ブリフトアッシュ

おしゃれした靴は素敵な場所へと導いてくれる。

Blog

カテゴリー         いいはなシーサー   うちわ話   今日の一足



| 2014年8月19日

毎日、暑い日が続きますが、皆さん夏を満喫していますか?
自分は先日、世田谷の公園でBBQをしてきました。環七からすぐの公園ですが、まるで森の中。蚊に刺されながらも、煙に燻されながらも、美味しい肉と野菜を沢山食べてきました。
bbq.JPG

という訳で、キズ補修担当の北見が送る、久し振りのキズ補修のご案内です。
キズ補修といえば、今まではつま先の補修ばかりご紹介してきました。
もちろんつま先は当たりやすい場所なので、つま先の補修が多いのは勿論なのですが、
実はつま先以外の補修も可能なんです。

例えば、カカトや靴のサイド・・・。

ということで、まずはカカトの補修のご紹介です。

カカトって時々こんなキズがつくことありますよね。
か1.JPG

実はカカトもキズ補修がしやすい場所なんですよ。
というのは、カカトにも固い芯が入っているからなんです。

先程の傷ついたカカトを補修すると、キズが完全にわからなくなりました。
か4.JPG

カカトのキズも黒い靴であれば、ここまでキズをわからなくすることが出来るんです。


次はサイドのキズ補修です。
正直申し上げますと、サイドは難しい場所なのでできない場合もありますし、
おすすめしない場合もあります。

ですが、今回は範囲は広いですが、あまり深くなく擦ったような跡だったので
キズ補修が可能でした。

キズ補修前の状態はこちらです。
ちょっとこすれて丸いキズがあるのがわかりますね。
ろ2.JPG

このキズについては、珍しく表面を顔料で塗装する方法で補修しました。
キズ補修は革の上からの塗装ではなく、革自体を染めて補修することが多いんです。

顔料のメリットは、元の靴の色を維持できることです。
染める場合ですと、キズがある場所がどうしても色が濃くなってしまうので、
塗装の場合は、例えば元の靴の色が薄い色も、薄いまま仕上げられます。

ただしデメリットもあって、深い傷の場合ですと厚塗りをせざるを得なくなり、
そういった場合は革の質感がなくなってしまうので、おすすめいたしません。

補修後の状態はこちらです。
ロ3仕上がり.JPG

色の調合は非常に難しいのですが、できる限り近づけられるよう頑張ってみました。
全く同じ色とは言えませんが、かなり目立たなくすることができたと思います。


余談ですが、自分のこんな大きな手でキズ補修できるのは
プラモ少年だった自分が役立っています。
いつどんな所で何が役立つかわかりませんね。
ありがたやありがたや。


こんな風に、キズ補修はつま先以外にも色々とできる場合があります。
ですが、場所や深さ、大きさによってできない場合もございますので、
全てのキズを直せる訳ではないですが、何か気になる靴があればぜひご相談下さい!

※キズ補修は、まず補修可能か否か、可能な場合は補修料金についての
お見積もりを1週間頂きます
ご了承頂いた場合の施術期間は、磨きも含めて2週間頂きます。
※キズ補修とは別途で、靴全体の磨き(¥2,376)も行わせて頂きます。

【twitterとFaceBookもやってます。】

↓ ぜひクリックしてみて下さい。


→ピカピカに磨いた靴を毎日載せてます。twitter
→週1~2回更新です。FaceBook


Info| written by brift-h 

| 2014年8月12日

皆様ごきげんよう、世界一かっこいい靴磨き職人こと長谷川です。
只今自家用ジェットの中でブログ更新中です。まるで〇〇クリニックの社長の如くオイルマネーの香りプンプンの方々とのミーティングを日々重ね、これから世界に靴磨きブームをどう巻き起こすか。ドバイで話し合っております。


