BLOG

2017.07.11 Category|すべての記事

イギリス研修 初日編

こんにちは。 久々にブログを書きます、小林です。

先日は1週間の臨時休業を頂きまして、皆さまにはご迷惑をお掛けいたしました。 休業中何をしていたのだ?と申しますと、靴の知識を深めるべく、全員でイギリスに研修旅行に行ってまいりました。

前回2年前はイタリアに行きましたが、 やはり紳士靴、王道の国といえばイギリス!

今回はイギリス研修、初日の模様をお伝えします。

初日はロンドンから特急電車で約1時間、ノーザンプトンに行ってきました。

メインはEDWARD GREENの工場見学です。
時々お客様にもノーザンプトンのファクトリーで買った靴なんですよ、なんてお聞きしたり 雑誌の「○○の工場見学」特集とか拝見しますが、想像できるようでできない! しかもイギリス紳士靴の王道でトップレベルのブランド。
お高くとまってるのかしらん?と少―し恐々としていました。

が! たぶんBrift Hスタッフ全員、EDWARD GREENファンになりましたよ。
まず着いて早々、ポリッシャーの方のレクチャーの元、全員で靴を磨くことに。 しおりに「実演を見せて頂く」と書いてありましたが、おいおい磨くなんて聞いてないよ、と私だけ慌てます。 磨きセットをしっかり用意してくれていました。

1

なんとまだ24才の若いお姉さんがEDWARD GREEN流靴磨きを実演してくれて、私たちも同じように磨いてみます。

2

一番盛り上がったのは、WAXでポリッシュする時に水ではなくてツバを使う所。 一同驚きつつチャレンジ。 ネル生地も私達とは逆の面を使っていたりで、光るようでなかなか光らない。

3

みんなエキサイトしてました。

 

オフィスにはサンプル?達がずらりで、見たことがないモデルも。
見入ってしまいますね~。

4

 

お次はいよいよ工場見学。

少人数で数組に分けて見学させて頂きました。 感謝です。

 

まずは革をカットする部屋がありました。

5

アッパー周りの女性職人さんたち。
各パーツやその細かい意匠をせっせせっせと作っています。

6

7

8

9

ライニングの小窓に書いてあるサイズ表記などの数字。
どの靴にも丸っこい文字で書いてありますよね。

10

ソール周りは力仕事で、ほぼ男性職人。

11

12

13

14

最後はポリッシャーの皆さん。
真剣な表情ですが、かなり陽気な方たちでした。

15

長くなってしまうので大分はしょりましたが、
工程が進むにつれて「この靴知ってる!」となっていって面白かったです。

そして工場の皆さん、とーってもフレンドリーで素敵な笑顔でした。
工程も一つずつ見せて頂いて、なんですかね、当たり前と言えば当たり前なのですが、

・靴作りの細かい工程、それぞれのパーツ作り。知ってはいたけど本当に細かい。 ・それを真剣に、且つ、見学者の私達にもフレンドリーにオープンに見せてくれながら作業している職人さん。 ・アッパーの細かいディティール(ファジングやメダリオン、鳩目など)やつり込み、けっこうガテン系なソールの工程。 各工程の職人さんの迷いのない手つき。
・1足1足、各工程が人の手で作られていく。

などなど、感動しました。

沢山のモデル、色、サイズ展開。 ちょっと気が遠くなりますが、この職人さん達が作られているんですね。

研修のオープニングにこの工場見学をさせて頂けたのは、超ラッキーでした。 皆んなテンション上がってましたねー。

そしてベルトやお財布などをファクトリーで仕入れてきまして、お店で販売しています。 ベルトはすぐに長さ調節可能、お財布は革が気持ちいい! 全て1点ずつです。

ではでは、次回もイギリス研修話は続きます。
See you next time!

SDIM0728

written by

2016.11.02 Category|ケア用品、販売品など すべての記事

Stefano Bemer 革小物のご紹介

皆さまこんにちは。小林です。

やっと秋らしく大分涼しくなってきましたね。俄然、革靴や革小物も気になる楽しい季節です。

 

ということで本日は、先日のStefano Bemer×Brift Hのイベントでご好評頂いた革小物で、引き続きお店で販売させて頂いているアイテムをご紹介いたします。日本で革小物を販売しているのはBrift Hのみですよ!

