BLOG

2017.08.27 Category|すべての記事

イギリス研修 ~イギリス雑感~

お久しぶりです。ボーラーハットがBrift Hイチに合う男、北見です。

イギリス研修からもうすでに二か月程経ってしまいましたが、まだまだこのネタで引っ張ります。

日々毎の内容についてはもう既に皆が書いてくれたので、イギリス研修の雑感を徒然に書いていこうと思います。

 

1、トランジットありのフライトには要注意

イギリスに到着した途端、最大にして最強のトラブルに遭いました。

なんと自分のスーツケースが出てこない。

ベルトコンベアーの上には見当たらず、もう既に到着したスーツケースは全てベルトコンベアーの上を流れている…

ベルコンの周りを3周くらい確認しながら回りましたが、自分のスーツケースはどこにもありません…

これが所謂ロストバッゲージか…

取り敢えず窓口に行って預けた荷物の№を伝えると、まだ北京にあるとのこと。

今回のロンドン行は羽田-北京―ヒースローと北京経由で向かったのでした。

スーツケースは明日以降、宿泊している宿に届けられるとのことでしたが、着替えも何もありません。

仕方なくロンドン地下鉄の路線図のTシャツと英国国旗のパンツを土産屋で購入。いきなり変なお土産を自分に向けて購入と相成りました。

ネタが出来た!!と心のどこかで喜びつつ、皆のスーツケースが揃っている中、自分一人でぽつねんとスーツケースを探2しているのはちょこっと悲しいものでした。

今後は手荷物の中に一日分の着替えは入れておこうかなと。

f7d917d4ba63d7b7ac9b4fd96b1fe837

 

2.ノーザンプトンに行くには下調べが重要

靴好kいとして、イギリスに行くならば勿論行きたいノーザンプトンのファクトリーアウトレット。

ロブ、グリーン、チャーチにトリッカーズ。今更いう必要はないですが、英国ブランドの名立たるファクトリーが集まった町、ノーザンプトンはロンドンから電車で一時間~一時間半位程、北にあります。

ロンドンのユーストンという駅からノーザンプトンへ向かうのですが、この電車のチケットには早割があります。

当日にチケットを買うことも勿論できますが、早割だと全然安い。ちょこっと安いではなく、全然安いです。

また出発時間によっても値段が全然違います。航空機のチケットとほぼ同じ感覚ですね。

更にファクトリーアウトレットはブランドによって土日はお休みだったり、金土しか開いていなかったりとまちまちです。

様々なファクトリー間も歩いては行けない距離ではないけれど、徒歩30分とか掛かります。

営業時間も大体が9時~5時とオープンもクローズも早いです。

なのでノーザンプトンに行くには下調べをしっかりと行い、安く確実に行けるようにするのがベストです。

勿論、移動はタクシー一択。

ロブやグリーンの高級靴の紙袋を持って歩いても、ひったくりにあうような怖さは全くない街(現地の人に道を聞いた際には、ブランドの紙袋を見て、「良い靴かったね」ってサムアップされるくらいフレンドリーでした)ですが、移動時間を考えるとタクシーが良いです。

DSC_7193

 

3.ポケットwifiはあると便利

というか、無いと不便極まりないです。自分は現地のNTTにあたるBTという電話網のwifiを登録して使ってみたのですが、設定のせいなのか自分の回るエリアのせいなのか全然wifiポイントに出会えず、一週間で三千円も支払ったのに全くの無駄でした。ホテルのwifiも無料ではなく24時間で5ポンド。これも一度使いましたが、実際にwifiを使いたいのは街中での移動時なのであまり役に立たず(ってか24時間、宿にこもるわけないのに何で支払った…)。

移動時にグーグルマップを見たりして調べることを考えると、ポケットwifiは持っていけばよかったなぁと思います。

DSC_0070

 

4.イギリスの食事は美味い

イギリスの食事と言えば「不味い」が定説となっていますが、今回の研修では現地に留学中のお客様にアテンドして頂いたお蔭で美味しい食事にありつけました。

但し、どこも量は多いです。すごく多いです、美味しかったので全て食べつくしましたが。

行ったお店は美味しかったので以下に紹介します。

○「WINDMILL MAYFAIR」サビルロウからすぐ近く。ってことはジャーミンストリートからも勿論近いですね。シチューとポットパイの店です。ここはホントに美味しいです。付け合わせのマッシュポテトwithグレイビーソースも最高。ケーキは非常に甘めです。いつも混んでいるようなので予約がお勧め。

The Windmill - Mayfair, London W1.

