BLOG

2017.04.22 Category|すべての記事

WAXとシワについて

お久しぶりです。北見です。

まずはお知らせから。

ゴールデンウィーク中もBrift Hは通常通り営業しております。

5/2 火曜日は平日なので通常通りの定休日。それ以外は12時~20時で営業しております。

皆様のお越しをお待ちしております。

 

閑話休題。

WAXについてとタイトルに書きましたが、うちで磨かせて頂いた方は「芯が柔らかいのでしっとり目に仕上げます」ですとか「WAXはつま先と踵にしっかりのせて鏡面にし、甲やサイドのシワの入るところは軽くのせます」といった台詞を聞いたことがあると思います。

実際、WAXは伸び縮みをしないので曲がるところに厚塗りすると割れてしまうのですが、それはホントのところどうなのよ?という疑問にお答えすべく、実験をしてみました。という事で久々の実験シリーズです。

 

靴をぐりぐりこね回してヒビを入れるのも心苦しいので、サンプルの革をポリッシュして、その後、曲げてどうなるのか確認。

まずは乳化性のクリームを入れた状態です。ここから磨きをかけていきます。

IMG_0117

 

さぁ、ポリッシュ完了。左から通常のポリッシュ、真ん中がしっとり目のポリッシュ、右は乳化性を入れたままの状態です。ポリッシュした所はコーティングしたみたいなツヤになりました。

IMG_0120

それを曲げてからぐりぐり動かします。

IMG_0131

 

広げてみたところ。

しっかりとポリッシュした所が逆にツヤがなくなって見えます。

IMG_0132

分かりづらいので拡大してみました。

乳化性のみのところはほとんど変わりありません。

IMG_0133

しっとり目ところも綺麗ですね。

IMG_0134

さて問題のしっかりとポリッシュした所。

細かなヒビとまるで革自体が割れているかのようなヒビが…

(実際に革が割れている訳ではありません)

IMG_0135

やはり革が曲がるところをWAXで磨き込むのはあまり美しくなりませんね。

逆にしっとり目位の仕上げですと革が曲がってもツヤ感がほとんど変わらず、綺麗さを保っています。

やはり芯のあるところは鏡面で仕上げ、芯の無い所はしっとり目で仕上げることが後々の美しさにつながりますね。

 

という事は「芯のあるところをピカピカにすればOK」って訳ですが、それだけでは100%正解とは言えないのが靴磨きの面白い所。

次は実際の靴をサンプルに、ここに気を付けるとより素敵な仕上がりになるよという説明です。

ストレートチップやパンチドキャップトゥはつま先と甲の革が違うので、ポリッシュする範囲も自ずとわかり易いですよね。

ですが、プレーントゥの磨く範囲は?つま先から甲まで一枚の革が続いているので明確なラインがない。

曲がるところにWAXをのせると先程の実験のようにきれいさを保てないので、先芯の入っている所迄 ≒ シワのあるところまで、です。

プレーントゥの場合だけでなく、ストレートチップ等の場合もキャップトゥに皺が入ることがあるので、WAXを載せる場所はシワのあるところまでと思って頂くのが良いですね。

さて、ここでサンプルの靴の写真。ぱっと見、左右ともに綺麗に磨きあがってます。

IMG_0121

ですが実は磨く範囲というか磨き方というか、左右で変化を付けてます。

右足(向かって左側)はシワの直前まで全てしっかりとWAXをのせて磨きました。

左足(向かって右側)は甲のツヤへ輝きが繋がる様に輝きにグラデーションをつけています。

正面から見てみると…

IMG_0122

写真だと分かりにくいですかね。。。?

最初のシワの前後を見て頂くと左側の方がコントラストが激しいことがわかるかと思います。

右側の方がつま先から甲へのツヤ感を繋がる様にする為、あえて先芯の甲側のWAXを控えめにしてあります。

輝かせることも楽しいですが、より綺麗に仕上げるにはどうしたら良いか?靴がより魅力的に見えるにはどうしたら良いか?を考えて磨くと、仕上がった時により楽しくなりますね。

 

written by

2017.01.19 Category|すべての記事

“Premium Shoes Lounge”

こんにちは。

いつもBrift Hをご利用いただきありがとうございます。こたにです。

 

小腹が空くといつも休憩時間にチョコチップパンを食べるのですが

ふと口に入れようとするとこんなものが混じっていました。

IMG_0568

『ぐでたま』みたいですね。思いっきり顔から食べました。

 

 

さてはて、本日より今年一発目のイベントがスタートしました。

その名も、”Premium Shoes Lounge”ですっ!

