BLOG

2013.06.25  Category| すべての記事

超絶技巧

~お知らせ~
Brift Hでは、シューツリー、布袋、箱などの、靴以外の備品はお預かりしておりません。
御来店時にお持ち頂いた際は、お持ち帰り頂いております。
ご理解とご協力をお願い申し上げます。

毎日全身アズーロカラーの山地です。
なぜか上半身筋肉痛です。
現代っ子全開の私には大変つらい状況です。
先日、突然のゲリラ豪雨がありましたが、お持ちの靴は御無事でしょうか?
湿度が高いとクローゼットに収めた靴にカビが発生しやすいので、空気の入れ替えはこまめに行いましょう!
さて、本日は超絶技巧のご紹介です!
まずこちらの写真をご覧ください。
山地皇太子.JPG
チャールズ皇太子が履かれていらっしゃる靴です。
アッパー全体にクラックが入りまくり、小指は裂けて貫通した状態の靴ですが、上から似寄の革を貼って補修しています。(通称、チャールズスタイルパッチ)←Brift H命名
この何とも言えない艶と雰囲気!
何十回も磨いて、愛情を注いで来たことが一目で覗えます!
そしてこのパッチを貼ったスタイル、これはかっこいいと職人内で話題になり、当店でも取り入れました。
Brift Hもクラック補修を承っておりますが、革の厚みやクラックの本数、深さなどを拝見しまして、あまりにも状態が悪化しすぎていると、補修が承れない事もあります。
それでも何とか補修して履きたい!と、ご要望頂いたお客様にご提案させて頂いております。
補修方法は進行しながら決めていくので、仕上がりのデザインは任せて頂きたいという、接客業とは思えないこちらのわがままな提案にもご承諾頂きまして、実現しました。
それでは過去に補修した靴2足をご紹介致します!
まずは…
山地チャールズ1.JPG
…って撮り方が雑!
皆様お許しくださいませ。
ご覧の様に、完全に貫通して大きな穴ができてしまっています。
この履きまくった雰囲気もかっこいいのですが、さすがに指が見える状態では履けないですよね。
この穴と大量のクラックを、革で覆い隠して、尚且つリメイクしたようにかっこよくすると…
山地チャールズ2.jpeg
いかがですか!この仕上がりのレベルの高さ!
革の質感、色味も似たものを使用していますので、あまり違和感もありません。
正に超絶技巧!
次に…
こちらの靴です!
山地チャールズ5.JPG
山地チャールズ4.jpeg
山地チャールズ3.jpeg
10年選手ということで、経年変化でバンプ全体にクラックが入りまくっています。
さてこちらはどのように変貌するでしょうか…
山地チャールズ8.jpeg
山地チャールズ6.JPG
山地チャールズ7.jpeg
更にハイレベルの仕上がりです!
キャップトゥ、サイドウォールのコバまで攻め込んで、クォーター部分の切り替えし部分も、針穴を追って補修しています!
使用した革も、かなりそっくりな質感と色味(というかほぼ一緒)ですので、違和感ゼロですね!
他に類を見ない世界に通用する技術!
チャールズスタイルパッチ!
最後に、何点かご注意頂きたい事項をお伝えします。
・新しい革を、上から覆い被せるので、厚みと硬さが発生します。
革が馴染むまでは、踏み込んだ際に多少の窮屈感が生じる恐れがあります。
・納期はおおよそ大体2ヶ月~です。
・革の質感、色味は個体差があるので、必ずしも似寄のものが使用されるわけではありません。
靴、革の状態は様々なので、必ずしも上の2足のような仕上がりができるわけではないですが、是非一度お持ちくださいませ!
もしかすると、蘇ってくれるかもしれません。
Brift Hにお任せ下さい!
Brift H 山地

written by

PAGE TOP