高須クリニック.jpg


話し合いの中で結論として、"靴を磨いて輝いた時の感動"を知らない人が多いのではという事になりました。


ご自宅でじっくり愛靴を磨く方もいれば、信頼の置くプロに任せる方もいます。


どちらにせよ靴が綺麗になって履いた時のあの感動、満足感、高揚感がたまらなくて靴を磨いているのだと思います。



そこで,世界靴磨き協会(World Shoeshine Association、以下WSA)として靴磨きの感動を多くの方に伝える事が、世界中の足元を輝かせる第一歩になるのではないかと。


その為に色々な活動をWSAとして行っていく事になりました。

日本代表としてBrift Hもプレゼンテーションを行い、今後の靴磨き文化の発展について話してきました。


講演会.jpg



その中で、当店でのお客様への調査報告とそこからどうやって布教活動につなげていくかを話しをしました。

そもそも靴磨きの前に、靴を好きになったキッカケをよくお伺いしています。
当店にいらっしゃるお客様から靴を好きになったきっかけをお聞きすると、意外に多いのが「先輩、同僚、友人に靴好きがいて、その影響で自分も好きになった。」という声が多く聞かれます。

もちろん元々ファッションが好きで、その流れで靴も好きになった方もいれば、
雑誌や書物で見て興味を持ち、良い靴買ってみたら異次元の履き心地をカッコよさにはまってしまった方もいます。

色々な方がいますが、その中でも僕は"周りに靴好きがいて、それに影響を受けて靴にはまってしまった"方に特に注目しています。

昔から周りの友人でカッコいい奴とか、カッコいい先輩っていますよね。
そんなかっこいい人が持っているものとか、好きな音楽とか遊びとかって自分もやりたくなる人って多いと思うんです。

例えば、会社で仕事が出来る憧れの先輩がいるとして、その先輩が靴をいつも綺麗にしていればそれを見た後輩たちは靴を綺麗にしている事に興味を持つ事でしょう。


そんな身近なトレンドリーダーであろう当店のお客様には、ぜひこれを可愛い後輩、仲の良い友人にプレゼントしてほしいと思って居ます。



もちろん「そんなの烏滸がましいです!」なんていう方も、尊敬する先輩や恩人にプレゼントするのはいかがでしょうか?



前置きがかなり長くなりましたが、それは何かというと・・・









ジャジャン!!


Brift H ギフトカードです!!




ギフトカード1.jpeg

こちらは簡単に言うと"靴磨き"をプレゼント出来るという事です。


値段は2700円(税込)で、パンプスや紳士靴、ロングブーツまで当店の靴磨きのメニューThe Briftのご利用頂けるカードです。


こんな封筒に入れてギフトカードはお渡しします。

ギフトカード2.jpeg

一歩前へ~!



モノではなくコトのプレゼントって素敵じゃないですか?

靴が綺麗になって嬉しくない人はいないですし、靴磨きに興味がない方でもこれをキッカケに靴に興味を持つかもしれません。


素敵な靴は素敵な所へ連れていっていくれる。
とはフランスの昔からの諺ですが、ぜひ周りに靴が綺麗な方々が増えると嬉しいですよね。

このギフトカード、実は隠れた当店の人気商品なのですが、最近のご購入頂いたお客様の声を載せますと。

☆転勤でお世話になった同僚の方々へ。ぜひ靴磨きの感動を伝えたい!

☆尊敬する大先輩へ。オシャレな方なのでぜひ喜ぶと思って買いにきた。

☆自分の結婚式に参列してくれるみんなへ。ぜひ靴をピカピカにして俺の結婚式へ来てくれ!

など使い方やメッセージは自由です。

僕の中で印象に残っているのは、

☆愛する旦那へ。5年前の誕生日プレゼントで買ってあげた靴を今年はこのギフトカードで磨いてね。

なんていう素敵な奥様もいました。
泣ける~~~~!!


