BLOG

2017.10.15  Category| イベント・お知らせ

FROM FIRENZE

STEFANO BEMER TRUNK SHOW!

ご無沙汰しております。山地です。

先日STEFANO BEMERのアクセサリーのトランクショーを行いました!

DSC_6946

今回いらっしゃって下さったのは職人の井俣さん。そして長身で男前のフィレンツェ人フィリッポさん。

IMG_5145

DSC_6954

そしてなんと今回は!

DSC06929

DSC_6952

DSC_6944

このトランクショーのために井俣さんがレザーブレスレットをデザインして下さいました。付随されているバックルは、ベーメルのモンクストラップで実際に使われているバックルです。若干数お店に売っておりますので気になる方はお早めに!

DSC_6942

DSC_6953

DSC_6951

DSC_6950

DSC_6949

DSC_6941

DSC_6940

DSC_6939

DSC_6938

DSC_6937

DSC_6936

DSC_6935

DSC_6934

DSC_6933

また来年もトランクショーを行う予定なのでお楽しみに!

 来年はもっと早めに告知させて頂きますので宜しくお願い致します!

 

 

written by

2017.09.11  Category| すべての記事

Brift H Shoeshine coat発売&Paul smith spaceでのワークショップのお知らせ

皆様ごきげんよう、世界一の靴磨き職人こと長谷川です。

最近は世界一になり仕事が忙しいだけでなく政界からも声がかかりまして、いま新党の立ち上げに尽力しています。

僕が党首として「足元ファーストの会」の立ち上げようと思っております。

「足元から日本を元気に!」をモットーに一億総ピカピカ社会を実現していきます。

長谷川講演

我ら足元ファーストの会のマニフェストとしては、革靴の最大の敵である「満員電車で靴を踏まれる」の撲滅です。条件を満たした輝いた靴を履く方は光沢車両へ乗車していただき踏まれることがないよう快適な通勤をかなえます。

また全国の女性のピンヒールが道路の溝や穴にはまってしまわないよう、道路を全面見直し。

そのほかに全国の小学校、中学校での靴磨きの授業を義務化。靴磨き職人の講師派遣も行います。

きちんと靴をお手入れして長く愛用する方には靴磨き手当の支給も検討。

足元から日本を見つめなおす党として足元ファーストの政策で日本をより活性化してまいります。

皆様の清き一票をどうぞ宜しくお願いいたします!!!

 

というわけで、冗談は顔だけにして。

 

最近はお店にいれる時間が少なくなり、外でセミナーやイベントなどの仕事をする機会が増えて、ありがたいと思う一方、お店で楽しく靴磨きできないのがとても寂しい今日この頃。それでも今月は13日間はお店に立って磨いているので一日一日を最高のパフォーマンスが出来るようしっかり仕事をしていこうと思います。

 

これまで6月末から行った英国研修のブログが続いてきましたが、今回からまた気分一新して色々と書いていきたいと思います。

eesett&co2

まずは9月16日~9月24日に開催する【Brift H shoeshine coat launch & eesett&co popup 】についてです。

 

当店が開店して記念すべき10年目に入り、ずっと作りたくて企画していた職人が着るシューシャインコートがとうとう出来上がったので発表&20着ほどですが販売をします。

 

今回Brift H shoeshine coatを手掛けて頂いたのは、eesett&coの中澤淳明氏。

ブランドが立ち上がった時からのファンで、毎回展示会には顔を出して服をオーダーして一番よく着ているブランドです。クラシックなテーラリングをベースにパンクな要素が入った服は最高にかっこいいです。

eesett&co

【eesett&coとは】

デザイナー:中澤淳明 

宮内庁御用達の上原洋服店にて6年

SavileRowの老舗 Denman&Goddardにて3年

ビスポークでテイラーリングとカッティングを修行

AlexanderMcqueen勤務

Grenfellのデザイン、パターン制作

2013年イイセットアンドコー設立

 

前々から職人たちが作業する時に着る制服(コート)をいつか作りたいとずっと思っていたのですが、よくある普通のショップコートのようなものにはしたくなかったんです。

Brift Hは路上の靴磨きから生まれた店です、その創業時のパンクな想いを大切にしたくて上品にきれいなコートを作るイメージが湧きませんでした。

「路上で孤高の靴磨き職人が羽織っているようなコート。」

そういうコートを作りたいと考えたときに自然と中澤氏にシューシャインコートの依頼をしていました。

実はわたくし、一足先にロンドンに着て行ってました!これで靴磨き世界大会に挑んだのです!!

