Blog

BLOG > ALL

【新商品】THE WAXのご紹介 

Category|ケア用品、販売品など

皆様ごきげんよう。靴磨きのキングこと長谷川です。

昨日は金正〇氏と国交正常化を実現するために、平壌での靴磨き選手権大会の実施に向け会談をしておりました。

氏は黒の革靴しか履かないようで、頑なに大会で使用する靴は黒のキャップトゥにするおっしゃられてました。

2019年、なんとか実現するようにしっかり取りまとめてまいりますので皆様ご期待下さい。

 

なんて、冗談は髪型だけにして。

 

気づけば前回のブログから3か月も経ってしまいました。なんてこった。。。

2月に開催された”靴磨き日本選手権大会”以降、店舗の運営に追われ、イベントに追われ、仕事に追われ。仕事は追わないといけないものだというのに情けない限りです。このブログを楽しみにしてくださっている1億2000万人の皆様、本当に申し訳ございませんでした。

最近はインスタグラムは熱心に更新しているので良かったら

Brift H AOYAMA アカウント : https://www.instagram.com/brift.h_aoyama/

THE BARアカウント : https://www.instagram.com/thebar_by_brifth/

THE LOUNGEアカウント :https://www.instagram.com/brift.h.sapporo/

長谷川裕也アカウント : https://www.instagram.com/yuya.hasegawa.brift.h/

をご覧いただけたらと思います。

 

さて、本日は2月3日の大安吉日に発売開始したBrift H渾身の一品、油性ワックス”THE WAX”についてご紹介したいと思います!

THE WAX オール

今までに”ブラシ”は手植えのブラシで「江戸屋」さんにお願いしており、

”クリーム”は最高品質を実現するために「某化粧品会社」さんにお願いしたり

”磨き布”はオリジナルのネル生地を制作するために「某晒染会社」さんにオリジナルレッドに染めて仕上げも光りやすい毛並みにして頂いたり

全てのオリジナル商品に関してこだわって作ってきました。

 

最後に残されたのが”油性ワックス”でした。これに関してはSAPHIRとKIWIで十分じゃん。って思っていました。

SAPHIRからはミラーグロスも販売されて「よしよし、これで乾燥させる手間もなくなる」なんて思って使っていました。今世の中にあるワックスで十分と満足していました。

 

ただ、我らBrift Hが靴磨き職人目線でワックスを作ったらどうだろうかと改めて思い立ち、ワックスを作るなら世界一光るワックスを作ろうと思いお声がけしたのが矢澤株式会社さんです。そうです、靴磨きマニアの間で話題のYAZAWAです。

今回のTHE WAXは矢澤株式会社さん通じて、日本最古の油性靴クリーム工場に製造をお願いしています。

THE WAX BLK

YAZAWAのスタンダード商品をベースに、サンプルを9回作成していただき、とにかくロウ分を高めていった結果固くて伸びないくらいまでいってしまいました”(-“”-)”

そこから逆に希釈していって使い心地良くしっかり光る状態に仕上がった9Aというサンプル番号のプロトタイプが今回のTHE WAXです。

特徴としては蓋を開けた日から速攻で使えます。乾燥させる手間はいりません。

ほかのワックスと比較するとよく分かるのですが革への食いつきが半端ありません。

なので最初にベースの膜を作るのが早く、鏡面磨きの初速が半端なく上がります。効率上がること間違いなしです。

THE WAX BLK KIWI

※KIWIと比べるとロウ分が多いので透明度は低いです。

 

ただし、少し使い心地には慣れが必要です。

なぜならマックスまでロウ分を高めているので、通常のワックスのようにドンドンワックスを乗り重ねていくと逆に表面がべたべた、ボッテリしてきます。

コツは、まず指でベース薄く塗った後に少量を伸ばして塗っていくことです。

 

THE WAX NTR

またもう一つの特徴は、シワ部分などの革が曲がるところに塗布しても比較的割れてきません。

これはワックスの成分であるカルナバロウがかなり上の等級を使っているため革への食いつきがとにかく良く、剥離してきにくいからです。

ぜひご自身の目で、手で試していただけたら幸いです。

THE WAX NTR KIWI

※NATURALもKIWIに比べてロウ分が多いので濃い色です。KIWIが牛乳だとしたらTHE WAXは練乳です。

 

(容器について)