 

○「Poppies」Old Spitalfields Marketの近くにあります。フィッシュ&チップスのお店。フロアマネージャーが余りにも気さくなのでいきなり打ち解けます。美味しい上に面白いです。マネージャーと仲良くなって、何故か途中で僕らのテーブルに60才過ぎのオーナーが同席して更に盛り上がりました。フィッシュはとても大きいです。自分はラージサイズを食べましたが、普通の人ならミディアムサイズで十分かもしれません。

f6ef6cb17b692a50a777fbc468eb9b4553a4b469_p

 

○「WHITE ELEPHANT」ノーザンプトンでたまたま入ったパブ。ジョンロブのファクトリーアウトレットの近くです。ここのマッシュポテトwithグレイビーソースもとても美味しかったです。店内も靴作りの町のパブらしく、昔の靴作りの写真があちこちに飾ってあって素敵でした。ノーザンプトンに行く際は是非。

white-elephant

 

駅のカフェにあるサンドイッチなども多少パンがパサついてるかな?くらいで、日本のコンビニのサンドイッチと大差はないと思います。

自分にはイギリスの食事はとても合いました。

 

また長々と書いてしまいました。今回の研修ではエドワードグリーンでの工場見学やフォスター&サンでの靴磨きなどの仕事上での経験、自分の趣味のヴィンテージ物の買い物など、とても素敵な時間を過ごすことが出来ました(反比例で財布がとても軽くなりましたが…)。

ロンドンは何度も訪れたい街ですね。

 

written by

2017.07.30 Category|すべての記事

イギリス研修 Trunk Show at “THE VINTAGE SHOWROOM”

みなさまこんにちは。

そしてお久しぶりです、こたにです。

 

今回はイギリス研修3日目の内容をお伝えします。

 

初日、2日目と見識を深める日が続きましたが、

3日目は我々の実力を紳士の国イギリスで披露する日でした。

その名も”Trunk Show at THE VINTAGE SHOWROOM”!

世界中のヴィンテージファンの中でも絶大な人気を誇るヴィンテージショップ”THE VINTAGE SHOWROOM”の皆様にご協力をいただきました。

DSC_7429

www.thevintageshowroom.com

 

イベント内容は、お客様の靴のカウンター磨き「1足につき10ポンド」という内容です。

(普段の4000円のカウンター磨きを考えると少々出血サービスでしたね笑)

THE VINTAGE SHOWROOM(以下TVS)の方が今回のイベント用に磨きカウンターをセットしてくださいました。

DSC_7408

 

イベント中は時間帯を3つに分け職人が入れ替わりながら11:00~17:00まで行われました。

と、まぁ、イベントの様子は僕がお話しするより写真で御覧いただくのが一番だと思うので以下に写真をズラっと。

DSC_7440 DSC_7447 DSC_7456 DSC_7481 DSC_7499 DSC_7511 DSC_7521 DSC_7563 DSC_7608 DSC_7620 DSC_7636DSC_7638 DSC_7654 DSC_7660 DSC_7671 DSC_7683 DSC_7710 DSC_7732 DSC_7748 DSC_7754 DSC_7758 DSC_7769 DSC_7771 DSC_7773

DSC_7777

最後に集合写真をパシャリ。

と、いった様子でございました!

 

正直、異国の地で自分達が「靴磨きをしますー!」と言ってどれくらい来客があるか全く想像ができなかったので少々不安がありましたが、

天気にも恵まれ、日本人のお客様にも来ていただき、何よりTVSの方々が顧客様やご友人にお声がけをしていただいてとても盛り上がるイベントになりました!

 

イベントの後はパブで打ち上げをしみんなでビールをカンパーイ!

DSC_7789 DSC_7801DSC_7787

ロンドンでは(?)夕方になるとものすごい人数がパブに挙ってワイワイお酒を飲み始めるんですねー。

毎日が「花金」のようでした。サイコーデスネ!

 

そしてイベントはまだ終わってはいません。

実は、当イベントにはもう一つ身内だけの重要な内容がありました。

というのも、その日の晩御飯はイベントの売り上げでいただくというものです。

(※イベントの売り上げはBrift HとTVSで仲良く半分こしています。)

つまり、場合によってはその日の晩御飯はスーパーのサンドイッチのみという可能性もあったので、なかなかシビアでした笑

 

そして気になる売り上げは、70ポンド!

70ポンド÷9人=一人7.77777778ポンド!