 

まずはボウタイ。ブラック、ブラウン、ドット柄で全てカーフですが、1点ずつ質感、色も異なります。

ドット柄は一見かわいく見えますが、渋い色味なので意外にコーディネートしやすいですよ。人と差をつけたい方にお勧め。

※ベルト穴はご購入頂いた方のサイズに合わせて、お開けいたします。

 

・価格 ¥12,830

・素材 カーフ

%ef%bc%91

%e2%98%85

%e2%98%86

 

こちらは二つ折り財布。5色のご用意です。

シューズメーカーらしい財布のデザインで、靴に使うディテールであるブローギングをアクセントにし、革は靴にも使用される上質なカーフで作られています。お札とカード入れだけなので、ジャケットの内ポケットに入れてもスッキリしてかさ張らない絶妙なサイズ。コインはポケットに入れて、イタリア人のようにカジュアルにお洒落に使うのはいかがでしょうか。

 

・価格 ¥33,359

・素材 カーフ

・カラー コニャック、タバコブラウン、ブラウン、ブラック、ホワイト

%ef%bc%92

3

 

今回初お目見え、長財布とカードケース。

どちらも素材は馬の首の革、ホースフロント。首は背中の革よりも首の方がきめ細かく、傷や色抜けも経年変化としてお楽しみ頂ける革です。二つ揃えてお持ち頂くのも、かなり格好いいと思います。

4

 

○長財布

・価格 ¥35,925

・素材 ホースフロント

5

 

カードケース(カードが14枚入る仕様) 

・価格 ¥33,359

・素材 ホースフロント

6

 

最後はキャンドル。

キャンドルの入ったグラスと箱の外側に貼られている革が、一つ一つ違います。香りの種類はさすが、上品なレザーの香りです。

 ・価格 ¥9,590

%ef%bc%97

  

ボウタイは2点あるものもございますが、他のアイテムはほぼ1点ずつのご用意です。革の魔術師の革小物たちは必見です。 ぜひ皆さまのご来店をお待ちしております。

 

 

※大変申し訳ございませんが、WEB SHOPでは現在販売しておりません。 ご来店が難しい方は、お電話やメールでもご注文を承っておりますので、お気軽にお問合せ下さいませ。

written by

2016.08.19 Category|イベント・お知らせ ケア用品、販売品など すべての記事

江戸屋ブラシのお話

こんにちは。小林です。

先日、江戸屋×Brift Hブラシの価格改定についてお知らせさせて頂きました。

その後ブラシについてのお問合せを多数頂いておりまして、改めて、江戸屋さんブラシの人気を実感しております。

 

そこで今回は、江戸屋さんのブラシ製作舞台裏について、ご紹介させて頂きます。

 

 

まずは山羊毛ブラシについて。

山羊毛は、他のブラシに比べると入荷までお時間を頂いております。大変申し訳ございません・・・。

 

他のブラシに比べて製作に時間がかかる、ということもあるのですが、

他の大きな理由としましては、毛を植えている職人さんがたったお一人、ということもあるのです。

そしてその職人さんはスエードブラシも兼任されており、おまけに今年はスエードブラシの注文が非常に増えたそうで。。

 

 

だったらもっと職人さんを増やせばいいのでは!?と思うかもしれませんが、

こちらの職人さん、すごい技術をお持ちなんです。

 

ブラシの毛は毛穴に毛を入れて、それをテグスのような糸で固定しているのですが、

頻繁にガシガシ使っていると、どうしても毛が抜けてくるんですね。

 

そこでBrift Hで作って頂いている山羊毛ブラシは毛が抜けにくくなるよう

職人さんの技を駆使し、工夫して作って下さっています。

 

~工夫~

【その壱】毛穴に接着剤も入れる

【その弐】テグスではなくステンレス製の糸で固定

テグス

↑ 奥が従来の糸、手前がステンレス。

 

これらの工夫でだいぶ毛が固定されますが、

この技が実は非常に難しく、できる職人さんがなかなかいらっしゃらないそうです。

一つ一つの毛穴に接着剤を入れ込む作業は、気が遠くなりますね。。

 

 

いまや鏡面磨きになくてはならない山羊毛ブラシ。

常に完売状態でたくさんのお客様にお待ち頂いておりますが、

実は江戸屋さんの中では、以前はさほど需要のあるブラシではなかったそうです。

 

ですがBrift Hや他の靴磨き屋さんが山羊毛の素晴らしさに気付き、ここ数年でかなりブレイクしました。

例えると、女優の吉田 羊さんや俳優のムロ ツヨシさんような感じですかね。

(ご存知ない方、すみません)

