BLOG

2012.11.06  Category| すべての記事

第一回 「男を磨く」ニ週目

本日は、前回から続く「男を磨く」対談です。
THE BARBER 「現代の名工」 ヒロ・マツダ氏との対談2週目ですので、お楽しみください。

DSC_1164 (2).JPG
☆紳士の美容、理容について
長谷川:MATSUDAさんがお客様に自宅でもした方が良いこととか、アドバイスしたりすることってありますか?
ヒロ:アドバイスは相当しますね。顔のお手入れとか。
長谷川:そうなんですか、最近は男性向けのコスメも多くなってきてますよね。
ヒロ:男性は、歳を重ねていくとお洒落をしなくなってしまう人が多いですよね。
結婚されたりして、異性を気にしなくなってしまうと、どんどん仕事に走ってしまって。
本当に、お洒落をしようとする人って少ししかいないんですよね。
  難しいですけど、お洒落する人を増やしていきたいと、思っています。
長谷川:異性を意識した方がいいんですね!
DSC_1166.JPG
ヒロ:周りを意識する事は、お洒落には大切なことだと思います。そのなかでも異性を意識する事は、大きいと思いますね。
  ビジネスに走って、お洒落を気にしなくなっていく人もいますけど、会社の上司がカッコよかったら下にいる人は連いて行きたくなりますよね。
  むしろ、カッコよくないといけない。そこははずしちゃいけないと思います。
長谷川:すごく分かります。あと姿勢とかも大事ですよね。
ヒロ:その服と靴は合いませんね。ネクタイは合わないですよね。とか言っちゃいますよ。もちろん柔らかく言いますけどね。お客様に格好良くなって貰う為に、色々考えます。
  帰りにどこそこ寄られた方が良いですよ、とか言いますよ。
DSC_1165.JPG
長谷川:結構ズバズバ言うんですね(笑)
靴の話が出ましたが、今度靴磨きをコラボレーションが出来ると面白いそうですね。
髪を切っている間に、靴を磨いてとかトータルで提案できると良いですね。
ヒロ:服も注文出来てとか、できたら面白いですよね。
  最初は、このお店もそういうふうにやりたいと考えたりもしてました。
長谷川:それは良いですね、今度ぜひコラボさせて下さい(笑)
DSC_1183.JPG
長谷川:ヘアスタイルでのアドバイスされる事ってありますか?
ヒロ:当店ではヘアスタイルを毎回同じようにしてあげるのではなく、お洒落になるように何か工夫して切ってくれと、スタッフにも言ってます。
  お客様に気が付かれず、少しづつカットを変えるんです。そして気付いたらいつの間にかお洒落なスタイルになってる。
  お客様が「カッコイイね」って周りの人に言われるようにする事が、プロだと思いますね。 
長谷川:少しづつ何気に髪型を変えていくとは興味深いですね。お肌とかはどうですか?
ヒロ:今のお客様は肌も綺麗じゃないといけないと思う方が多いので、パックとかマッサージとか多く希望されますよ。
そして、一回覚えてしまうと皆様疲れた時とかいらっしゃいますよ。
  これからは男性も女性のようにしっかりお肌のケアをして、冬の乾燥時期にも備えて貰いたいですね。
DSC_1169 (2).JPG
長谷川:女性のようにと言えば、香りも男性にとっては大事ですよね。
ヒロ:男性は加齢臭もでますからね。
長谷川:失礼かもしれないですけど、MATSUDAさん全然匂いがしないですよね。
ヒロ:気は使ってます。(笑)
  まぁ、特には何もしてないんですけど・・・
長谷川:そうなんですか!?
ヒロ:シャンプーするときは、耳のまわりとかは毎日きちんと洗わないといけないですよね。一番加齢臭が出る所ですからね。
  あとは・・・お風呂に酢を入れると加齢臭が匂いが消えますよ。
長谷川:それ本当ですか!? 酸っぱくなったりしないですか?
ヒロ:大丈夫です。加齢臭だけが消えますよ。
長谷川:そうなんですか?早速今夜試してみます。
いや~何もしてないって、ちゃんとやってるじゃないですか!(笑)
ヒロ:(笑) でも自分でやってる商売は、エチケットは大事だから匂いがしちゃいけないよね。
DSC_1166 (2).JPG
※アンティークのカミソリ集、カッコイイ。