容器はスクリュー缶にしているのは溶剤が揮発しないように。トンボが壊れないように。です。

使い終わったら蓋っとしっかりしめてください。使い切る前に乾燥しきって使えなくなってしまうと残念なので。

 

さて、いまBLACKとNATURALの写真は見て頂いましたがBROWNとBURGUNDYの色には調色もこだわりました。

THE WAX BRW

THE WAX BRW SAPIR

 

まずBROWNですが、SAPHIRのミディアムブラウンに比べて少し濃い&少し赤味があります。

写真ほど実物は赤くないのですが幅広く茶靴に対応できるようにしました。

 

 

 

THE WAX BUGTHE WAX BUG SAP

 

BURGUNDYに関してはホーウィン社のコードバンのバーガンディーカラー(NO8)に合わせて調色をしました。

SAPHIRのマホガニーと比べると少し色が薄く見えますが、それはロウ分が多く有機溶剤が少ない影響です。実際ティッシュなどに取るとTHE WAXの方が少し濃いです。

THE WAX BUG ALDEN

 

ALDENのバーガンディーの靴を一緒に撮影しました。

これであなたのコードバンもすぐに輝くでしょう!!

 

ぜひ皆様、Brift H渾身のワックスをお試しください!

Brift H各店舗とECショップと全国のBrift H商品取り扱い店にて購入可能です。

 

【Brift H商品 正規販売店】

TWTG shoeshine (大阪)

凛靴 (京都)

Y’s shoeshine (静岡)

AZALEA (富山)

岡本屋履物店(山梨)

MÜTTE’ (岡山)

山村製靴店 (大分)

 

 

皆様、どうぞよろしくお願いいたします!!

 

written by 長谷川 長谷川

大会を終えて

日頃よりBrift Hをご利用、応援して頂いているお客様皆様へ

 

ご無沙汰しております。山地です。久々にブログを書かせて頂きます。

先日、日本で第一回目として開催された靴磨き日本選手権大会。Brift H代表として私山地が参戦致しました。

結果から申し上げますと、2位でした。不甲斐ない結果となってしまい大変申し訳ございませんでした。いつも一緒に働いている仲間のため、そして何よりお客様皆様のために絶対優勝すると意気込んでおり、昨年末からかなり追い込んで当日まで仕上げて臨みましたが勝てませんでした。私としては優勝して日本一という売り文句を得て様々な事を考えていたのですが、やはり日本一という肩書には届きませんでした。というか石見さんと杉村さんの磨きが上手すぎました。

恐らく参加された選手皆様が思ったでしょうが、別の環境で磨くことが非常に難しい。僕は入社して以来色々な場所、環境、道具で磨いてきましたが、今回の環境は本当に難しかったです。ただ、様々な想定外の状況に対してうまく適応し、いつも通りのパフォーマンスを発揮できる方が一流なんだということも実感しました。私は想定外の事が多すぎて、対応しきれなかったです。決勝戦ではまともに磨けなかったので、20分のカウントが終わった瞬間「これ負けたな」と心で思ってました。

石見さんと杉村さんの磨きを動画で拝見しまして(今までお二人の磨き方を見たことがありませんでした)、私の焦ってどうしようもなくなった磨き方とは全然違って冷静な雰囲気でしたね。勉強になりました。

 

第一回目の優勝者は石見さんでした。おめでとうございます!

 

 

決勝戦磨き中

優勝トロフィー授与

優勝者 石見さん

今回の大会で、初めて直接お会いする職人の方と交流ができ、不思議な仲間意識が芽生えたような気がしました。全国の方が集結する機会は非常に充実した有意義なものとなりました。皆様ありがとうございました。地方への出張があった際は皆様のお店に伺います。

 

私は大会終わってしばらく魂が抜けた状態でしたが(今も少し放心状態ですが)徐々に傷が癒えてかさぶたが出来始めたくらいです。またこれから自分のことも含めて色々考えなおして仕事に取り組みたいと思います。

お得意様に結果を報告させて頂いた際の、冗談を含んだ慰めのお言葉でかなり救われました。ご対応でも大会でもあと一歩足らない人間ですみませんでした!頑張ります!引き続き宜しくお願い致します!