今回はお客様からの委託販売という新しい形で靴の販売をしております。

内容は前回の記事にてご確認ください。

 

そして注目すべきはそのタイトルにもある”Premium”というワード。

当イベントでは、中々手に入らないPremiumな靴が目白押しなのです!

IMG_0736

こんな感じでPremiumな靴達が皆様をお出迎えしています。

 

ということで、今回は何足かをサクッとご紹介します。

バンッ!

IMG_0740

左から…Alden/プレーントゥ、J.M.WESTON/デッキシューズ、Hall & Marks/ボタンナップ(サイドエラ)、Edward Green/スエードチャッカ

バババンッ!

IMG_0745

左から…John Lobb/”William”、Berluti/”PLAYTIME”、Berluti/”Andy”

こんな可愛らしい子や、

IMG_0742

Silvano Lattanzi/サンダル

当イベント大目玉のじぇ!じぇ!じぇ!な子たちもいます!

IMG_0744

左から…Saint Crispin’s/ローファー(ロシアンカーフ)、Berluti/”Ultima”(クロコダイル)←ヤバい。

 

と、いう感じであくまでもサクッとのご紹介ですが、このようなVery Premiumな良靴が勢ぞろいしています。

詳しくは店頭にGOです。早い者勝ちですので気になる靴がある方はお早目に!

また、委託のご依頼もお待ちしおります!ご自宅に眠っている靴がありましたら、是非とも当イベントをご利用ください!

 

それでは皆様のご来店をお待ちしております!

胃下垂のこたにでした!

written by

2016.11.25 Category|すべての記事

ロングホーズ入りました

お久しぶりです。忙しさにかまけてブログ更新を怠ってしまった北見です。

最近、神奈川の田舎から都会の世田谷に引っ越してきました。

通勤時間が1時間半から30分になって朝も夜もとっても楽になりました。

ただ、自転車通勤になったので行きも帰りも渋谷のアップダウンが辛い…

寒さに負けずに毎日爆走中です。

img_2442

 

そんなプライベートな話題はさておき、先週から微妙にお店の棚に新たな仲間が増えております。

日ごろあまり変わりのない棚ですが、冬の到来と共にカラフルさが増しました。

そんな新しい仲間とは…

dsc_0635

「ADRIAN」のロングホーズです!!

ADRIAN自体は夏にもシューズインソクッスを販売をしていたのですが、ロングホーズは今回初です。

5色展開をしているのですが、全てBrift H別注!!!

ロングホーズは割と地味なものが多いのですが、さすが南イタリアのファクトリー、カラフルな展開にも対応してくれます。

カラフルといってもそこまで派手ではありません(赤はちょっと派手ですが)。

ということで、各色を見て頂こうと思います。

dsc_0639

ブラック×グレー

 

dsc_0638

ネイビー×イエロー

dsc_0640

ブラウン×オレンジ

dsc_0637

バーガンディ×ネイビー

dsc_0636

レッド×グリーン

 

お値段は一足¥2700です。

つま先とかかとの色を変えてちょっとしたアクセントになっています。

そして1990年創業靴下専業メーカーADRIANの技のすごいところが色の切り替えの部分に縫い目がないっ。途中で色が変わるからと言って履き心地に違和感はありません。

サイズ展開は1と2のツーサイズ。ちなみに割と大き目な作りで1はUK7~、2はUK10~となっています。UK5、6ぐらいの方にとっては1だとぶかぶかになってしまいます。申し訳ない…。でもサイズ0って作ってないんですよね。イタリア人って足の大きい人ばっかりでしたっけ?

