BLOG

2014.02.18  Category| すべての記事

大雪後の・・・

こんにちは!
関東地方の皆さん先週、先々週と続き大雪にはやられましたね。
先週の雪と大雨で靴がとんでもないことになってしまった方も多かったのではないでしょうか?
僕も靴は万全で行こうと思いマウンテンブーツで出かけたのですが、雪と雨のダブルパンチには敵わずびしょ濡れになってしまいました。
この日ほど女性のレインブーツが羨ましいと思ったことはありません・・・
さて今回は雪や雨でトラブルにあってしまった靴の施術になります。
こちらの靴は雨で濡れてしまった靴です・・・
wet1.jpg
一見綺麗に光っているように見えますが、近くから見てみると・・・
wet2.jpg
wet3.jpg
アッパーのサイド部分は雨で浸みてしまった後がボコボコっとなり、その部分が白くなっているのが分かります。
このように革の表面が白くなってしまった原因の一つとして考えられるのは、塩分です。
今回の雪の後ように、革の表面が白くなってしまった方が多いのではないのでしょうか?
それは恐らく雪が凍らないように撒かれている凍結防止剤だと思います。
あとは日頃履いている際にかく汗です。
今回の靴の状況としては、塩分が革の中に溜まり濡れたことにより表に出てきてしまった事が考えられます。
もう一つボコボコしてしまった部分の原因の一つとしては、不均等に乾いてしまった革の伸縮で起こったことが考えられます。
革は濡れると膨らみ、乾くと縮みますが不均等に乾いてしまうとこのようにボコボコと跡が残ってしまうのです。
これらの状態は全て水洗いをして改善されることが多いです。
さー仕上がりはこちら!!
wet4.jpg
wet5.jpg
wet6.jpg
サイド部分のボコボコも消え、表面の塩分も取れた事でとてもすっきりしましたね。
多少の型崩れなども水洗いをすることで、真っ直ぐ戻せることもあるので是非定期的な水洗いをお勧め致します!!
一度濡れてしまった革は、革の栄養分も乾燥と一緒に抜けてしまうので硬くなってしまいます。
このような状態になってしまうと革も硬くなり、硬くなってしまった事で割れの原因にもなりかねません!!
この様になってしまった場合は、是非水洗いをして革の中に溜まってしまった塩分や汚れ等を除去しスッキリとさせると、またしなやかな革に戻ると思います。

それではまた今週の木曜日は関東地方に雪の予報がありますので、お気を付けてお出かけ下さい!!
それでは有薗でした!

written by

PAGE TOP