BLOG

2012.02.28  Category| すべての記事

江戸屋訪問

皆さん、こんにちは。
今日は職人全員で日本橋の「江戸屋」さんへ行ってきました。
Brift Hで磨かれた方、ブラシを購入して頂いた方は既にご存知の方も多いと思います。
享保三年(1718年)創業の刷毛・ブラシのお店でございます。
DSC_0707.JPG
現在の建物は大正時代からのものだそうで、東京大空襲の戦火を逃れて現存しています。
江戸屋さんの目の前の通りは江戸~昭和初期のメインストリートで当時は問屋等で賑わったいたようで、大空襲の時も周りは一面焼け野原だったようですが、この周りだけは焼けずに残ったそうです。
image.edoya-front01.jpg
服用ブラシ・ヘアーブラシだけではなく、店内には天井から色々なブラシが吊るされていたりもします。
DSC_0714.JPG
以前に使われていたブラシもあり、こちらは木製の箱に判をする為のものだそうです。
DSC_0718.JPG
東京の文字も「京東」と右からの読みになっています。
DSC_0721.JPG
こちらは刷毛。大きいですが、とても柔らかで繊細です。
DSC_0720.JPG
ところで刷毛とブラシの違いですが、皆さんご存知ですか?
「塗りを行うのが刷毛、馴染ませる・埃を落とすのがブラシ」
「木地に植えていくのがブラシ、木地で挟んで整えるのが刷毛」
だそうです。
お店の方々にも色々と説明をして頂き、とても為になる訪問でした。
職人の町のお店なので、土日がお休みで営業時間も9:00~17:00と会社員だと中々いけませんよね。
ですが、明日29日~3月5日までの間、日本橋三越の「大江戸展」に江戸屋さんも参加されるので、興味がある方は是非行ってみて下さい(尚。靴用ブラシの販売は無いとの事です)。
江戸屋
日本橋三越の「大江戸展」
Brift H 北見

written by

PAGE TOP