Brift Hとして靴磨きの魅力を広く伝えたくこのギフトカードを作成しましたが、そんなこちらの都合は関係なく、ぜひ皆様次第で使って頂けたら嬉しいです。

これから迎えるファッションの秋。
ぜひご活用ください!よろしくお願いします。


長谷川

※あっ、毎度このブログの導入部分の文章はほとんどが冗談ですので、WSAなど存在しないので勘違いのないようお願いいたします。



Info| written by brift-h いいはなシーサー

| 2014年8月 5日

こんにちは!
事務員 小林です。

本日はご依頼の多いクラック補修ですが、
補修ができない場合にこんな補修もできますよ!という補修方法について、お届けいたします。

※クラック・・・革のシワから入るひび割れです。

クラックの入った靴、正面からです。アッパーに広く入っています。
①クラック正面.JPG

クラックの拡大画像。黒いシワの所がひび割れております。
②クラック.JPG

少し前の6月14日のブログでもご紹介しましたが、
クラック補修ができかねる場合、クラックのある範囲に新しい革をあてて、
クラックを隠す補修になります。

お蔭様でこちらの当て革補修のご依頼も多く頂いているのですが、
実物のサンプルができましたので、こちらを交えて改めてご紹介させて頂きます。


新しい革をあてる範囲は大きく分けて、こちらの2種類です。

まずは「ブリフトパッチ」
こちらはクラックがアッパーに広く入っている場合に適しています。
なので元の靴のデザインを活かして、当て革の範囲はアッパー全体を覆うものになります。

最初にご紹介したクラックが入っている靴に、ブリフトパッチをしたものです。

正面から。
ブリフトパッチ正面.JPG

横から。
ブリフトパッチ横.JPG

こちら当て革の所は色を薄いままにしていますが、
実際は元の靴の色と同じ色に染めて、最後に全体を磨くことでバランスを取ります。

<料金>約35,000円~(デザイン・革によってプラス料金を頂く場合がございます)
<納期>約1ヶ月
     (難しい施術のため、ご依頼が多い時期は長く頂く場合がございます)


お次は「チャールズパッチ」
こちらはクラックが例えば左足の小指部分だけ、などの場合に適しています。
当て革の範囲は靴の一部分なので、靴に新しいデザインを加えるイメージです。

こちらがチャールズパッチをした靴のサンプルです。
1足の靴で3パターン、当て革をしてみました。
パッチ(当て革)をした箇所はわかりやすいように、白い革で当て革をしています。

チャールズサイド横①.JPG
こちらはいかにも「パッチ」といった感じ。丸いデザインです。

チャールズサイド横②.JPG
こちらは元の靴のデザインを活かして当て革しています。
Berlutiらしいピアッシングを損なわずに仕上げています。

チャールズサイドWING.JPG
こちらは上の靴と同じですが、なんとウイングチップにしちゃいました。

チャールズパッチは当て革の範囲が靴の一部なので、
元の靴のデザインによって当て革のデザインは変わってきますし、変えられます!
ご希望のデザインがある場合はぜひご相談下さいませませ。

<料金>1ヶ所 6,000円~(デザインによって大きく変わります)
<納期>約1ヶ月




これらのサンプルはお店に置いてありますので、ぜひお手に取ってご覧ください~


最後に、上記2つの施術のご注意事項をお伝えいたします。
※新しい革を上からあてるので、多少の厚みと硬さが発生します。
革が馴染むまでは、踏み込んだ際に多少の窮屈感が生じる恐れがあります。
※どちらのパッチも靴全体の磨きも必須になるため、パッチ料金∔磨き料金を頂きます。
※コードバンの靴はスムースレザーでの施術となります。
※ガラスレザー、エナメルの靴は当て革補修ができかねます。
※シボ革など少し特殊な革は、革代としてプラス料金を頂く場合がございます。 

※お預かりしてまず1週間、お見積もり期間を頂いております。


壊れた所を元のように直すのが「修理」ですが、この当て革補修はその常識を覆した補修です。
クラックでお悩みのお客様、ぜひ一度ご相談ください!