 

 

いやーなかなか大変な山羊毛ブラシですが、持っていると本当に重宝します。

少しブラッシングすると艶が出てくれるので、「あれ?自分、磨きうまいかも」と錯覚させてくれる魔法のブラシです。

入荷にお時間を頂きご迷惑をお掛けしており、大変申し訳ございません。

どうか気長にお待ち頂けますと幸いです。

 

 

そして昨今の馬毛事情。

これまで豚毛と馬毛は同じ価格でしたが、今回の価格改定で馬毛の方が高くなりました。

なんでも、馬毛は楽器、服など様々なモノに使われ出し、以前より手に入りにくくなってきたそうです。

 

 

馬毛

 

 

 

そしてここからは、昨年、江戸屋さんにお伺いした際に教えて頂いた舞台裏についてワンスモア。

改めて読み返すと一つ一つの工程の大変さが伝わってきたので(書いたのは私なので自画自賛みたいになっちゃいますが(汗))

コピペで申し訳ないですが、もう一度ご紹介しちゃいます。

 

↓ ↓ ↓

 

最終検品にすごく時間がかかるんです、とよくお聞きしていたのですが、その秘密がわかりました。

3-300x201[1]

 

こちら、最終検品中です。 特にお客様にも一番人気の山羊毛(ヤギ・仕上げ用)ブラシが一番時間がかかります。

一般的には植毛して毛先を整えて終了のようなのですが、江戸屋さんではこの後更にブラシ自体をブラッシングします。

ブラッシングをすることで、毛に絡まっているゴミや枝毛などの弱い毛を掻き出します。

毛が抜けずに快適に使って頂けるよう、ラストスパートの作業なのです。

4-300x201[1]

 

ブラッシングするとこんな風に弱い毛などがわぁ~と落ちてくるので、 これが出なくなるまで、おっしゃー!!と何度も何度もブラッシングします。

私も少しやらせて頂きましたが簡単そうに見えてこれがなかなか難しく、しかも腕の筋肉を酷使します。

少しでも早くブラシが仕上がるなら何でもやりまっせ!と常々思ってましたが、これはちょっとひよりました・・・。

長年やられているFさんも「頭を真っ白にして集中してやります」だそうです。

 

 

ど根性系作業その2は、持ち手の一つ一つの毛穴に注射器で接着剤を入れていくという、気が遠くなる作業。

これも毛を抜けにくくする為に、また持ち手の木の保護の為に必要な作業なのです。

 

他には、持ち手の木は湿度との戦いだというお話。

最初の段階では、持ち手は植毛される本体と蓋の2パーツに分かれています。

本体と蓋は作業の都合上、一旦離れ離れになるのですが、そうするとその二つの湿度がばらばらになります。

そして蓋はどの本体に付けてもいい訳ではなく、作られた時からこの本体にはこの蓋、というのが決まっていて、

絶対にその組み合わせでないとだめなのです。

 

再び本体と蓋が一緒になって、いざくっ付けるというぞ、となっても、お互いがいい具合の湿度具合になるのを待たなくてはなりません。

更に木も湿気が多いと割れたりしてしまうので、そのタイミングになるのがなかなか難しいそうです。

梅雨の季節は地獄だそうですよ。

 

その他にも細かい作業や微調整などがた~くさんありました。

一つ一つ丁寧に、妥協せず作られているのがよ~くわかって、大変勉強になりました。

 

 

______________________________________________

 

 

再度お読みいただき、ありがとうございます。

 

よい道具で大事な靴を磨くのは、楽しいです!

 

 

 

9/1より価格を改定させて頂きますが、

 

今後も江戸屋さんと共に、より良い商品をご提供できますよう尽力してまいりますので、ご理解、ご協力の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

それでは、ブラシ係 小林でした。

 

※価格改定の詳細につきましては、前回ブログかNEWS&EVENTページよりご確認下さい。

 

written by

2016.08.14 Category|イベント・お知らせ

江戸屋×Brift H ブラシ 価格改定のお知らせ

お客様各位

 

いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。

 

9/1より、江戸屋×Brift H 靴ブラシの価格を改定させて頂くこととなりました。

昨今の原材料価格の高騰や人件費の増大など様々なコストの増加により

江戸屋様が価格の見直しをされ、それに伴い、当店での販売価格も改定させて頂きます。

 

