BLOG

2010.11.03  Category| すべての記事

Northampton

皆様お久しぶりです。幾つもの二つ名を持つ男、北見です。
ロンドンのHackettでの靴磨きでは”靴磨き界のカールおじさん”という名前で出ておりました。
そんなHackett London Sloan street本店で行われた靴磨きが、このたび日本に上陸です。
既にご存知の方も多いと思いますが11/6・11/7の二日間、東京丸の内にあるHackett London丸の内店にて、Brift Hが靴磨きを行います!!
当日は11時~19時の間、先着30名様のお一人様一足に限り、サービスで磨かせて頂きます。
英国の薫り漂う店内で、是非靴を磨いていかれませんか?
dm_E_1012.jpg
本日のブログは英国繋がりの番外編、ノーザンプトンに行ってきたの巻です。
紳士靴好きの皆さんは既にご存知のノーザンプトンですが、以外にもガイドブックにはほとんど載っていないんですよね。
そんなノーザンプトンの場所はロンドンの北、電車で一時間から一時間半位の所にあります。
英国国鉄のユーストンという駅が旅の出発点です。
駅を出発して15分も走れば辺りの景色はロンドンとはまるで代わり、のどかな田舎を通り過ぎて行きます。今回は運良く急行に乗れたので、一時間程でノーザンプトンに到着しました。
駅からはタクシーに乗り、まずは Jhon Lobb へ。
多分、Jhon Lobbと言う名前だけでもタクシーの運転手には伝わると思いますが、一応用心の為にアドレスをメモった紙を渡します。
イギリスのタクシー運転手は住所を言えば確実に連れて行ってくれるので、どこかへ行く場合ばアドレスをしっかり調べておくと良いですよ。
タクシーで10分弱、Lobbへ到着。
DSC_0100b.jpg
通り沿いに靴がディスプレーされているわけでもなく、靴のファクトリーである気配はほとんどなし(笑)。
素っ気なくJLと書かれたプレートがあるだけです。タクシーで来なきゃ、確実にスルーしてそうだ…
DSC_0099b.jpg
扉を開けて二階へ上がると憧れのファクトリーショップが!!
サイズ毎に箱が並んでいるので、その中からいろいろと靴を探し出し、試し履きします。
値段はどれも500ポンドくらい。目移りしますね(笑)。自分は後先考えずに3足も買ってしまった…。
事務のおばさんも手慣れたモノで、支払時にはVAT(付加価値税)払い戻しの書類も、何も言わずに作ってくれました。
このVAT、今は17.5%くらいで手続きをすれば10%ほど還付されるので、買い物をするときはきちんと書類を貰うように言った方が良いですよ。
次にTricker’に行くコトを話したら、歩くと20分弱とのことなのでタクシーを呼んで貰いました。
Tricker’sはショップの入り口と工場の入り口が別です。どちらかと言うとショップの入り口の方が裏口みたい。
タクシーは工場の入り口に付けてくれました。
DSC_0102b.jpg
工場の方から入ると工場の中を少し通ってショップへ連れて行ってもらえます。
工場の中はラジオがガンガンかかってて、腕に入れ墨をした兄ちゃんが仕事してました。
ショップの方は落ち着いた雰囲気です。ガラス越しに工場も見られます。
ここはLobbとは異なり、サイズ毎に靴がディスプレーしてあって、欲しい靴を店のお爺さんに取ってきてもらう感じ。フツーの靴屋と同じですな。
DSC_0103b.jpg
ここの店員のお爺さんがすごくおもしろい人で、こちらは片言英語ではありますが、とても楽しませてもらいました。日本で靴磨きの店をやっていると言ったら「あり得ない」って言われましたが(笑)。
トリッカーズではVAT払い戻しの書類は言わないと作ってくれません。みなさん忘れないように。
ロンドンンを出たのもお昼過ぎでしたし、LobbでもTricker’sでも結構時間をかけて靴を見ていたので、時間的にほかのショップを見に行くことができませんでした。
今回は二か所でしたが、次に行く時はもっといろいろ見て回りたいですね。
みなさんもノーザンプトンに行く時は、時間に余裕をもっていった方がいいですよ。靴好きにはあっという間に時間が過ぎる街です(笑)。
ちなみにトリッカーズから駅には徒歩で帰ったんですが、地図を持たずに行ったせいでばっちり道に迷いました(笑)。

written by

PAGE TOP