BLOG

2016.09.08  Category| すべての記事

靴作り

こんにちは!
まだまだ日中は暑い日が続いておりますが、
朝晩は少し秋を感じさせる風が吹くようになりました。
今年の秋は、靴磨きの秋などいかかでしょうか?

今回の内容は、全くの私事で申し訳ありませんが、
自作の靴作りについてです。
1年ほど前から靴作り教室に通い、靴が完成したので、
その工程(底付けから)を簡単ではありますが、書いていきます。

まず、濡らしたインソール(中底の)を木型に打ち付け、形を覚えさせ、
すくい縫い(ウェルト、インソール、アッパーを縫う)をするための加工をします。
img_0879
縫う位置の目印をつけ、すくい針であらかじめ穴を開けます。
fullsizerender-38
先芯、月芯を作ったのち、
アッパーを木型に釣り込みます。
img_0897
踵からはじめ、次にウエスト
fullsizerender-39
ライニング、先芯も別々に釣り込みます。
先芯を釣込んだら、削って形を整えます。

img_0930

最後に前方のアッパーを釣込み、
終わったら、キズなどが付かないようにカバーをかけます。

img_0994-1

次に、ウェルトを縫い付けるすくい縫いをしていきます。
まず糸作りからはじめます。ワックスを付けた糸をテグスに巻き付けます。
(ただ巻いてあるだけなので、凸凹があると簡単に糸がほどけ作り直しになります。
また、ワックスが足りないと糸が切れて、また作り直します。ここの工程が自分にはとても難しかったです。)

img_0997

ウェルトを取り付け後です。靴らしくなってきました。

fullsizerender-41
ヒールの積み上げの前に、なるべく平らにするためハチマキを取り付けます。
fullsizerender-40

中底の段差を埋めるため中物を作ります。
前方はコルク、ウエスト部分には補強材のシャンク(革製)を付けます。
少し大きめに切った本底を、接着します。

fullsizerender-42

出し縫い(本底とウェルトを縫う)前に、
縫い目が見えないように、本底にどぶおこし、溝堀をします。縫い終わったら革をかぶせます。
これで、糸の擦り切れ防止、多少の水の染みこみを防ぎます。

img_1422

出し縫いは、自分にはすくい縫いよりやりやすかったですが、
縫い目が見えるので、均等な力で糸を引かなくてはいけません。

img_1431

次は、ヒールの積み上げです。
積み革を一枚ずつ、重ねていきます。

img_1459

革を積み上げながら、平らな板の上に置き、
すき間がないか、まっすぐ床と接地しているか確認します。
ここで、ちゃんと接地していないと、歪んで歩きにくい、靴にも足にも悪い靴になってしまいます。
fullsizerender-43

積み上げが終われば、あとは仕上げです。
コバを、木やすり、ガラス片、サンドペーパーをかけ、出来るだけ滑らかにします。
コバ、ソールに色を付け、コテをあて整えます。

fullsizerender-44

木型を抜き、ソックを作り、靴磨きをすれば完成です。
img_1661

1足作るのに、週1回通って、約1年かかります。
靴を作ってみると、靴の構造が分かるようになり、ますます靴に愛着が沸きます。
何か趣味をお探しの方、手を動かして物を作ることが好きな方には、靴作りは是非お勧めです!

清水

written by

2016.09.02  Category| すべての記事

防水性実験!!

久しぶりの登場です。 北見です。
IMG_2283
イベントなどがあった関係で、いつもの順番とは違った流れになっております。

さて久々の「輝け!科学君」(って何度も久々って言っている気が…)
今回は防水性の実験です。
今年は台風の当たり年らしいですね。8月に台風が3つも来るのはかなり珍しいことだとか。
雨の中で靴を履くのは憂鬱ですよね。
では実際に雨でも大丈夫なケアって何なの?ということで、ヌメ革に色々と施してテストしてみました。

テストした内容は
①乳化性クリームのみ
②ポリッシュ
③スエード/ヌバック用スプレー
④防水スプレー
⑤ラッカー

いくつか説明をしますと
①はもうご存知ですね、革に栄養を与えただけの状態です。
②は①からワックスを用いてのポリッシュで当店での鏡面仕上げを施すのと同じ状態です。
③はスエードやヌバック用に市販されているスプレーで、アーモンドオイルなどを用いて革に栄養を与えつつ、防水と補色も行うスプレーです。
④はアメダスですとかスコッチガードの様に防水のみを行うスプレーです。
⑤、ラッカーってなんのこと?これはよくわからないですよね?これはラッカー系のクリア塗装で、ゆうなればガラス革と同じような状態にしているということです。

まずはそれぞれ塗っていきます。
左側にある革は何もしていないものです。比較用に並べています。

クリーム1
乳化性のクリームは結構浸みますね。

 

WAX1
ワックスで艶を出すとヌメ革はこんな感じ。

 

スエード1
スエードスプレーも吹いた直後は濃くなります。

 

アメダス1
防水スプレーも同じく濃くなります。

 

ラッカー1
ラッカーもやはり濃くなりました。

 

ここで5分ほど放置して、ヌメ革がどのようになるか見てみました。

クリーム2
乳化性は少し薄くなったかな?

