK」って訳ですが、それだけでは100%正解とは言えないのが靴磨きの面白い所。

次は実際の靴をサンプルに、ここに気を付けるとより素敵な仕上がりになるよという説明です。

ストレートチップやパンチドキャップトゥはつま先と甲の革が違うので、ポリッシュする範囲も自ずとわかり易いですよね。

ですが、プレーントゥの磨く範囲は?つま先から甲まで一枚の革が続いているので明確なラインがない。

曲がるところにWAXをのせると先程の実験のようにきれいさを保てないので、先芯の入っている所迄 ≒ シワのあるところまで、です。

プレーントゥの場合だけでなく、ストレートチップ等の場合もキャップトゥに皺が入ることがあるので、WAXを載せる場所はシワのあるところまでと思って頂くのが良いですね。

さて、ここでサンプルの靴の写真。ぱっと見、左右ともに綺麗に磨きあがってます。

IMG_0121

ですが実は磨く範囲というか磨き方というか、左右で変化を付けてます。

右足(向かって左側)はシワの直前まで全てしっかりとWAXをのせて磨きました。

左足(向かって右側)は甲のツヤへ輝きが繋がる様に輝きにグラデーションをつけています。

正面から見てみると…

IMG_0122

写真だと分かりにくいですかね。。。?

最初のシワの前後を見て頂くと左側の方がコントラストが激しいことがわかるかと思います。

右側の方がつま先から甲へのツヤ感を繋がる様にする為、あえて先芯の甲側のWAXを控えめにしてあります。

輝かせることも楽しいですが、より綺麗に仕上げるにはどうしたら良いか?靴がより魅力的に見えるにはどうしたら良いか?を考えて磨くと、仕上がった時により楽しくなりますね。

 

written by

PAGE TOP