暑い日が続きますが、きれいになった愛靴を履いてテンションあげていきましょうー!
ではでは。


小林

Info| written by brift-h 

| 2014年7月29日

こんにちは。事務員 小林です。

期間限定で行っているヴィンテージシューズフェア。
昨日より新たな靴とバッグが加わったので、ご紹介させていただきます。

まずはいきなり超ど級の大物です。
1 バッグ.jpg

年代 : 1786年
ブランド :  不明
価格 : ASK

ドクターズバッグ?何がすごいのでしょうか?
なんとこのバッグの革は、海底で200年眠っていた、かのロシアンカーフなのです。

なぜ200年も、しかも海の底で・・・?
神秘的です・・・・・。

~「幻の革 ロシアンカーフ物語」~

その昔、トナカイの革「ロシア革」は、世界でも最高級とされて珍重されていました。
この革の特徴は、赤の色合い、防水性、害虫を寄せつけない臭気などでした。

今から約230年前、この革を載せた船がロシアからイタリアに向かう途中、
嵐に襲われて難破してしまい、積み込んだ荷物は海底に沈んでしまいました。

約200年後の1973年に考古学調査団体がこの難破船を発見。
船体はもう跡形もありませんでしたが、腐敗に強い革はなんと200年近い年月を耐えて、健在だったのでした。

※参考文献:エルメスの世界 2012年

という、博物館に飾ってありそうな革なのです。
船が出港した時、日本はまだ江戸時代ですね。
年代がわかる鍵もついています。
2 鍵.jpg

革もすごいですが、このバッグがすごいのは、
3 バッグ横.jpg

少しわかりづらいのですが、横から見ると
バッグの前から後ろまで一枚続きの革でできていることがわかると思います。

一般的なバッグの作りは、前・底・後ろのパーツがそれぞれ縫われて作られていますが、
こちらは贅沢にも大きく革を取っているのです。
ひれ伏したくなります・・・。

こちらも販売しておりますので、ご興味のある方はぜひスタッフにお声掛け下さい!


お次は、探されている方も多いのではないでしょうか?のサイズの靴達。
靴が大好きな方にご提供頂きました。ここ数年に購入された靴です。

まずはEDWARD GREEN
EG.jpg

ブランド : EDWARD GREEN
サイズ : 6
価格 : ¥90,000(税別)

名靴の大定番のDover、ラストは32。
色はコニャックです。 
これからどんどん磨き込んで味を出していくのが楽しみな靴です。
これからの季節にはぴったりな色ですし、秋冬は少し濃い色のクリームで磨いて
シックに履いていただくのもおススメです。

2足目はシルバノラッタンジ
ランタンジ.jpg

ブランド : シルバノラッタンジ
サイズ : 5.5
価格 : ¥90,000(税別)
※ツリー付き

全ての工程をハンドメイドで行っている、イタリアの最高級靴。
個人的にも好きです!
お預かりするとなんだか背筋が伸びます。

バセットウォーカーというセレクトショップの別注品で
10年位前のものですが状態はとても良いです。
薄いベージュなので、色の染め替えもどんな色でも可能です。

最後の靴はCorthay
コルテ.jpg

ブランド : Corthay
サイズ : 6
価格 : ¥90,000(税別)
※ツリー付き

モンクストラップですが、一味違う!
パーフォレーション(穴飾り)がアクセントになっており、色も素敵なブラウンです。
ビジネスすぎないモンクストラップがいいですね。

★ご購入頂いた靴は、全てサービスで磨かせていただきます★


毎日暑いですが、新しい靴で装って、テンションあげていきましょうー!

ではでは。

【twitterとFaceBookもやってます。】

↓ ぜひクリックしてみて下さい。


→ピカピカに磨いた靴を毎日載せてます。twitter
→週1~2回更新です。FaceBook

Info| written by brift-h 

| 2014年7月24日

皆様こんにちは!

暑い!暑いです!!

外を一歩歩くと汗が一滴したたり落ち、体力の消耗がなんとも激しい!