というわけでみんなでピカデリー付近のチャイナタウンへレッツゴーしました。

(ちなみに入ったお店は対応が悪いで有名なお店だったらしく、たしかに「Excuse me!」と声をかけて思いっきり無視されたのは初めてでした笑)

 

そんな中、みんな真剣にメニューを見ながら予算オーバーしないように料理を選んでいます。

DSC_7804 DSC_7805 DSC_7806

iPhoneの電卓で足し算しながら一人一品+アラカルト2皿で69.80ポンド。ここでSTOP!

19534060_326433781123619_1811972459377721344_n

自分たちの頑張りで食べるご飯はとても美味しかったです(モノによるらしいですが)。

 

というわけで、3日目もなかなか内容の濃い一日になりました。

 

 イベントに足を運んでいただいた皆様、ありがとうございました!

そして、ご協力いただいた”THE VINTAGE SHOWROOM”のロイさん、サイモンさん、パトリックさんありがとうございました!

DSC_7781

 

足元シャッキーン。

DSC_7797

written by

2017.04.22 Category|すべての記事

WAXとシワについて

お久しぶりです。北見です。

まずはお知らせから。

ゴールデンウィーク中もBrift Hは通常通り営業しております。

5/2 火曜日は平日なので通常通りの定休日。それ以外は12時~20時で営業しております。

皆様のお越しをお待ちしております。

 

閑話休題。

WAXについてとタイトルに書きましたが、うちで磨かせて頂いた方は「芯が柔らかいのでしっとり目に仕上げます」ですとか「WAXはつま先と踵にしっかりのせて鏡面にし、甲やサイドのシワの入るところは軽くのせます」といった台詞を聞いたことがあると思います。

実際、WAXは伸び縮みをしないので曲がるところに厚塗りすると割れてしまうのですが、それはホントのところどうなのよ?という疑問にお答えすべく、実験をしてみました。という事で久々の実験シリーズです。

 

靴をぐりぐりこね回してヒビを入れるのも心苦しいので、サンプルの革をポリッシュして、その後、曲げてどうなるのか確認。

まずは乳化性のクリームを入れた状態です。ここから磨きをかけていきます。

IMG_0117

 

さぁ、ポリッシュ完了。左から通常のポリッシュ、真ん中がしっとり目のポリッシュ、右は乳化性を入れたままの状態です。ポリッシュした所はコーティングしたみたいなツヤになりました。

IMG_0120

それを曲げてからぐりぐり動かします。

IMG_0131

 

広げてみたところ。

しっかりとポリッシュした所が逆にツヤがなくなって見えます。

IMG_0132

分かりづらいので拡大してみました。

乳化性のみのところはほとんど変わりありません。

IMG_0133

しっとり目ところも綺麗ですね。

IMG_0134

さて問題のしっかりとポリッシュした所。

細かなヒビとまるで革自体が割れているかのようなヒビが…

(実際に革が割れている訳ではありません)

IMG_0135

やはり革が曲がるところをWAXで磨き込むのはあまり美しくなりませんね。

逆にしっとり目位の仕上げですと革が曲がってもツヤ感がほとんど変わらず、綺麗さを保っています。

やはり芯のあるところは鏡面で仕上げ、芯の無い所はしっとり目で仕上げることが後々の美しさにつながりますね。

 

という事は「芯のあるところをピカピカにすればOK」って訳ですが、それだけでは100%正解とは言えないのが靴磨きの面白い所。

次は実際の靴をサンプルに、ここに気を付けるとより素敵な仕上がりになるよという説明です。

ストレートチップやパンチドキャップトゥはつま先と甲の革が違うので、ポリッシュする範囲も自ずとわかり易いですよね。

ですが、プレーントゥの磨く範囲は?つま先から甲まで一枚の革が続いているので明確なラインがない。

曲がるところにWAXをのせると先程の実験のようにきれいさを保てないので、先芯の入っている所迄 ≒ シワのあるところまで、です。

プレーントゥの場合だけでなく、ストレートチップ等の場合もキャップトゥに皺が入ることがあるので、WAXを載せる場所はシワのあるところまでと思って頂くのが良いですね。

さて、ここでサンプルの靴の写真。ぱっと見、左右ともに綺麗に磨きあがってます。

IMG_0121

ですが実は磨く範囲というか磨き方というか、左右で変化を付けてます。

右足(向かって左側)はシワの直前まで全てしっかりとWAXをのせて磨きました。

左足(向かって右側)は甲のツヤへ輝きが繋がる様に輝きにグラデーションをつけています。

正面から見てみると…

IMG_0122

写真だと分かりにくいですかね。。。?

