BEFORE & AFTER

  • 長く愛用されているというベルト。革が剥がれてしまっているの部分は【剥がれ接着】でしっかり付け直し、【コバ補色】でベルトの切断面の色はげを直しました。最後に全体の栄養補給と補色を【ベルトケア】でしています。ちなみに補色に関しては顔料を調色して近い色を作り表面に塗布する方法です。靴以外の革製品には色付きのクリームで補色は出来ないのでこのような方法になります。

  • バッグの四隅が擦れて色が落ちてしまっています。皆さん抱える悩みですよね。
    こう言った場合は【四隅擦れ補色】にて似た色の顔料を何度も塗装を重ねて直します。靴と違いクリームで補色出来ないので、顔料を調色して塗装掛けるのです。
    最後にバッグ全体に無色の栄養クリームをたっぷり塗って栄養補給したら完成です。生まれ変わりました。

  • 仕事で沢山使っていたようで全体がかなり細かい傷が沢山ついています。【バッグケア】でも全体的に綺麗になりますがキズは消えません。とくに深く傷ついてしまっている所は白くなっています。その場合は【全体補色】でバッグ全体を塗装をします。革の表情を殺さないように必要最低限の量を表面に塗装し傷などを目立たなくしていきます。あまり塗装を厚くかけてしまうと合成皮革にような表情のない革になってしまうので要注意です。

  • 白い革の部分が雨染みで黒くなってしまっています。こういった場合、染みが抜けそうであれば染み抜きをしますが、白い革の場合はかなり難しいので全体を白い顔料で【塗装仕上げ】をします。
    白という色も色々とあります。青っぽい白、黄色みのある白、真っ白。。。白色も調色して自然な仕上がりになるように塗装をかけていきます。
    あまり厚塗りし過ぎると塗装が割れてくるので要注意です。革の表情を残す為にも必要最低限の塗装をして綺麗に仕上げます。

  • 小銭入れのRECOLORです。赤茶の革を黒に染め変えて欲しいというご要望でした。
    まず最初に元々の色が薄くなるように一度全体を強力な溶剤で拭きます。その後に黒い染料を何度も染みこませて乾燥を繰り返し、黒が定着したら最後に磨いて仕上げます。なかには表面を塗装して色を変えるお店も多々ありますが、それをやってしまうと革の表情がなくなり魅力もガタ落ちします。なので僕たちは出来る限り染料を使って色を変えていきます。愛用品の色が変わるのは楽しいものです。

  • バーガンディーをネイビーブルーにRECOLORしました。
    まず初めに全体の色をでき限り抜くために強力な溶剤で拭きます。※やりすぎると革が荒れてしまうのでとにかく気を付けます。
    革がすっぴんになったら、全体にネイビーブルーの染料を染みこませていきます。染色と乾燥を繰り返し色が定着させます。
    こちらの靴が元々アンティーク調の色ムラがあるので、その部分は活かしながら濃淡をつけて仕上げました。
    生まれ変わった一足。これからの変化も楽しみです。

  • 【くもり】とは革の表面がくすんで艶が消えてしまった状態の事を僕たちはそう呼んでいます。
    原因は主に鏡面磨きによる失敗が多く、「水が染みてしまった。」「クリーナーを使いすぎて革が荒れてしまった」などです。
    この場合は、一度染料を染みこませてから企業秘密の方法で銀面の艶を戻します。
    その後、磨きを施せば完了です。注意点としては、一度くもってしまった革はまたくもりやすいので注意して磨きましょう。

  • 20年選手のJ.M.WESTONのローファーがクラック(ひび割れ)をおこしてしまい【クラック補修】をしました。
    クラック補修の方法は企業秘密なので言えませんが、基本的に完全に直せる訳ではないので再発はすると思って頂いた方が良いです。※革によって差があります。
    表面のクラック補修と共に、靴の内側からも厚い革をパッチ状にして裏からの補強もかけます。※フィッティングがきつい方は痛くなるかもしれません。
    まだまだ開発途中の補修ですので、靴によって出来ないものが多々あります。比較的グッドイヤーの靴は直る革を使用しています。

Category
PAGE TOP