長谷川:ところでTHE BARBERでオリジナルでカミソリを作られてるんですね。最近は電動カミソリなど性能が良い物も沢山あると思いますが、日々の生活の中でそういうのを取り入れたほうが良いと思って作られたんですか?
ヒロ:それはね、床屋さんで顔を剃ると、痛いっていうのをお客様みんなから言われたんで、プロが使っているカミソリは痛いっていうのは、自分達として恥ずかしい事だと思いました。それで刃の鋸歯状って先の部分のなんですけど、そこを顕微鏡で覗いてどういうのが良いのか?って考えたんですよ。
長谷川:顕微鏡で覗いたんですか!?
ヒロ:はい、それで改良していって痛くないカミソリが出来たんです。
長谷川:そうなんですね、電動カミソリでチャチャッとではなく、毎朝しっかり刃で髭を剃ってローション塗って、カッコよく仕事に行けたらカッコイイですね。僕達は靴磨きを日々の家事の1つではなく、好きなお酒を飲んで、好きな音楽をかけながら、ゆっくり靴を磨いて靴磨きを楽しんで頂けたらなと嗜みとして提案をしているんですけど、髭剃りとかお肌の手入れとかも、楽しんで頂けたら良いですよね。
ヒロ:うん。良いですよね。
長谷川:ブラシのキメ細かい泡とか気持ち良いじゃないですか?
朝の忙しい時間ですけど、ゆとりをもってできたら良いですよね。
ヒロ:ほんとにお洒落な人だとそうしてる方もいらっしゃいますよね。
ただまだまだゆとりというか、自分のお洒落を無視してしまう人のほうが多いから・・・
  男の人は段々、お洒落に疎くなっていってしまうから、昔のロンドンなんかはものすごく紳士の方もいらっしゃったじゃないですか?
近い将来、もっとその頃の感じに戻っていくと良いですよね。
DSC_1172.JPG
長谷川:では最後に、今の日本の若者に伝えたいメッセージとかありますか・・・?
ヒロ:まず、ヘアスタイルをきちっとしたものに変えた方が良いよね!
長谷川:そこからですね!
ヒロ:今はルーズなファッションが流行ってますけど、中にはきちんとされている方も居ますよね。明治過ぎの写真とかを見ていると、みんなステッキを持って歩いていてカッコイイですよね。その時代の紳士のところに戻ると嬉しいですよね。
長谷川:いいですよね。夏とかはリネンのスーツとか着て、カンカン帽とか被って・・・
ヒロ:今はきちんとしている人とそうでない人の差が物凄くありますよね。
長谷川:確かに。二極化してますよね。
ヒロ:そうそう。きちんとされている方は、どんどんきちんとしていくし、ルーズな方はどんどんルーズになっていって、差が広がる一方ですよね。
ディオールオムのモデルさんは、数年前からヘアスタイルもビシッとしたスタイルで打ち出してますよね。
最近、ヘアスタイル雑誌のボウズエクストリームの取材があったんですよ。
で、昭和初期のヘアスタイルを提案していて、今の人には新しいスタイルの様に見えるみたいですね。
  なので、ルーズな流れから変わっていくとは思います。
長谷川:じゃあまずは、今の若い人には髪型をちゃんとして欲しいという事ですね。
  男性と女性の髪型の差が無くなってきてますよね。
  やっぱり男性は男らしくビシッとしてた方が、良いと思います。
ヒロ:そうですね。やり手のビジネスマンはボウズっぽいスタイルの人が多いと思います。
第一線を走っている方々はショートカットでビシッとしている方がほとんどです。
長谷川:もっと紳士的なスタイルに変わっていくと良いですね。
ヒロ:そうですね。僕らがプロとしてきちんとやっていかなくては、いけないですよ。
長谷川:はい。もっと自分自身を磨いていこうと思います。
DSC_1188.JPG
二週に渡りお送りしましたHIRO・MATSUDAさんとの対談はいかがでしたでしょうか?
今回のブログの中では書ききれなかったお話しが沢山ありましたが、とにかく素晴らしい方で、時折ふとMATSUDAさんを見ると神様に見えたぐらいです(笑)
スーツを綺麗に着こなし、立ち振る舞いや姿勢、全てが68歳とは思えぬ洗練された方でした。
Brift Hにいらっしゃっる紳士の皆様、ぜひTHE BARBER行かれてみて下さい。
特に地下の個室は圧巻です。真空管やら大型スクリーンに映し出される往年の名作などを体感しながら髪を切って貰える素晴らしい空間です。
そして、そろそろ当店にはあの商品達が入荷目前です・・・

written by

PAGE TOP