はいはい!
今回はフルブローグ3足を紹介します。

フルブローグ5.jpg



フルブローグ4.jpg

年代 : 1980'S
ブランド :  ALDEN
サイズ : 8
価格 : ¥41,800(税別)


オールデンと言えばコードバンですが、こちらはスエードになります。
コードバン以外のカーフやスエードもあまり知られていませんが
ラスト(木型)は904、ハンプトンラストといいオールデンのラストの中でも小さいラストと言われており、形はクラシックなラウンドトゥになります。

フルブローグ1.jpg
年代 : 1990'S後半
ブランド :  ALLEN EDOMONS
サイズ : 6 1/2
価格 : ¥63,800(税別)
※ツリー付

現在アメリカ靴と言えばオールデンをあげる方が多いですが、アレンエドモンズも人気のブランドの一つです。
革はホーウィン社のコードバン使用しております。
アレンエドモンズの特徴と言えば釘を使わず、硬い鉄のシャンク(土踏まず部分の芯)も使わない、ソールに360度の縫いをかける事により、より歩行しやすく足に馴染みやすい製法です。


フルブローグ2.jpg

年代 : 1980'S初期
ブランド :  CHURCH'S
サイズ : 5
価格 : ¥55,000(税別)

最後は個人的にも好きなチャーチ!
ラストは定番の73です。
前回もチャーチの紹介はありましたが、こちらはバックスキン(鹿革)。
現在バックスキンと言いうとほとんど牛革のスエード部分を使用しており、
鹿革は牛革のスエードに比べ肌触りが良くフワフワしてます。

フルブローグ3.jpg

ロゴは少し消えかかっていますが、ロンドン、パリ、ニューヨークの3都市の表記の旧チャーチ!
プラダの傘下に入る前の貴重な一足です。

ヴィンテージシューズは購入後全てケアをさせて頂きお渡し致します。


【twitterとFaceBookも宜しくお願いします。】

↓ ぜひクリックしてみて下さい。


→ピカピカに磨いた靴を毎日載せてます。twitter
→週1~2回更新です。FaceBook


それでは有薗でしたーー!


Info| written by brift-h 

| 2014年7月16日

皆様、こんにちは!今回は早めの更新です

なぜならば!
是非ご紹介したい品物が入荷したから!!

美しいそれを眺め、うずうずしながら、パソコンの前でしまかしまかと...いや、いまかいまかとスタンバイしておりました。嶋香です。


只今開催中のヴィンテージシューズフェア

期間中ではありますが、当店で『Ruther fords』のブライドルレザーバッグを2型、販売いたします!!

11.jpeg


12.jpeg


『Ruther fords』...ラザフォードとは、イギリス北部のチェスターにあるラッゲージメーカーです。
もともと馬具で使用されているブライドルレザーを、牛の育成から、鞣し、縫製までの全工程をイギリスで仕上げており、またそれだけではなく、金具や縫い糸などの材料も英国産を用いるという、メイド・イン・イングランドに強いこだわりをもったメーカーなのです!!


13.jpeg


こちらの品はヴィンテージではなく正真正銘の新品なので、一見「ヴィンテージシューズフェアに?」といった疑問もあるかもしれません。

しかし!!

チャールズ皇太子も靴に継ぎ接ぎをしてまで大事に使っているように(2014年6月17日ブログ参照)、イギリスには『物は使えば使うほど良くなる』といった精神が強く、まさに尊敬の意を表して、今回仕入れさせて頂いた所存です!



ということで、まずはラザフォード ミュージックバッグ


8.jpeg


16.jpeg


クラシカルな形とアクセントになる金具が素敵です。女子も気になるデザインではないでしょうか?
クールビズな洋服にもよく合いますね!!

17.jpeg

パソコンだってこの通り!!

18.jpeg

Ruther fords / Music Bag ¥59,400 (BLK, NAVY, CHOCOLATE)


続きまして...こちら!ラザフォード トングフォリオ

4.jpeg

14.jpeg

ハンドルのない、クラッチバッグタイプです。
小脇に抱えて、荷物は最小限に!な方にぴったりです!

15.jpeg

Ruther fords / tongue folio ¥39,960 (BLK, CHOCOLATE)


育てるヴィンテージとして、味が増していく喜びを堪能して頂ければと思います!!

