BLOG

2016.05.05  Category| ケア用品、販売品など , すべての記事

JOHN LOBB 発売中

こんにちは!
連休中は、いかかがお過ごしでしょうか?
Brift Hから近くの根津美術館で、庭園に燕子花が咲くのに合わせ、
尾形光琳の燕子花図屏風が毎年公開されます。

FullSizeRender
ここ数年見に行っているのですが、今年はまだなので、早くいきたいと思います。

 

只今Brift H では、靴好きなら1足は持っていたいジョンロブを3足限定で販売しております。
モデルは、定番のローファー Lopez  ロペス です。

IMG_1434

サドル部分の丸くカットされたデザインが特徴です。

IMG_1438

旧ロゴで、今とは違うクロケット&ジョーンズ製です。革質も抜群です。

IMG_1440

ロブの純正ラバーソールのオクトーバーソールにて、オールソール交換済みで、
アッパーも大変綺麗な状態です。

IMG_1437

色は、3色で

ブラック

IMG_1436

ミディアムブラウン

IMG_1442

シボ革のライトブラウン

IMG_1441

全て、サイズは7 1/2 E
ロブ純正のシューツリー付きで、3足限定で
¥89,000(税込み) です。

ジョンロブで、この価格は大変お得だと思います。

 

ところで、ジョンロブは、何故別格なのでしょうか?
革質が良いのはもちろんですが、
作りもビスポークの手法を取り入れ手間をかけていることも理由だと思います。

 

先日、新品のロブを解体させて頂く機会がありましたので、
少しだけですがご紹介させて頂きます。

靴は、こちらです。

IMG_0939

アウトソールを外すとコルクは、贅沢にたっぷり使われています。

FullSizeRender

インソール(中底)、スティフナー(踵の芯;月芯と呼ばれる)は、銀付きの革を使い、
木型の形を再現するのために水に濡らし一晩乾かすというビスポークの手法を取り入れています。

FullSizeRender (35)
既成靴では生産効率が優先なため、その様な手法を取り入れることはあまりないです。
また銀付き革なので徐々に、履く人の足の形を覚え馴染んでいきます。

カウンターライニング、アッパーの革も一枚革で大変贅沢な使い方をしています。
こんな贅沢な革の使い方は、他では見られません。

FullSizeRender (36)

少しではありますが、ジョンロブが高価な理由がお分かりになりましたか?

 

ロペスの実物をご覧になりたい方、ご試着をされたい方是非ご来店お待ちしております。

清水

written by

PAGE TOP