最初のシワの前後を見て頂くと左側の方がコントラストが激しいことがわかるかと思います。

右側の方がつま先から甲へのツヤ感を繋がる様にする為、あえて先芯の甲側のWAXを控えめにしてあります。

輝かせることも楽しいですが、より綺麗に仕上げるにはどうしたら良いか?靴がより魅力的に見えるにはどうしたら良いか?を考えて磨くと、仕上がった時により楽しくなりますね。

 

written by

2017.01.19 Category|すべての記事

“Premium Shoes Lounge”

こんにちは。

いつもBrift Hをご利用いただきありがとうございます。こたにです。

 

小腹が空くといつも休憩時間にチョコチップパンを食べるのですが

ふと口に入れようとするとこんなものが混じっていました。

IMG_0568

『ぐでたま』みたいですね。思いっきり顔から食べました。

 

 

さてはて、本日より今年一発目のイベントがスタートしました。

その名も、”Premium Shoes Lounge”ですっ!

今回はお客様からの委託販売という新しい形で靴の販売をしております。

内容は前回の記事にてご確認ください。

 

そして注目すべきはそのタイトルにもある”Premium”というワード。

当イベントでは、中々手に入らないPremiumな靴が目白押しなのです!

IMG_0736

こんな感じでPremiumな靴達が皆様をお出迎えしています。

 

ということで、今回は何足かをサクッとご紹介します。

バンッ!

IMG_0740

左から…Alden/プレーントゥ、J.M.WESTON/デッキシューズ、Hall & Marks/ボタンナップ(サイドエラ)、Edward Green/スエードチャッカ

バババンッ!

IMG_0745

左から…John Lobb/”William”、Berluti/”PLAYTIME”、Berluti/”Andy”

こんな可愛らしい子や、

IMG_0742

Silvano Lattanzi/サンダル

当イベント大目玉のじぇ!じぇ!じぇ!な子たちもいます!

IMG_0744

左から…Saint Crispin’s/ローファー(ロシアンカーフ)、Berluti/”Ultima”(クロコダイル)←ヤバい。

 

と、いう感じであくまでもサクッとのご紹介ですが、このようなVery Premiumな良靴が勢ぞろいしています。

詳しくは店頭にGOです。早い者勝ちですので気になる靴がある方はお早目に!

また、委託のご依頼もお待ちしおります!ご自宅に眠っている靴がありましたら、是非とも当イベントをご利用ください!

 

それでは皆様のご来店をお待ちしております!

胃下垂のこたにでした!

written by

2016.11.25 Category|すべての記事

ロングホーズ入りました

お久しぶりです。忙しさにかまけてブログ更新を怠ってしまった北見です。

最近、神奈川の田舎から都会の世田谷に引っ越してきました。

通勤時間が1時間半から30分になって朝も夜もとっても楽になりました。

ただ、自転車通勤になったので行きも帰りも渋谷のアップダウンが辛い…

寒さに負けずに毎日爆走中です。

img_2442

 

そんなプライベートな話題はさておき、先週から微妙にお店の棚に新たな仲間が増えております。

日ごろあまり変わりのない棚ですが、冬の到来と共にカラフルさが増しました。

そんな新しい仲間とは…

dsc_0635

「ADRIAN」のロングホーズです!!

ADRIAN自体は夏にもシューズインソクッスを販売をしていたのですが、ロングホーズは今回初です。

5色展開をしているのですが、全てBrift H別注!!!

ロングホーズは割と地味なものが多いのですが、さすが南イタリアのファクトリー、カラフルな展開にも対応してくれます。

カラフルといってもそこまで派手ではありません(赤はちょっと派手ですが)。

ということで、各色を見て頂こうと思います。

dsc_0639

ブラック×グレー

 

dsc_0638

ネイビー×イエロー

dsc_0640

ブラウン×オレンジ

dsc_0637

バーガンディ×ネイビー

dsc_0636

レッド×グリーン

 

お値段は一足¥2700です。

つま先とかかとの色を変えてちょっとしたアクセントになっています。

そして1990年創業靴下専業メーカーADRIANの技のすごいところが色の切り替えの部分に縫い目がないっ。途中で色が変わるからと言って履き心地に違和感はありません。

サイズ展開は1と2のツーサイズ。ちなみに割と大き目な作りで1はUK7~、2はUK10~となっています。UK5、6ぐらいの方にとっては1だとぶかぶかになってしまいます。申し訳ない…。でもサイズ0って作ってないんですよね。イタリア人って足の大きい人ばっかりでしたっけ?

