Before&ampAfter

BEFORE&AFTER > ALL

  • 【くもり】とは革の表面がくすんで艶が消えてしまった状態の事を僕たちはそう呼んでいます。
    原因は主に鏡面磨きによる失敗が多く、「水が染みてしまった。」「クリーナーを使いすぎて革が荒れてしまった」などです。
    この場合は、一度染料を染みこませてから企業秘密の方法で銀面の艶を戻します。
    その後、磨きを施せば完了です。注意点としては、一度くもってしまった革はまたくもりやすいので注意して磨きましょう。

  • ZONKEY BOOTのスエードスリッポンの染め変えです。もともとは素敵な赤でしたがお洋服に合わせにくいということで黒くしたいとご依頼いただきました。ただ真っ黒には染まらないのでできる限り濃く染めた結果、少し紫がかった黒に染まりました。起毛素材の染めは表革とは違い大変難しく色の調整も容易ではありません。多少職人にお任せする気持ちでご依頼いただけると幸いです。

  • Gaziano&Garlingのアンティーク調の染め変えです。お客様の要望はJohn Lobbのミュージアムカーフのような全体的にムラがあるダークブラウンにしてほしいとの事で特殊な方法で染めました。元々の甘いブラウンは残しながら全体に不均一にダークブラウンを入れていきます。このボカシ加減が難しいのです。結果なかなかの仕上がりになったと思います。

  • J.M.WESTONのヌバックブーツの染め変えです。起毛素材の染めはスムースレザー(表革)とは違い染料の定着が難しい為に思い通りの色に染めるのは高い技術と経験を必要とします。今回はバーガンディーへの染め変えをご希望でしたので出来る限りお客様のご希望に近い色になるよう何度も染めてなんとか良い色になりました。コバと紐の色はそのままにしたのでカジュアル感を出してます。

  • Marmoladaのエレファント(象革)ブーツのRecolorです。全体的にブラックにしたいがグリーン、ネイビー、パープルなどの色も少しぼかして入れて欲しいとのかなりレベルの高いご要望でした。エレファントは革の表面がヌバック状(起毛している)ので染めるのが難しい素材です。色々な染料で染めてから最後にブラックをいれてムラ感のあるシックな一足になりました、写真だと伝わりにくい色です。最後にコバも染めて全体をまとめています。

OWL WISDOM

Brift H