勿論、ヴィンテージシューズもフェア開催中です!

ご購入の際には磨きのギフトカードをお渡ししてますので、復活ケアはお任せ下さい!!!


【twitterとFaceBookでも随時ご紹介してます】
↓ ぜひクリックしてみて下さい。


→ピカピカに磨いた靴を毎日載せてます。twitter
→週1~2回更新です。FaceBook










Info| written by brift-h 

| 2014年7月13日

前回の更新から時間が経ってしまって申し訳ありません。
やっとの更新は北見がお送り致します。

セールの時期も中盤から後半になりつつありますが、皆さん何か購入しましたか?
自分はシャツを一枚だけ。。。
そして時期外れではありますが、ショールを買おうかどうしようか迷っております。
1880~1900年くらいの100年程前のアンティークで、とても格好いいんですが、裂けたりしていて
かなりぼろい、そしてお値段が二万弱。
この機会を逃すと手に入れられなくなるので、購入したいッ。
だがしかし、ここまでボロボロの物に二万を出す勇気があるのかッ。
ましてや今買っても使うのはまだまだ半年くらい先になりそうだし。
でもアンティークは一点物なので、今買わないと無くなるかもしれないし。
などと、只今葛藤の真っ最中です。

という前ふりは今回のvintageの靴達を紹介する為の布石のようにしか見えませんが、葛藤しているのはホントです。
閑話休題。
今回はモンクストラップばかりを3足、揃えてみました。
最近はダブルモンクを良く見るのですが、モンクストラップばかりが揃うとちょっと新鮮です(笑)
v1.JPG


まず一足目はブラウンのJ.M.WESTON
v2.JPG

こちらは1980年代のモデルです。
特徴的なのがライニングにデュプイカーフを使っているところ。
履いた人の話によると、とても履き心地がよく、靴下を通しても良い革を使っている事が分かるのだそう。
サイズが 8 1/2 なので自分は履けないのですが、その履き心地はとても気になります。
もし購入なさるタイミングに遭遇出来たら、是非感想を教えて頂きたい。
お値段¥49500 になります。


次はブラックのEduard Meier
v3.JPG

こちらは2000年代のモデルです。
因みにこちらの一足はEdward Greenメイドになります。
Eduard Meierと言えば靴好きの間では最古のshoe Makerとして有名なところ。
イギリスとドイツの靴ブランドの夢の競演です。中敷きにはGreenとMeierの二つの名前が入っています。
サイズはこちらも 8 1/2
お値段¥44000 です。

本日最後の一足は日本の雄、Lloyd Footwearです。
v4.JPG

こちらの年代はすみません。不明です。
が、TECNICという1990年代初めに消滅してしまったイギリスのshoe Makerによる製造なのでそのころまでの物なのは間違いありません。
http://www.rushdenheritage.co.uk/shoetrade/Tecnic-history.html
によると、1992/12には吸収合併されてしまったようですね。
Lloyd Footwearというと昔は某E社、現在は某C社で作られている事が有名ですが、TECNICという名前は自分も知りませんでした。今は亡き製造メーカーの物なので、ある意味、貴重ですね。
無くなってしまったブランドメイドとはいえ、革質はきめ細やかでかなりいいです。
こちらのサイズ7
お値段¥27000 になります。

こういったVintageの靴達を見てみると、今まで沢山の靴達をみてきたなぁとは思うものの、まだまだ見たことが無いもの、知らないブランドが沢山あるのでとても楽しいですね。
やはり靴は奥が深い。

【twitterとFaceBookも宜しくお願いします。】

↓ ぜひクリックしてみて下さい。


→ピカピカに磨いた靴を毎日載せてます。twitter
→週1~2回更新です。FaceBook


もし寒い時期にショールの事を覚えていらっしゃる方がいらしたら、質問してみて下さい。
その時に買ったかどうかをお教えします(笑)

ショールを買おうかどうか、中々踏ん切りがつかない北見でした。

Info| written by brift-h 

| 2014年7月 1日

靴磨きを通して

「良いものを長く愛用する。」

素晴らしさを伝えたい。



大変おこがましいですが、今の世の中で当たり前になっている"使い捨て"なんていう価値観を靴磨きから払拭したい。

そんな事を真剣に考えながら靴磨きをしています。


そこで思いつきました。


古い名靴達をBrift Hに並べてみたらどうだろうか??


