BLOG

2014.05.09  Category| すべての記事

ちょっと変わった靴磨き。

皆様、こんにちは。GWはいかがお過ごしでしたでしょうか?
連休中の間にも、ひっそりとコツコツと磨いてました。
暖かい陽気になってきた今日この頃・・・ お預かりの増えてきた靴を、今回はご紹介致します!!
意外と知られていない磨きのサービスが、レザースニーカーです。
もちろん、ドレスシューズのように磨きとは方向性が違うのですが、綺麗に仕上がりますので
お気に入りのスニーカーは、ぜひ一度お持ち頂くのをお勧めします!
どこを磨くの?? 磨きようがないじゃん!?とお考えのそこのアナタ!!
意外と、奥が深いんです。

ホワイト1.JPG

今回施術した靴は、クリスチャン・ディオール(Christian Dior)!!

ドイツ軍が採用していたスニーカー、「ジャーマントレーナー」と呼ばれるデザインで、
一時期ブームにもなっていました!
グッチ、マルジェラなどなどメゾン系ブランドがこぞってデザインを取り入れた、代物ですね。
さて、薀蓄はこのくらいにしておいて・・・ 靴の状態を見ていきましょう。
かなり綺麗に履かれてしゃるのですが、時間の経過と共に、全体的な汚れが目立ってきていますね・・・。
スエードとレザーのコンビ。 しかもホワイト。なかなか手強そうです・・・。

ホワイト6.JPG

まずは、つま先のスエード部分から綺麗にしていきましょう!
これです! 紙やすりを使って、すこーしだけ表面の毛を削り、汚れを落としていきます。
※汚れによっては、スエードシャンプーのような洗剤を使わないと落ちない場合もあるので、 その場合は一度水洗いなどが、必要になってきます!

ザザザザ・・・・
ザザザザ・・・・
サラサラ・・・・  
おっ!!??
ホワイト2.JPG

左 アフター  右 ビフォー
気が付けば左右で結構違いがでました。
ヤスリを使っただけですが、ここまで綺麗になります!

ホワイト5.JPG
お次は、ホワイトレザーの部分です。ここは、クリームを使います!
汚れ落としをかけた後に、ホワイトの顔料が含まれたクリームで補色をしていきます。
※ホワイトの革は、基本的に顔料を使い塗装をしているものが多いです。
実際には汚れではなくホワイトの塗装が剥がれてしまっている為、汚れていることも多々あります。
その場合はクリームではなく、塗装をかけ直す必要があります!

塗り塗り・・・・
塗り塗り・・・・
塗り塗り・・・・
7.JPG

バン!! 最初に比べるを随分と白さが戻り、綺麗になりました!! 
The Brift ホワイトスニーカー ¥3780

(通常の磨きのコース ¥2700 +¥525(ホワイト料金) +525(スニーカー料金))
通常の磨きとは、磨き手順が異なりお時間も頂くため、プラスのオプションメニューと合わせてお預かりさせて頂いております。
3.JPG
そして、スニーカーたちに混ざってこんな靴も多くお預かりしております。
しばらくは履かなくなるので、今の内に修理とお手入れをして
また、来シーズンに気持ちよく履きたいですね。

鏡面だけが、Brift H ではないぞ!! 新井田でした。

written by

PAGE TOP