 

下記に改定後の価格をお知らせいたします。

 

【新価格】(税別)

 

・クリーム付けブラシ ¥2,500

・コバブラシ ¥2,400

・スエードブラシ ¥5,600

・馬毛ブラシ ¥10,000

・豚毛ブラシ ¥8,000

・山羊毛ブラシ ¥12,000

 

※当店の山羊毛ブラシは、江戸屋オリジナルブラシの製作工程にひと手間加え、

毛を抜けにくくするよう一つ一つの毛穴に接着剤を流し込む工夫を施しております。

 

※現在在庫のあるのブラシにつきましては、8/31まではこれまでの価格で販売させて頂きます。

※在庫のないブラシをご予約頂く際は、改定後の価格にてご予約を承ります。

 

 

お客様にはご不便をお掛けいたしますが、

今後も江戸屋さんと共にお客様にご満足頂ける商品をお届けできますよう尽力してまいりますので、

ご理解、ご協力の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

Brift H

written by

2016.07.19 Category|すべての記事

デザイン別 靴の磨き方

皆さまこんにちは!
毎日暑いですね。
日々炎天下の中お越し下さる皆さま、特に表参道駅からは大変だと思いますが。。
本当にありがとうございます。
磨かれた後のツヤツヤの靴は、夏の太陽の下ではさらに光ってみえるのでしょうか。
生命力を感じます。

今週は久々に靴磨き屋らしいお話を。
靴のデザイン別で、WAXでの磨き方のコツをお届けします。
色々なデザインがありますが、代表的な5つをピックアップしてみました。
ご自身でも磨かれる皆さま、よろしければご参考にして下さいませ!

まずBrift Hでは、いわゆる鏡面磨き=つま先、かかとを中心にピカピカにする磨き、
で仕上げさせて頂いております。

クリームだけでもしっとりとしたイイ艶は出ますが、その後にWAXを塗ることでさらにツヤを出します。
ツヤ加減はお好みですが、ツヤを出すことでよりその靴の良さを引き立てたり、
ピカピカの靴を履くことで気持ちも盛り上がりますよね。

WAXはつま先、かかとをメインに塗り重ねますが、この2ヵ所だけだとバランスが悪くなります。
なので靴全体にも塗るのですが(←つま先かかと以外にWAXはNGだと思われている方が多いですが、無問題です!)
WAXを厚くする所とそうではない所・・・などが仕上がりのポイントになります。

そしてどんな靴でも、つま先でWAXを厚く塗るのは履き皺の手前までです。
履き皺より上も厚くすると、靴を履いて屈曲するとWAXが割れてしまうためです。

ここまでが全ての靴に共通する事でして、お次にデザイン別ポイントをご紹介します。

●ストレートチップ
靴の王道ですね。
他のデザインに比べて磨く範囲がわかりやすいので、最も磨きやすいデザインです。

ストレートの場合は「キャップ(つま先)を全て光らせる」と思われている方が多いのですが、
キャップの途中に皺があったり、芯がキャップ途中までのものもあるので、上述のように皺手前までを光らせます。

※ちなみに「キャップの内側に皺が入るのですが大丈夫ですか?」というご質問を頂くのですが、問題ありません。
キャップが長いデザインや、足の形の関係性で皺が入るので自然なことです。

キャップがあることで、ツヤを出している所とそうではない所の差がはっきりするので、
特に黒の場合はつま先だけエナメルのよう。。と、ほ~っとなります。

 

↓クリームのみの状態

1

 

↓WAXオン! つま先がエナメルのようです

2

 

●プレーントゥ

ストレートチップと違い境目がないので、レベル高しです。
当店職人も、最初は苦労率高しの靴です。

 

お先にビフォア&アフター。

↓クリームのみ。

IMG_3868

 

↓WAXオン!

IMG_3877

 

ポイントとしては、つま先の皺を境目にWAXの濃淡のグラデーションをかけます。
WAXを塗る際の微妙な指の力の入れ方、グラデーションのセンスなどが、肝になってきます。

全ての靴に甲部分もWAXOKとお伝えしましたが、プレーントゥの場合は特にこれを意識します。
繰り返しになりますが、部分的にWAXをのせても全体にまとまりが出ないので、
甲にもWAXをのせてつま先とツヤを繋げる、というのが大事なんです。

IMG_3878

なんだかやたら難しそうに聞こえてしまうかもしれませんが、
プレーンな分、自由度も高く、靴全体に一体感が出せた時は、よっしゃー!です。
ぜひ楽しんで磨いてみてください。

 

●メダリオン系

セミブローグ、フルブローグ、つま先メダリオンなどなど。
華やかな靴たちです。

 

↓まずはクリームのみ。

IMG_3869

WAXオン!