昔に作られた靴の素晴らしさや、中古品でもしっかりお手入れをすることで新品の靴を買うような気持ちで良い靴を履いて頂く。

靴好きの方ならご存知の方も多いと思いますが、昔の革は今の革と違ってとても良い物が多いのです。

現存しないタンナー(革なめし工場)の革を使用した靴は、今では手に入らなくなってしまっています。

革だけでなく"作り"の面でも、今の靴とは比べ物にならないくらい丁寧に作っている靴が多いです。今のミシンでは縫えないような細かいステッチなど超絶的なディテールがあったりとヴィンテージ靴は魅力がたっぷりなのです。


そんな素晴らしいヴィンテージ靴を集めて、良い物は長く使えるんだ!という価値を伝えていきたいと思い立ちました。


そこで、7月いっぱいVINTAGE SHOES FAIR を開催します!!



そこでご協力頂いたのは、VINTAGE SHOESのみならず、博物館級のヴィンテージ品を多数揃える英国に本店があるお店。

そうです!OLD HATのご協力で開催させて頂くことが出来ました!


ss.jpeg


日本では原宿に店舗があるヴィンテージ古着の名店です。


skgkj.jpeg


過去に当店で、「OLD HAT NIGHT」というイベントを行い、ヴィンテージ靴の素晴らしさをオーナーの石田さんにトークショーをして頂いた事があります。



gjkgfj.jpeg


店中に散らばり普通に行ったら見れないような靴も発掘してきました!!!


そんな珠玉の名靴が揃うOLD HATから特別に靴をお借りして展示販売をさせて頂きます。


fed.jpeg




ssssss.jpeg



ヴィンテージ靴と聞くと

「今のファッションに合うの??」

と思う方もいると思いますが、今のファッションとも相性ばっちりです!

特に革靴は洋服よりもトレンドというものに左右されにくく、昔も今もそんなにスタイルは変わらないのです。

今の靴も、昔の靴を基にデザインされているものが多いため、今のファッションにもすんなりと合わせて履けてしまうのです。


良いものは古くならない。

THE BEATLESの歌はいつ聞いても良いですし、新鮮ですよね。

まさしく本物のヴィンテージ靴はTHE BEATLESの音楽と同じようなものだと思います。



では、そんな数あるヴィンテージ靴の中から今日は3足ほどご紹介させて頂きます!!


ghyr.jpeg

年代 : 1940'S
ブランド :  Lotus
サイズ : 9ハーフ
価格 : ¥74800(税別)


こちらはLutusという英国のブランドで、ラインニングにCC41というスタンプが押してある正真正銘の40年代の靴です。
※CC41とシビルクローズ41の略で、戦時中の配給切符で購入できた物

なんとも云えぬ曲線美、出し縫いのステッチの美しさ、そしてヴィンテージらしい茶色がたまらないです。


hhdf.jpeg

年代 : 1970'S
ブランド : CHARCH'S
サイズ : 6
価格 : ¥52800(税別)


ご存知チャーチの70年代の靴です。僕も知らなかったのですが、70年代のチャーチは通称ゲテモノコレクション(言葉悪くてすいません!)というのを発売していた時期らしく、その頃の貴重な一足です。
何がゲテモノかというと、この革が特別なんです。なんとキャメル。そうです、ラクダの革です。
靴底は補修してありますのでまだまだ長く履けるタフな革です。

ssw.jpeg

年代 : 1990'S 後半
ブランド :  EDWARD GREEN
サイズ : 6ハーフ
価格 : ¥107,800(税別)
※ツリー込み 無しだと99800円


90年代後半のモチモチした最高の革を使用したエドワードグリーンです。
ユーズドではありますが、オールソール済でまだまだ元気に履けます。
古い靴だけでなく、一昔前のエドワードグリーンが何足かありますので、グリーン好きの方は必見です!