 

WAX2
ポリッシュは5分位じゃ勿論なにも変わりません。ツヤツヤです。

 

スエード2
スエードスプレーはかなり薄くなりました。

 

アメダス2
防水スプレーはほぼ元の状態に戻りました。

 

ラッカー2
ラッカーも少し濃さが残る感じです。それと少しシミができました。

 

さてすべての準備が整ったところで水滴を加えていきます。
わかり易いように革の真ん中に一滴づつのせました。
水

 

まずは一分経過。

 

クリーム1分
クリームだけですとシミになっているのが一目瞭然です。

 

WAX1分
ポリッシュにも染みができています。あれ?

 

スエード1分
スエードスプレーにもちょっと染みが…

 

アメダス1分
防水スプレーは染みはなし。

 

ラッカー1分
ラッカーも水滴によるシミはできていない様子です。

 

更に10分経過。

 

クリーム10分
クリームは完全にシミになっています。

 

WAX10分
ポリッシュにも染みが広がりました…

 

スエード10分
スエードスプレーもクリームほどでは無いにしろ染みが広がっています。

 

アメダス10分
防水スプレーは全く変化なし!

 

ラッカー10分
ラッカーも全く変化ありませんでした。

意外なような意外ではないような…
ワックスってこんなにシミになりましたっけ???
ちょっと言い訳をさせてもらいますと、小さな革きれを磨くのは意外に難しいんですよ。
ヌメだとシミにならないように磨くにはさらに難しくなります。

ということで、ちょっとズルいような気がしますが、実際にポリッシュした靴で参考実験!!
鏡面仕上げをした靴に水滴をのせて…
靴

10分経過。

靴10分

よーく見てみるとちょこっと染みているかな?程度の跡が見えましたが、写真ではほぼ変わらず。
しっかりとワックスをのせてポリッシュすると防水効果がかなり高いことが分かります。
いずれは、ポリッシュした靴で表参道駅とBrift Hの間を雨天時に歩くとどうなるか?という実験でポリッシュと雨の関係をもう少し深く掘り下げたいですね。

ってここで終わっちゃうと雨には防水スプレーかラッカーが最高!ってことになるのですが、これらには意外な落とし穴があります。
まずは鏡面仕上げをした靴に防水スプレーをすると… 鏡面が曇ります。

WAX-スプレー
艶がかなり落ちるので、鏡面仕上げと防水スプレーの相性はよくありません。

 

そしてラッカーの場合、「防水効果が高い=何も染み込まない」です。
ラッカーークリーム

ラッカーを吹いた後に乳化性のクリームを入れてみても まったく濃くなりません。
つまり革に栄養が浸透していないということです。 なので、防水効果を高めたいからと言ってむやみにクリア塗装をするのも考えものです。

やはり雨が降りそうな時は大事な靴は履かずにガラス革などの雨用の靴が良いという、当たり前といえば当たり前すぎる結論となってしまいました。
でも色々と実験してみると、分かっているようで実は初めて経験したともいえることができて、とても為になりますね。
もし何か、靴や革で知りたいことがあったら、是非リクエストを下さい

written by

2016.08.28  Category| スペシャルな施術 , すべての記事

8月も終盤

こんにちは、山地です。

夏が終わると寂しくなる貴方も、秋めいていくこの時期が楽しみな貴方も、夕暮れ時に切なくなる貴方も、是非聴いてみて下さい。

 

ここ最近のnettaiyaは体に結構堪えます。そんな中、天王洲アイルに行きましたが海に近いので夜風が心地よかったです。

浜松町駅から東京モノレールで向かうルートがお勧めです。旅行気分が味わえます。

 

IMG_5653

IMG_5353

 

 

 

さて!ここ最近の台風、集中豪雨に頭を悩ませているDRESS SHOES LOVERの皆さま

愛靴は無事でしょうか?もし濡れてトラブルが起きた場合は早めにご相談下さい。

今日は雨によってアッパーにクレーターが発生した靴の一例を紹介します。

 

SPIGOLA

PUNCHED CAPTOE

 

IMG_3383

IMG_3376

IMG_3377

IMG_3378

IMG_3379

 

何年か前に誂えた1足だそうです。最近のSPIGOLAさんとはまたひと味違うミニマムなラストですね。

靴が本当に好きな方はパンチドキャップトゥを好む方が多いです。THE CLASSIC!

このクレーターはかなり強敵でした。恐らく雨にどっぷり浸かった様子が見受けられます。

クレーターが発生してから時間が経っているようで、大分硬化しており最高級F難度レベルでした。

 

クレーター補修といっても、靴によって状態は様々。革の質感、色によっても方法は変えます。。

我々も日々色々試しながら、補修方法もアップデートしております。

 

補修後はこちら。

 

IMG_3479

9

IMG_3471

IMG_3478

IMG_3472

IMG_3474

FullSizeRender

 

きれいさっぱりなくなりました。

ビスポークは厳選された上質な革が使用されていることが多いので、革の繊維密度が高く、こういった補修の際もきれいになおり易いです。

 

どんな状態でもなおせます、とは言えませんが、職人の肩書に恥じぬよう精一杯できる限り目立たなくなるように致します。

なお、黒以外の色に関しては、色が濃くなる可能性が高いです。予めご了承頂きますようお願い致します。

 

クレーター補修(The Briftの磨き含む) ¥9,000~(税別)

納期は2~3週間(状態によってはもう少し長めに頂く場合もあります)

 

 

後回しにせず、早めに補修してあげることが大切です。

是非ご来店をお待ちしております。

written by

PAGE TOP