written by 山地 山地

2017年もありがとうございました。

Category|すべての記事

皆様ごきげんよう、世界ナンバーワン靴磨き職人こと長谷川です。

最近はすっかりブログの更新回数も減ってしまい楽しみにしてくださっている方には本当に申し訳ございません。

そうです、今読んでくださっているあなた様です。いつもご愛読ありがとうございます。

 

さて、月並みの話ですが毎年毎年一年という時間が経つのが早く感じる今日この頃。もう今年も終わりですね。

振り返ってみると1月にトランプ大統領が就任して、フランス大統領選はマクロンが勝利して、金さんはミサイル飛ばしまくり、国内は小池さんが希望の党を立ち上がったと思ったら自爆して安部さん圧勝して。。。。

なんだか世界中に新しいうねりが出てきて危険な香りがしだした一年でしたね。

 

靴磨きの世界も新しいうねりが出てきました。

5月にロンドンで名目上初の靴磨き世界大会が行われ、その他ロシアやスウェーデンなどでも国内大会が催されたりしております。

前回のブログでも書きましたが、ここ日本でも来年1月には初の靴磨き日本選手権大会が三越主催で開催されます。

世界中で靴磨きがちょっとしたブームになり、靴磨き職人という職業も再認識されていると肌で感じます。

 

この流れのきっかけとしては、インスタグラムの影響が大きいと思います。

美しく磨き上げた靴の写真をポストする靴磨き職人や靴磨きLOVERの方々がインスタグラム上でひしめきあっています。これは当店がOPENした10年前では想像もつかない状況です。

一方で、まだまだ靴磨きの事をあまり知らない方も沢山います。

僕もいろいろなところで靴磨きをする機会があるのですが、「靴ってこんなに綺麗になるの?!」「こんなに光るんだ!!」という反応はまだまだ多いです。

そこに僕がやらなければいけないことがまだまだ沢山あるなと感じます。

そのひとつに出版があります。

2016年6月に「靴磨きの本」(亜紀書房)というわかりやすく靴磨きのことをまとめた実用書を出して、靴磨きのことを知らない方にも始めやすいように意識して本を作りました。おかげさまで現在8刷累計3万部売れております。

そして今年9月に「自分が変わる靴磨きの習慣」(ポプラ社)という自己啓発本を出しました。これは僕が今までたくさんの方の靴を磨かせて頂き、靴磨きことで自分がどう変わるか?靴磨きを通して自己管理をはじめる術をまとめました。実用書ではなく、自分を磨きの意識が高い自己啓発本を読まれる方に靴磨きを知っていただきたく書いた本です。

最近貴乃花の息子さんの花田優一さんがご活躍されてますが、どんな方法であれその分野にスターが生まれればその分野が有名になりますよね。靴に興味ない人にも靴職人という職業が広く認識された一年だったのではないでしょうか。

ってなると僕がスターかという話に繋がりそうですが、んなことはなく、僕は本業からぶれないよう意識をしながら地道に革命が起きるように動いてます。戦略的にメディアには出ますけどね(笑)

最近思うのは「継続は力なり」は本当に大切だなと思います。

何かを続ける難しさは誰もが知るところだと思いますが、商売も継続していくことが難しい分、大きな価値があると思います。長く続けるには常に時代の変化やいろいろな変化に対応しながら形を変えていかなければいけません。強いだけでは残れないのはダーウィンの進化論によく例えられますが、靴磨きという商売も同じだと思います。

ほんと店のみんなが地道に頑張ってくれてBrift Hという店が継続できてありがたいと感じます。

来年は真面目に働こうとすでに気合が入ってます。

何年かに一度、まじめに働こうと思う年がくるのですが2018年はそういう年になりそうです。

つらつらと一年を振り返って真面目で退屈な文章を書いていしまいましたが、スタッフのみんな、お客様、お取引様、友人、家族、多くの皆様のおかげでこうしてまた新年を迎えられることに感謝して今年最後のブログを締めたいと思います。

来年も何卒宜しくお願いいたします。皆様よいお年をお迎えください!!!これから大掃除じゃ~!!

written by 長谷川 長谷川

靴磨き日本選手権大会2018 @銀座三越

今日は真面目なお話をいたします。

 

とうとう開催されます。

 

誰が日本で一番靴磨きが上手いのか?

 

そう、それを決める大会。

 

 

日本で初めての靴磨きの大会!!

 

 

靴磨き日本選手権大会2018開催ですっ!!!