と数ある靴の中から3足をピックアップしました。

試着も気軽に出来ますので、お近く寄った際には是非お気軽にお立ち寄りください。


これからちょっとずつblogやFacebook、Twitterでもヴィンテージ靴を公開していくのでどうぞよろしくお願いします。
【twitterとFaceBookも宜しくお願いします。】

↓ ぜひクリックしてみて下さい。


→ピカピカに磨いた靴を毎日載せてます。twitter
→週1~2回更新です。FaceBook




Brift H長谷川

Info| written by brift-h 

| 2014年6月28日

お客様各位

毎度当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。

この度、2014年7月1日より閉店時間を変更させて頂くことになりました。

今まで平日は21時まで営業しておりましたが、土日祝と合わせまして20時閉店になります。
お仕事帰りに寄って頂くお客様がかなり減少した事が大きな要因となります。一方で遅くまで営業していることでご来店頂けたお客様も多くいらっしゃる中での閉店時間を早める決断は大変心苦しく思っております。

大変勝手な変更ですが、その分以上に、本業の質を上げて皆様へ恩返ししたいと思っております。

【7月1日以降 改訂後】

平日、土日祝 12時~20時

誠に勝手で急な変更ですが、何卒よろしくお願いいたします。


Brift H代表 長谷川


Info| written by brift-h 

| 2014年6月26日

皆様、こんばんは!! 新井田です。



今月6回目のブログ更新!! 
なぜ??最近になってブログ更新が多いのか!?と問われますと・・・


「絶対に復活させたい靴が、そこにはある!!」



からです!!



日本代表は悔しい結果となってしまいましたが、南米の国々のイケイケムードは
TV観戦していて力を貰えます。

スラム街から大舞台へ・・・
それはもう、日本代表とは気迫が違い過ぎるなと、、、勝てないなと、、、納得してしまいました。


気迫で言いますと、、、路上靴磨きから南青山へ・・・
身近な人物から私はちょっと似たもの感じます・・・。

そんなわけでございまして、只今梅雨という強敵と日々戦っております!!




本日は、特に依頼の多い染み補修をご紹介します!!


shimi5.JPG


一戦を交えた靴が、こちら!!


コロンビア!!


じゃなくて、ネイビースエードのサイドゴアブーツ!!
ライニングも赤と素敵な靴なのですが、、、見ての通り雨染みがはっきりと出来てしまってます。


水洗いをしてある程度、染みを目立たなくさせたのちに、少し手を加えますと・・






shimi6.JPG

すると、こうなります!! 雨染みが綺麗に、無かった事に!!









shimi3.JPG


アップにしても、染みが有った事が分かりません!!







染み補修は、靴1足1足、施術方法が変わる為、お預け頂く際に
ご理解頂く点がいくつかございます



※染み補修に関してですが、靴によっては染みが残ってしまう場合もございます。
※雨やお酒など染みの種類によって施術方法が異なります。
※水洗いと特殊の方法により補修いたします。


~染み補修~
¥ASK(お見積もり) 
納期 3週間




ちょっとした、豆知識ですが撥水スプレーの効果は3日程しか持たないので、
スエード靴は履く度にかける事がお勧めです!



ち・な・みに!!



当店で、鏡面磨きをした靴に撥水スプレーをかける事はお勧めしません!!
輝きがくすんでしまいます・・・。
WAXをしっかりのせているので、多少の雨からはWAX守ってくれますよ。


雨にやられてしまった時は、是非ご相談下さいませ!!



【twitterとFaceBookも宜しくお願いします。】

↓ ぜひクリックしてみて下さい。


→ピカピカに磨いた靴を毎日載せてます。twitter
→週1~2回更新です。FaceBook



ドイツの優勝を願う、新井田でした!!

Info| written by brift-h