長谷川インロンドン

【SHOESHINE COAT  (H アッシュ)】

 

路上で冬は襟を立て夏は腕まくりをして粛々と靴磨きをしている孤高の職人が着ているコート。

 

仕様はスプリットラグラン、エルボーパッチ、ウエストベルトと合計6個のポケットが付いている。

外側の腰ポケットは2重にしてマチを付ける事により強度と容量を確保する。

内側の左右の腰ポケットにはウィスキーボトルが入れられる大きさになっている。

フロントは釦が靴に触れたり引っかかったりしないように比翼仕立てで、袖口は2段階にまくれる仕様になっている。

センターベントの釦を開閉して可動域を変えられる。

 

ここで写真にてこだわりのディテールをご紹介します。

 

(1)全体像 肩は前から見るとラグランですが後ろは通常のアームラインが入る特殊なデザイン。

329172FB-8889-49D8-827B-B29F813C7481 (2)

(2)腕をまくると切り返しの布がアクセントに、もう一まくりするとボタンで留められます。職人の作業によって変えられます。

4D3D51E4-795D-4DB2-AB88-B975DFF7E764 (2)

(3)背中にはベルトがあり、可動域の調整が可能。

SDIM1180

(4)胸元には斜めに入ったパンクなジップ、胸のBrift Hロゴは販売用は入りません。

SDIM1189

(5)左胸の下のほうにはふっくらとマチのあるポケット、ベージュの布がアクセント。

SDIM1184

(6)Brift H×eesett&coのダブルネーム。このためだけにタグ作りました。

SDIM1194

( 6 )女の子サイズもあります!S,M.Lの3サイズ展開。写真はTHE BAR by Brift Hのしまちゃん。

SDIM1226

このshoeshine coat発売に合わせて、eesett&coとして東京で初となるPOPUPを開催します。

過去のアーカイブの販売も一緒に行います、9月16日はデザイナーの中澤氏も在店いただきます。

 

気に入ってかっこよく着てくれる方がいたら良いな~と思います。

皆様どうぞ宜しくお願いいたします。

 

 

そしてもう一つ告知!!

今回初めてPAUL SMITHとお仕事をさせていただくことになりました!

しかもPAUL SMITH SPACEというPAUL SMITHの世界観が一番楽しめるオシャレな一軒家のお店です。

ポールスミスの中でもこの店舗を別格ですよね、ポールスミス氏のアート好きとしての人間性をもろに感じれる空間です。

ここで9月23日(土)に14時~15時の一時間無料のワークショップを開催します。

定員15名で開催します。事前予約制なので参加したい方はポールスミススペースへお電話でお申し込みください。

paulsmith1

PAUL SMITH SPACE

東京都渋谷区神宮前5-46-14

03-5766-1788

※Brift Hからもそんなに遠くありません!

 

きっと今高級な靴を履いている方の中で、ポールスミスで本格的な革靴のスタートをきった方は多いのではないでしょうか。今もなおクロケット&ジョーンズとの蜜月は続き数々の別注品を出していますし、2012年にはジョンロブ×ポールスミスが出て一部で異様な盛り上がりがあったのも記憶に新しいです。

英国ブランドとしてここ日本でファッション好きを多く生み出した偉大なブランドであることは間違いありません。

 

今回初めてのイベントですが、ぜひ多くの方に遊びに来てもらえたら嬉しいなと思っております。

 

詳しくは

http://paul-smith.co/qQDkkI

をご確認ください。

 

それでは告知ばかり、宣伝ばかりで恐縮ですが皆様どうぞ宜しくお願いいたします!

 

 

 

written by

2017.08.27  Category| すべての記事

イギリス研修 ~イギリス雑感~

お久しぶりです。ボーラーハットがBrift Hイチに合う男、北見です。

イギリス研修からもうすでに二か月程経ってしまいましたが、まだまだこのネタで引っ張ります。

日々毎の内容についてはもう既に皆が書いてくれたので、イギリス研修の雑感を徒然に書いていこうと思います。

 

1、トランジットありのフライトには要注意

イギリスに到着した途端、最大にして最強のトラブルに遭いました。

なんと自分のスーツケースが出てこない。

ベルトコンベアーの上には見当たらず、もう既に到着したスーツケースは全てベルトコンベアーの上を流れている…

ベルコンの周りを3周くらい確認しながら回りましたが、自分のスーツケースはどこにもありません…

これが所謂ロストバッゲージか…

取り敢えず窓口に行って預けた荷物の№を伝えると、まだ北京にあるとのこと。

今回のロンドン行は羽田-北京―ヒースローと北京経由で向かったのでした。

スーツケースは明日以降、宿泊している宿に届けられるとのことでしたが、着替えも何もありません。

仕方なくロンドン地下鉄の路線図のTシャツと英国国旗のパンツを土産屋で購入。いきなり変なお土産を自分に向けて購入と相成りました。

ネタが出来た!!と心のどこかで喜びつつ、皆のスーツケースが揃っている中、自分一人でぽつねんとスーツケースを探2しているのはちょこっと悲しいものでした。

今後は手荷物の中に一日分の着替えは入れておこうかなと。

f7d917d4ba63d7b7ac9b4fd96b1fe837

 