足の大きい人にとっては朗報です(特に自分)。UK10ぐらいになるとまずロングホーズがないんですよね。さらにお洒落なものとなると壊滅的。ですが、これで足元の心配はなくなりました。

リブも長くとってあるのでずり下がる心配もないですし、脛まで包まれる安心感はあれど締め付けられる感覚はありません。

コットン100%で薄手なつくりですが、昨日のような雪の日でも脛が包まれていると寒さの感じがかなり緩和されます。

実際に履いて使って洗ってみたのですが、コットン100%ですがあまり縮まない様子。これからのシーズンに大活躍です。

全色揃えて一週間、毎日色違いで履くのもよし、気に入った色を忘年会のような靴を脱ぐようなシーンで使うもよし、プレゼントにも良いと思います。

プレゼントといえば、「Stefano Bemer」のキャンドルやボウタイ(ベーメルではパピヨンと呼んでいます)もありますよ。こちらもまだ国内ではBrift Hでしか扱っていないと思います。

dsc_0646

dsc_0649

 

ここで年末年始の営業のお知らせを。

年内は28日(水曜日)まで営業です。それに伴って27日(火曜日)も通常営業致します。

年始は6日(金曜日)からの営業となっております。

修理などは2~3週間程お時間を頂く場合が多いので、年内中に靴を綺麗になさりたい方は早めにお持ち下さい。ご来店、お待ちしてしております。

 

Brift H 北見

written by

2016.09.17 Category|すべての記事

“TOKYO MEN’S FES 2016″

皆様こんにちは。

 

カープ、セ・リーグ制覇で大喜びのこたにです。

 

先日10日、地元の広島東洋カープが25年振り、7度目のセ・リーグ制覇を果たし未だに余韻に浸っております。

 

あんなに東京ドームが赤く染まったのは初めてでしたね。

 

それに勝利が決まった後の黒田と新井の男泣きで抱き合ったシーンは本当にグッときました。

ちなみにこのシーン。

image(9/11発行のスポニチより)

 

いやー、何度思い返しても実に感慨深いものです。

 

 

おっと失礼、本題に入ります。

 

今回はイベントの告知です。

 

その名も“TOKYO MEN’S FES 2016″!!

 

 

9/20(Tue)~9/25(Sun)までの6日間、伊勢丹新宿店本館6階・7階にて男っ気ムンムンのイベントが開催されます。

公式HPはこちら↓

http://www.isetanguide.com/20160920/men-fes/item.html

 

「男である100の幸福。」と、タイトルから男っ気がムンムンですね。

 

 

「男の幸福」をかき集めたイベントで、男である以上行かない理由がないといっても過言ではない程、男の嗜みが凝縮されたイベントとなっております。

 

 

本館6階では日替わりで職人が変わる靴磨きのコーナーが併設されます。

 

 

「何かに注いだ愛情は、これからも裏切らない、という幸福。」

いいですねぇ~。

 

9/20(Tue)はマエストロの松室真一郎氏

9/24(Sat)はホテルオークラの井上源太郎氏

と、とても豪華なゲストがお迎えです。

 

そして!

 

9/25(Sun)ではBrift H代表の長谷川が登場します!

 

 

本館6階催物場にて、Brift Hのカウンター靴磨き(The Brift)を提供させて頂きます(¥4,000+Tax)。

いつものお店とは違う雰囲気の中での靴磨きをご堪能ください。

 

 

また、それと同時に、Brift Hのオリジナルケア用品も販売いたします。

 

オリジナルシリーズの”The CREAM”,”The CLEANER”,”The SOLE OIL”等々、自慢のケア用品が伊勢丹新宿店でゲットできます。

ケア用品をお探しの方はMen’s館B1階の前に本館6階へお越しください。

 

 

と、いったところで。

 

Brift Hの出張靴磨きはもちろんですが、イベントそのものが内容盛り沢山で皆様のご期待に添えられること間違いなしのイベントですので

お近くに寄られた際は是非ともお越しください!

 

長谷川のインタビューもこちらに。

http://www.isetanguide.com/20160920/men-fes/mens/21.html

 

※イベントでは靴磨き(The Brift)のみのサービスとなります。

靴のお預かりは承れませんので、よろしくお願いいたします。

 

 

 

それでは、毎朝の目覚ましアラームが「それ行けカープ」のこたにがお送りしました。

 

 

 

P.S.

下に出る「written by 北見」は華麗にスルーしてください。

written by

PAGE TOP