BEFORE AFTER

  • こちらは【キズ補修】の靴ですが、幸いにも元々アンティーク仕上げになっているのでかなり綺麗に直りました。
    傷がついてしまった場合、革の表面をやすりで削って傷を消します。その後表面を自然な風合いになるように染料で染色して表面を綺麗に仕上げていきます。
    この際に多少色ムラが出てしまうので黒以外の靴のキズ補修はアンティーク仕上げにて完成させます。均一に色を戻す事が出来ないからです。
    革の風合いもそのままに自然に仕上がりました。

  • こちらのキズはかなり深く、しかも靴全体の革の色が均一なので自然な仕上がりで直すにはかなりレベルの高い技術が必要な補修です。
    特に補修箇所が目立たぬように色を合わせて塗装を掛ける【塗装仕上げ】が大変難しいです。
    基本的には革の元々の風合いを残す為に顔料は塗らないのですが、こちらの靴のような色が均一な革には有効です。
    色の調合のセンスが問われるBrift Hならではの高等技術です。

Category
PAGE TOP