足の大きい人にとっては朗報です(特に自分)。UK10ぐらいになるとまずロングホーズがないんですよね。さらにお洒落なものとなると壊滅的。ですが、これで足元の心配はなくなりました。

リブも長くとってあるのでずり下がる心配もないですし、脛まで包まれる安心感はあれど締め付けられる感覚はありません。

コットン100%で薄手なつくりですが、昨日のような雪の日でも脛が包まれていると寒さの感じがかなり緩和されます。

実際に履いて使って洗ってみたのですが、コットン100%ですがあまり縮まない様子。これからのシーズンに大活躍です。

全色揃えて一週間、毎日色違いで履くのもよし、気に入った色を忘年会のような靴を脱ぐようなシーンで使うもよし、プレゼントにも良いと思います。

プレゼントといえば、「Stefano Bemer」のキャンドルやボウタイ(ベーメルではパピヨンと呼んでいます)もありますよ。こちらもまだ国内ではBrift Hでしか扱っていないと思います。

dsc_0646

dsc_0649

 

ここで年末年始の営業のお知らせを。

年内は28日(水曜日)まで営業です。それに伴って27日(火曜日)も通常営業致します。

年始は6日(金曜日)からの営業となっております。

修理などは2~3週間程お時間を頂く場合が多いので、年内中に靴を綺麗になさりたい方は早めにお持ち下さい。ご来店、お待ちしてしております。

 

Brift H 北見

written by

2016.09.17 Category|すべての記事

“TOKYO MEN’S FES 2016″

皆様こんにちは。

 

カープ、セ・リーグ制覇で大喜びのこたにです。

 

先日10日、地元の広島東洋カープが25年振り、7度目のセ・リーグ制覇を果たし未だに余韻に浸っております。

 

あんなに東京ドームが赤く染まったのは初めてでしたね。

 

それに勝利が決まった後の黒田と新井の男泣きで抱き合ったシーンは本当にグッときました。

ちなみにこのシーン。

image(9/11発行のスポニチより)

 

いやー、何度思い返しても実に感慨深いものです。

 

 

おっと失礼、本題に入ります。

 

今回はイベントの告知です。

 

その名も“TOKYO MEN’S FES 2016″!!

 

 

9/20(Tue)~9/25(Sun)までの6日間、伊勢丹新宿店本館6階・7階にて男っ気ムンムンのイベントが開催されます。

公式HPはこちら↓

http://www.isetanguide.com/20160920/men-fes/item.html

 

「男である100の幸福。」と、タイトルから男っ気がムンムンですね。

 

 

「男の幸福」をかき集めたイベントで、男である以上行かない理由がないといっても過言ではない程、男の嗜みが凝縮されたイベントとなっております。

 

 

本館6階では日替わりで職人が変わる靴磨きのコーナーが併設されます。

 

 

「何かに注いだ愛情は、これからも裏切らない、という幸福。」

いいですねぇ~。

 

9/20(Tue)はマエストロの松室真一郎氏

9/24(Sat)はホテルオークラの井上源太郎氏

と、とても豪華なゲストがお迎えです。

 

そして!

 

9/25(Sun)ではBrift H代表の長谷川が登場します!

 

 

本館6階催物場にて、Brift Hのカウンター靴磨き(The Brift)を提供させて頂きます(¥4,000+Tax)。

いつものお店とは違う雰囲気の中での靴磨きをご堪能ください。

 

 

また、それと同時に、Brift Hのオリジナルケア用品も販売いたします。

 

オリジナルシリーズの”The CREAM”,”The CLEANER”,”The SOLE OIL”等々、自慢のケア用品が伊勢丹新宿店でゲットできます。

ケア用品をお探しの方はMen’s館B1階の前に本館6階へお越しください。

 

 

と、いったところで。

 

Brift Hの出張靴磨きはもちろんですが、イベントそのものが内容盛り沢山で皆様のご期待に添えられること間違いなしのイベントですので

お近くに寄られた際は是非ともお越しください!

 

長谷川のインタビューもこちらに。

http://www.isetanguide.com/20160920/men-fes/mens/21.html

 

※イベントでは靴磨き(The Brift)のみのサービスとなります。

靴のお預かりは承れませんので、よろしくお願いいたします。

 

 

 

それでは、毎朝の目覚ましアラームが「それ行けカープ」のこたにがお送りしました。

 

 

 

P.S.