 

 

 

そこで予選会をBrift Hで開催します。

 

まずは大会について、大事な内容なのでしっかり書いていきます。

 

【大会名】靴磨き日本選手権大会

【開催場所】 銀座三越5F

【日時】 2018年1月27日(土)大会実施、 1月28日(日)大会上位3名と審査委員特別賞1名の全4名で靴磨きエキシビションの提供(有料)

【運営、協賛企業】三越伊勢丹グループ、コロンブス、R&D、スコッチグレイン

【大会の意義】日本の靴磨き文化の発展と発信

【大会ルール】※2017年12月12日改定(まだ多少の改定もありえます。)

基本的には今年ロンドンで行われた「WORLD CHAMPIONSHIP OF SHOESHINE」を踏襲したルールで開催します。

制限時間20分、出場者全員が同じ両靴(スコッチグレイン社)を同じ道具(コロンブス社、R&D社)を使って靴磨きをしていただきます。磨き布のみご自身の物をご使用可能です。

※靴や道具についての詳細は決まり次第出場者にお伝えします。

評価基準は、磨きあがった靴の美しさの全体感、光沢感、磨いている所作と特別評価の4評価5段階にて審査します。

審査員は各協賛企業の代表者と有識者を含めた6名。

【出場者規定】靴磨きのプロ(プロの定義として、正業にしている方や靴磨きをするような仕事に従事している方。)

【大会の流れ】全12名で本選を行います。準決勝3グループ(4名ずつ)勝ち抜いた3名で決勝を行います。

【出場者の決定方法】今回は混乱を避けるために各協賛企業の推薦者の出場となります。

スコッチグレイン社、コロンブス社、R&D社から各2名ずつ選出。

長谷川の推薦で6名の選出を行います。

【予選申し込み方法】→長谷川推薦者枠のみ開催

以下2日間の日程で直接店舗までお越しいただきすぐに予選を行います。

12月15日(金)9時Brift H青山店にて受付 9時15分から予選スタート

12月20日(水)9時Brift H青山店にて受付 9時15分から予選スタート

予選のルールは当日ご説明します。また事前の申し込みの連絡はいりません。

※靴磨き道具は、布のみご持参下さい。

Brift H青山店で9時に直接でしか受付できませんのでご了承ください。

すべての方の靴磨きを拝見してから後日出場者決定通知を行います。

 

以上が大会ルールとなります。

今回の大会は日本でも初めてという事で、運営をしてくださる三越伊勢丹様と何度も慎重に協議しながら概要を決めていきました。

そこで一番の問題となったのが出場者の選出です。

プロだけでなく靴磨き愛好家の方も含めて行おうかという話も出たのですが、なにせ初めての試みゆえに収集がつかなくなり開催自体が中止になってしまっても本末転倒だということで、今回は各協賛企業の推薦者にて出場者を絞ろうという流れになりました。

ただそれでは日本中にいる靴磨き職人が縁故によって出場できなくなってしまう!ということで、今回出場者半分を独断で予選大会を行わせていただき僕が選出するという方式をとりました。

ちなみに今回の長谷川は、Brift Hの長谷川としてではなく、WORLDCHAMPIONの長谷川として今大会に携わっております。なので大会にも出場しません。

なぜなら僕は日本の靴磨き文化発展のために今大会を発起人として運営したいので、自分が出場するわけにはいかないからです。当日は解説、司会など行います。

 

というわけで、日本中で活躍中の靴磨き職人の方、またはまだ眠れる獅子の方々。

多くの方々が参加して大いにこの記念すべき日本で初の靴磨き大会を盛り上げたいと思っております!

誰にでも日本一になるチャンスはあります!!

初代靴磨き日本大会覇者への第一歩を踏み出してみませんか!!

 

きっと当日の会場は大勢の観覧者で埋め尽くされると思います。

ぜひ自分の雄姿を多くの人に披露していただきたいと思っております。

そしてこの情報を広く関係者の方々へ拡散をお願いいたします!!