2.ノーザンプトンに行くには下調べが重要

靴好kいとして、イギリスに行くならば勿論行きたいノーザンプトンのファクトリーアウトレット。

ロブ、グリーン、チャーチにトリッカーズ。今更いう必要はないですが、英国ブランドの名立たるファクトリーが集まった町、ノーザンプトンはロンドンから電車で一時間~一時間半位程、北にあります。

ロンドンのユーストンという駅からノーザンプトンへ向かうのですが、この電車のチケットには早割があります。

当日にチケットを買うことも勿論できますが、早割だと全然安い。ちょこっと安いではなく、全然安いです。

また出発時間によっても値段が全然違います。航空機のチケットとほぼ同じ感覚ですね。

更にファクトリーアウトレットはブランドによって土日はお休みだったり、金土しか開いていなかったりとまちまちです。

様々なファクトリー間も歩いては行けない距離ではないけれど、徒歩30分とか掛かります。

営業時間も大体が9時~5時とオープンもクローズも早いです。

なのでノーザンプトンに行くには下調べをしっかりと行い、安く確実に行けるようにするのがベストです。

勿論、移動はタクシー一択。

ロブやグリーンの高級靴の紙袋を持って歩いても、ひったくりにあうような怖さは全くない街(現地の人に道を聞いた際には、ブランドの紙袋を見て、「良い靴かったね」ってサムアップされるくらいフレンドリーでした)ですが、移動時間を考えるとタクシーが良いです。

DSC_7193

 

3.ポケットwifiはあると便利

というか、無いと不便極まりないです。自分は現地のNTTにあたるBTという電話網のwifiを登録して使ってみたのですが、設定のせいなのか自分の回るエリアのせいなのか全然wifiポイントに出会えず、一週間で三千円も支払ったのに全くの無駄でした。ホテルのwifiも無料ではなく24時間で5ポンド。これも一度使いましたが、実際にwifiを使いたいのは街中での移動時なのであまり役に立たず(ってか24時間、宿にこもるわけないのに何で支払った…)。

移動時にグーグルマップを見たりして調べることを考えると、ポケットwifiは持っていけばよかったなぁと思います。

DSC_0070

 

4.イギリスの食事は美味い

イギリスの食事と言えば「不味い」が定説となっていますが、今回の研修では現地に留学中のお客様にアテンドして頂いたお蔭で美味しい食事にありつけました。

但し、どこも量は多いです。すごく多いです、美味しかったので全て食べつくしましたが。

行ったお店は美味しかったので以下に紹介します。

○「WINDMILL MAYFAIR」サビルロウからすぐ近く。ってことはジャーミンストリートからも勿論近いですね。シチューとポットパイの店です。ここはホントに美味しいです。付け合わせのマッシュポテトwithグレイビーソースも最高。ケーキは非常に甘めです。いつも混んでいるようなので予約がお勧め。

The Windmill - Mayfair, London W1.

 

○「Poppies」Old Spitalfields Marketの近くにあります。フィッシュ&チップスのお店。フロアマネージャーが余りにも気さくなのでいきなり打ち解けます。美味しい上に面白いです。マネージャーと仲良くなって、何故か途中で僕らのテーブルに60才過ぎのオーナーが同席して更に盛り上がりました。フィッシュはとても大きいです。自分はラージサイズを食べましたが、普通の人ならミディアムサイズで十分かもしれません。

f6ef6cb17b692a50a777fbc468eb9b4553a4b469_p

 

○「WHITE ELEPHANT」ノーザンプトンでたまたま入ったパブ。ジョンロブのファクトリーアウトレットの近くです。ここのマッシュポテトwithグレイビーソースもとても美味しかったです。店内も靴作りの町のパブらしく、昔の靴作りの写真があちこちに飾ってあって素敵でした。ノーザンプトンに行く際は是非。

white-elephant

 

駅のカフェにあるサンドイッチなども多少パンがパサついてるかな?くらいで、日本のコンビニのサンドイッチと大差はないと思います。

自分にはイギリスの食事はとても合いました。

 

また長々と書いてしまいました。今回の研修ではエドワードグリーンでの工場見学やフォスター&サンでの靴磨きなどの仕事上での経験、自分の趣味のヴィンテージ物の買い物など、とても素敵な時間を過ごすことが出来ました(反比例で財布がとても軽くなりましたが…)。

ロンドンは何度も訪れたい街ですね。

 

written by

PAGE TOP