下に出る「written by 北見」は華麗にスルーしてください。

written by

2016.09.02 Category|すべての記事

防水性実験!!

久しぶりの登場です。 北見です。
IMG_2283
イベントなどがあった関係で、いつもの順番とは違った流れになっております。

さて久々の「輝け!科学君」(って何度も久々って言っている気が…)
今回は防水性の実験です。
今年は台風の当たり年らしいですね。8月に台風が3つも来るのはかなり珍しいことだとか。
雨の中で靴を履くのは憂鬱ですよね。
では実際に雨でも大丈夫なケアって何なの?ということで、ヌメ革に色々と施してテストしてみました。

テストした内容は
①乳化性クリームのみ
②ポリッシュ
③スエード/ヌバック用スプレー
④防水スプレー
⑤ラッカー

いくつか説明をしますと
①はもうご存知ですね、革に栄養を与えただけの状態です。
②は①からワックスを用いてのポリッシュで当店での鏡面仕上げを施すのと同じ状態です。
③はスエードやヌバック用に市販されているスプレーで、アーモンドオイルなどを用いて革に栄養を与えつつ、防水と補色も行うスプレーです。
④はアメダスですとかスコッチガードの様に防水のみを行うスプレーです。
⑤、ラッカーってなんのこと?これはよくわからないですよね?これはラッカー系のクリア塗装で、ゆうなればガラス革と同じような状態にしているということです。

まずはそれぞれ塗っていきます。
左側にある革は何もしていないものです。比較用に並べています。

クリーム1
乳化性のクリームは結構浸みますね。

 

WAX1
ワックスで艶を出すとヌメ革はこんな感じ。

 

スエード1
スエードスプレーも吹いた直後は濃くなります。

 

アメダス1
防水スプレーも同じく濃くなります。

 

ラッカー1
ラッカーもやはり濃くなりました。

 

ここで5分ほど放置して、ヌメ革がどのようになるか見てみました。

クリーム2
乳化性は少し薄くなったかな?

 

WAX2
ポリッシュは5分位じゃ勿論なにも変わりません。ツヤツヤです。

 

スエード2
スエードスプレーはかなり薄くなりました。

 

アメダス2
防水スプレーはほぼ元の状態に戻りました。

 

ラッカー2
ラッカーも少し濃さが残る感じです。それと少しシミができました。

 

さてすべての準備が整ったところで水滴を加えていきます。
わかり易いように革の真ん中に一滴づつのせました。
水

 

まずは一分経過。

 

クリーム1分
クリームだけですとシミになっているのが一目瞭然です。

 

WAX1分
ポリッシュにも染みができています。あれ?

 

スエード1分
スエードスプレーにもちょっと染みが…

 

アメダス1分
防水スプレーは染みはなし。

 

ラッカー1分
ラッカーも水滴によるシミはできていない様子です。

 

更に10分経過。

 

クリーム10分
クリームは完全にシミになっています。

 

WAX10分
ポリッシュにも染みが広がりました…

 

スエード10分
スエードスプレーもクリームほどでは無いにしろ染みが広がっています。

 

アメダス10分
防水スプレーは全く変化なし!

 

ラッカー10分
ラッカーも全く変化ありませんでした。

意外なような意外ではないような…
ワックスってこんなにシミになりましたっけ???
ちょっと言い訳をさせてもらいますと、小さな革きれを磨くのは意外に難しいんですよ。
ヌメだとシミにならないように磨くにはさらに難しくなります。

ということで、ちょっとズルいような気がしますが、実際にポリッシュした靴で参考実験!!
鏡面仕上げをした靴に水滴をのせて…
靴

10分経過。

靴10分

よーく見てみるとちょこっと染みているかな?程度の跡が見えましたが、写真ではほぼ変わらず。
しっかりとワックスをのせてポリッシュすると防水効果がかなり高いことが分かります。
いずれは、ポリッシュした靴で表参道駅とBrift Hの間を雨天時に歩くとどうなるか?という実験でポリッシュと雨の関係をもう少し深く掘り下げたいですね。

ってここで終わっちゃうと雨には防水スプレーかラッカーが最高!ってことになるのですが、これらには意外な落とし穴があります。
まずは鏡面仕上げをした靴に防水スプレーをすると… 鏡面が曇ります。