 

まずは予選会でお会いできるのを楽しみにしております!!

written by 長谷川 長谷川

新刊「自分が変わる 靴磨きの習慣」ポプラ社

Category|すべての記事

 

 

皆様ごきげんよう。靴磨き界の大谷翔平こと長谷川です。

靴磨きと軽妙なトークという二刀流を武器に靴磨き界を闘ってきましたが、この度とうとうMLS(major league shoeshine)へ移籍が決まりました。

今まで所属していたBrift Hからニューヨークを拠点に活動する靴磨き店Leather Spaに移籍いたします。

移籍金は100億円。これで当分Brift Hの運営も自転車操業から抜け出し安泰になるので今後100年間くらいは無料で靴磨きを提供いたします。

さあ!靴磨きに関心のなかった皆様もぜひBrift Hへ!!!

 

 

 

というわけで冗談は顔だけにして。

 

久しぶりのブログでお伝えしたいのは、この度僕自身2冊目となる本を出版しました。

その名も「自分が変わる靴磨きの習慣」

 

SDIM1703

 

さっとひと拭きから人生が動き出す。

ということで、初の靴磨き系自己啓発本です。

 

 

SDIM1704

 

僕自身が靴磨き職人として生きてきながら多くのお客様と接してきて、靴磨きをすることでどう人生が良くなっていくかを学んだきました。それを今回の本にまとめました。

一番読んで頂きたいのはまだ靴磨きをしてない方。これからしようと考えている方です。

※って、このブログを読んでいらっしゃる方々はかなり靴磨きの意識が高い方々ばかりですよね、すいません。

 

ずっと言ってますが、僕のテーマは生涯「日本の足元に革命を」「世界の足元に革命を」です。

そのために日本国民が世界一足元美しい国民になるためにまだまだ頑張ります!!!

 

その想いもあって、最近いろいろな地域で靴磨きをしています。

お店で靴磨きをしていると日本中からお客様がいらして頂けるので大変ありがたいのですが、僕自身がいろいろな場所へ行くことが多いようで少ないのでこれから増やしていこうと思っております。

先週末は大分へ行ってきました!

SDIM1737

 

大分では「山村製靴店」さんというビスポークシューズのお店で靴磨きをさせていただきました。

生粋の大分生まれ大分育ち、大分で靴作りを学ばれて大分のオシャレな皆様に愛されている靴屋さんです。

 

SDIM1733

 

ラストもたくさん。

オーナーはその名も山村さん。

http://www.yamamuraseikaten.com/

この道11年。とっても楽しい方です。

SDIM1740

 

美しい靴です。ローファーとフルブローグ。

月に3足しか作れないので今現在は2年待ち状態です。

SDIM1743

 

おされなショップカードです。

当日は朝9時~18時まで昼食休憩以外は30分単位でがっつり予約で埋まってまして満員御礼状態で感謝感激でした。

SDIM1739

 

こんな感じで特設カウンターを作っていただきました!

SDIM1746

こちらはお二人目のKoji Yamamura製のサイドエラスティック。

美しいですね~。

SDIM1738

 

当日大活躍だった王蟲。

改めて見ると可愛いですね~(^^)

なぜ王蟲君がいるかは謎ですが(笑)

 

これからも日本中、沢山の皆様の靴を磨かせて頂きたいのでご希望がある地域の方はお声掛けください!

たくさんの方に靴磨きの素晴らしさを伝えるためこれからも頑張ります!

written by 長谷川 長谷川

FROM FIRENZE

Category|イベント・お知らせ

STEFANO BEMER TRUNK SHOW!

ご無沙汰しております。山地です。

先日STEFANO BEMERのアクセサリーのトランクショーを行いました!

DSC_6946

今回いらっしゃって下さったのは職人の井俣さん。そして長身で男前のフィレンツェ人フィリッポさん。

IMG_5145

DSC_6954

そしてなんと今回は!

DSC06929

DSC_6952

DSC_6944

このトランクショーのために井俣さんがレザーブレスレットをデザインして下さいました。付随されているバックルは、ベーメルのモンクストラップで実際に使われているバックルです。若干数お店に売っておりますので気になる方はお早めに!

DSC_6942

DSC_6953

DSC_6951

DSC_6950

DSC_6949

DSC_6941

DSC_6940

DSC_6939

DSC_6938

DSC_6937

DSC_6936

DSC_6935

DSC_6934

DSC_6933

また来年もトランクショーを行う予定なのでお楽しみに!

 来年はもっと早めに告知させて頂きますので宜しくお願い致します!

 

 

written by 山地 山地
1 2 3 61

OWL WISDOM

Brift H