BLOG

2014.08.19  Category| すべての記事

キズ補修Returns

毎日、暑い日が続きますが、皆さん夏を満喫していますか?
自分は先日、世田谷の公園でBBQをしてきました。環七からすぐの公園ですが、まるで森の中。蚊に刺されながらも、煙に燻されながらも、美味しい肉と野菜を沢山食べてきました。
bbq.JPG
という訳で、キズ補修担当の北見が送る、久し振りのキズ補修のご案内です。
キズ補修といえば、今まではつま先の補修ばかりご紹介してきました。
もちろんつま先は当たりやすい場所なので、つま先の補修が多いのは勿論なのですが、
実はつま先以外の補修も可能なんです。
例えば、カカトや靴のサイド・・・。
ということで、まずはカカトの補修のご紹介です。
カカトって時々こんなキズがつくことありますよね。
か1.JPG
実はカカトもキズ補修がしやすい場所なんですよ。
というのは、カカトにも固い芯が入っているからなんです。
先程の傷ついたカカトを補修すると、キズが完全にわからなくなりました。
か4.JPG
カカトのキズも黒い靴であれば、ここまでキズをわからなくすることが出来るんです。
次はサイドのキズ補修です。
正直申し上げますと、サイドは難しい場所なのでできない場合もありますし、
おすすめしない場合もあります。
ですが、今回は範囲は広いですが、あまり深くなく擦ったような跡だったので
キズ補修が可能でした。
キズ補修前の状態はこちらです。
ちょっとこすれて丸いキズがあるのがわかりますね。
ろ2.JPG
このキズについては、珍しく表面を顔料で塗装する方法で補修しました。
キズ補修は革の上からの塗装ではなく、革自体を染めて補修することが多いんです。
顔料のメリットは、元の靴の色を維持できることです。
染める場合ですと、キズがある場所がどうしても色が濃くなってしまうので、
塗装の場合は、例えば元の靴の色が薄い色も、薄いまま仕上げられます。
ただしデメリットもあって、深い傷の場合ですと厚塗りをせざるを得なくなり、
そういった場合は革の質感がなくなってしまうので、おすすめいたしません。
補修後の状態はこちらです。
ロ3仕上がり.JPG
色の調合は非常に難しいのですが、できる限り近づけられるよう頑張ってみました。
全く同じ色とは言えませんが、かなり目立たなくすることができたと思います。
余談ですが、自分のこんな大きな手でキズ補修できるのは
プラモ少年だった自分が役立っています。
いつどんな所で何が役立つかわかりませんね。
ありがたやありがたや。
こんな風に、キズ補修はつま先以外にも色々とできる場合があります。
ですが、場所や深さ、大きさによってできない場合もございますので、
全てのキズを直せる訳ではないですが、何か気になる靴があればぜひご相談下さい!
※キズ補修は、まず補修可能か否か、可能な場合は補修料金についての
お見積もりを1週間頂きます
ご了承頂いた場合の施術期間は、磨きも含めて2週間頂きます。
※キズ補修とは別途で、靴全体の磨き(¥2,376)も行わせて頂きます。
【twitterとFaceBookもやってます。】
↓ ぜひクリックしてみて下さい。

→ピカピカに磨いた靴を毎日載せてます。twitter
→週1~2回更新です。FaceBook

written by

PAGE TOP