WAX-スプレー
艶がかなり落ちるので、鏡面仕上げと防水スプレーの相性はよくありません。

 

そしてラッカーの場合、「防水効果が高い=何も染み込まない」です。
ラッカーークリーム

ラッカーを吹いた後に乳化性のクリームを入れてみても まったく濃くなりません。
つまり革に栄養が浸透していないということです。 なので、防水効果を高めたいからと言ってむやみにクリア塗装をするのも考えものです。

やはり雨が降りそうな時は大事な靴は履かずにガラス革などの雨用の靴が良いという、当たり前といえば当たり前すぎる結論となってしまいました。
でも色々と実験してみると、分かっているようで実は初めて経験したともいえることができて、とても為になりますね。
もし何か、靴や革で知りたいことがあったら、是非リクエストを下さい

written by

2016.08.02 Category|すべての記事

ふぃってぃんぐ

皆様こんにちは。

ここ最近低気圧で毎日頭痛に悩まされているこたにです。

 

先日、お米を切らしていたことに気づきオ●ジン弁当にお米を調達しに行きました。

「大ライス一つください。」と注文すると「ヴァニラアイス」が出てきました。

夏ですね。

 

しかし夏とはいえ街中のお店のディスプレイは秋冬ものに切り替わってますね。

そろそろ皆様も秋冬ワードローブ計画を立てているころではないでしょうか。

この時期に革靴を新調する予定の方も多いと思います。

 

と、いうわけで今回は革靴を購入する際に知っておきたいフィッティングのポイントをご紹介します。

 

フィッティングのポイントは主に以下の5つです。

1)ボールジョイントの位置
2)甲の張り具合、余裕
3)踵のおさまり
4)踝の位置
5)指の余裕

 

それぞれご説明を、

 

1)ボールジョイントの位置

ボールジョイント=親指と小指の付け根を結ぶ最も幅の広い部分です。

靴に足を入れた際に、靴の一番幅の広い部分と足のボールジョイントが合っていることが重要です。

写真の靴でいうと赤線を引いた部分になります。

IMG_0196

ずーむ。

IMG_0197

 

2)甲の張り具合、余裕

IMG_0195

靴を踵に合わせて履いたときのボールジョイント部分の甲の遊びを確認します。

少々の遊びは問題ありませんが、遊びが多い場合はサイズが大きい可能性があります。

遊びが多い状態で履き続けるとシワが深く入り、つま先が反り上がり、あまり美しくない見た目になってしまいます。

 

3)踵のおさまり

IMG_0195 - コピー

紳士靴の場合はボールジョイントと、この踵のおさまりがフィッティングの基準になります。

空間が空いているとサイズが大きく、食い込んで痛いとサイズが小さい可能性があります。

 

4)踝の位置

IMG_0195 - コピー (2)

踝の位置と履き口の位置を確認します。

ここで踝と履き口が当たっていなければ問題ありません。

靴のデザインや骨格によってはここが当たって激痛につながる恐れがあります(本当に痛い)。

 

5)指の余裕

IMG_0195 - コピー (3)

指を動かせるかどうかを確認します。

動かせられれば問題ありません。

指が重なり合っていたり、逆にきつくて動かせなかったりする場合は要注意です。

 

と、いった感じでございます。

 

ただ、既成靴の前提として100%自分の足にフィットするものは基本的にはありません。

上記の5つのポイントを全て完璧に満たすものはほとんどないでしょう。

 

しかし、インソールを調整するなどして極力自身の足にフィットさせることはできますので、

買ったのはいいものの少々フィッティングが気になる靴がある等という方は、どうか諦めずご相談いただければと思います(あまりにも大きいor小さいものは難しいですが)。

 

またサイズの調整が必要ない方も、この秋冬に向け靴を新調されたらぜひ履き下ろす前のファーストケアにお持ちください。

お待ちしております!

 

それでは、土用の丑の日にしっかり鰻食べて夏バテ回避をしたこたにがお送りしました。

 

P.S.

下に出る「written by 北見」は華麗にスルーしてください

written by

PAGE TOP