IMG_3880

 

メダリオンの靴の一番の注意点は、水の量です。
穴の断面から水が染み込みやすいので、他のデザインよりは少なめ、を意識します。
水が染み込むとWAXがのらなくなってしまいます。

もし水多すぎた、となったら、
豚毛ブラシなどで一度軽くブラッシングしてWAXを散らして(WAXをどかします)
30分~1時間ほど置いて乾かします。

そしてWAXを塗る順番も、
メダリオンのないサイドを先に→その後メダリオン部分へ、がよいです。

メダリオンの中にWAXが入った場合は、こうしてみて下さい。
(磨き中)→豚毛ブラシやコバブラシ(隠れた名品だと思います)でで上からポンポン叩いて掻き出す
(後で気付いた場合)→爪楊枝などで取る

こんな感じで。

IMG_3875

 

メダリオン系は平らな面が少ないので、光らせにくいのです。
ですがしっかり光らせると、メダリオンとその他の部分のコントラストが際立ちますよ。
メダリオン万歳!

IMG_3881

 

●Uチップ

カジュアルめな靴ですね。

 

↓クリームのみ

1

↓WAXのせました

IMG_3884

 

U字内側のつま先~甲部分よりも、靴のサイド、U字の形を特に光らせます。
理由は、U字内側は皺の面積が狭いので、光らせ過ぎると逆に格好悪くなるのです。

IMG_3885

 

U字側面がメインなので、
他の靴のようにWAXを小さくクルクルと動かすのではなく、横方向の動きがメインになります。

IMG_3883

矢印、見えますでしょうか。

 

●最後はローファー
Uチップ同様、カジュアルめな靴ですね。

↓クリームのみ

IMG_3858

↓WAXのせました

IMG_3882

ローファーはつま先に芯が入っていない靴が多いです。
芯があばしっかり光らせられますが、ない場合はWAXがのせづらいので、ツヤ控えめのしっとりした仕上げになります。
磨く前につま先を確かめてみましょう。

ただ芯がなくてもつま先の断面にある程度高さがあれば、 Uチップと同じ要領で磨きやすいです。

Uチップ同様、U字の内側にはあまりワックスはのせません。

これは私が磨いた失敗作。。内側に広範囲で光らせすぎました。

IMG_3861

皺の部分まで光ると皺が目立ってしまい、汚く見えてしまいます。

※皆さまの靴は私は決して磨きませんので、ご安心下さい。

 

Uチップやローファーはカジュアルな靴ですが、あえてツヤを出す面白さがありますね~。

 

以上、5タイプでした。

 

 

これも全ての靴に言えることですが、

最初の内はとにかく光らせることが一番になって

例えばつま先だけなど1ヵ所にWAXをのせがちだったり、

 

逆にどこもかしこも光らせようとしてしまいがちですが、

(楽しくなっちゃうんですよね)

ツヤのコントラストを作るからこそよりツヤが引き立ちますね。

 

いずれも全体を磨きながら、定期的に全体のバランスを確認しながら磨くのが大事なポイントです。

 

 

ではでは今週はこの辺で。

熱いお茶をがぶ飲みしながら仕事に励んでいる小林でしたー。

 

 

 

written by

2016.04.30 Category|すべての記事

ゴールデンウィーク中の営業について

お客様各位

いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
ゴールデンウィーク中の営業について、お知らせいたします。

■青山本店
ゴールデンウィーク中(4/29~5/9)も、毎週火曜日の定休日以外は通常通り営業いたします。
5/3(火)のみ、お休みを頂きます。

営業時間:12~20時
(店内カウンター磨きラストオーダー:18時30分)

■THE BAR by Brift H
ゴールデンウィーク中(4/29~5/9)も休業なく、通常営業いたします。

営業時間:12~20時
(店内カウンター磨きラストオーダー:19時)

尚、現在非常に多くのご依頼を頂いております為、通常よりも納期を長く頂いております。
お客様にはご不便、ご迷惑をお掛けいたしますが、 何卒、ご理解ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

written by

PAGE TOP