BLOG

2015.09.10  Category| すべての記事

~How to shoe shine~

前回のQ&Aでも少し説明がありましたが

今回はPOLISHのやり方を出来るだけ分かり易くご説明します。

乳化性クリームを入れた後のSHOE SHINEのやり方です!

まずWAXと言っても色々なメーカーが様々なWAXを出していると思うのですが僕達が使用しているWAXはSAPHIRやKIWI等です。

基本は缶に入っている物だと同じようなやり方で大丈夫だと思うので是非参考にして下さい!

鏡面磨きは靴磨きの醍醐味だと思うのですが、WAXと水のバランスが悪いとくもってしまったり革が荒れてしまう恐れがあります。

布と水を使用しPOLISHで顔が映る程の鏡面磨きを100%とするなら指のみで磨いた場合60%くらいまでもっていく事が可能です。

最初から指で馴染ませずに布と水でWAXをした場合60%にもっていく事も結構難しいと思います。

 

 

さーー鏡面磨き100%を目指してやってみましょう!!

まず光らせる時のコツは必ず最初は指で磨く!
(慣れはじめてくると中指も使い2本指でやると早いです)

WAX1

人指し指で少量取りこれを刷り込むように革に馴染ませます。

 

WAX2

まずWAXをかける場所、範囲はつま先、カカト部分

つま先部分を1面、カカト右側を2面、カカト左側を3面と考えて下さい。

WAX4

すると指に取ったWAXが無くなり摩擦で「キュッ、キュッ」「ガサガサ」と音がしてくると思います。

この音がWAXの補充合図です!

またWAXを少量補充し革に刷り込ませます。

刷り込ませる時の指の動かし方ですが、縦でも横でも円を描く様な感じでもやり易いように色々な方法でやってみて下さい。

指で刷り込んだ直後は白く膜が貼ったような感じですが、少しだけ刷り込みを続けていると膜が馴染んできて少しずつ光沢が

出てくると思います。

大体ですが、1面に指で刷り込ませるのを15~20回程ズリズリと馴染ませて下さい。

WAX6

つま先の刷り込みが終わりましたら2面に移りまた1面と同じように刷り込み、3面へ移り同じように繰り返します。

両足刷り込むと相当大変なのですが、光らせる唯一の近道なので頑張って下さい!!

 

※WAXは新品で開けた状態より1週間ほど蓋を開けっぱなしにしWAXを乾燥させた物がお勧めです。

※メダリオンなど穴飾りがあるものは、穴にWAXが溜まらないよう穴飾りがない部分から徐々に伸ばしていくと穴のWAX詰まりを防げます。

WAX15

3面全体を指でポリッシュするとこのくらいまで光沢が出てきたと思います。

(左側は分かりやすいよう乳化性クリームのみの仕上げです)

 

さーここからは布と水を使用し更に細かい光沢を出していきます。

まずお店では綿100%のネル生地を使用し少し力を使っていくので布をしっかり指に固定します。
(布の巻き方はMOVIEページに巻き方の動画がありますのでそちらを参考にして下さい)

WAX16

しっかり指に巻き付けましたら人差し指と中指の第一関節部分を湿らせます。

この時濡らした直後は、布が水の含み過ぎなので水分を片手や布などで絞ります。

目安としては巻いた布をティッシュにポンッと叩いた時にティッシュに水分が付かないくらいが丁度良いです。

大体湿っている・・・かなってくらいが丁度良いです。

WAX9

緑の円で囲まれた部分全体が湿っているのが理想的です。

 

WAXを少量つけ、また指で馴染ませてた時と感じ様に馴染ませていきます。

WAX20

この時もまた1面、2面、3面を繰り返していくのですがここからは一か所集中!ではなく1面磨いたら2面へ3面へとパッパッと磨いていきます。

①WAXを取り1面全体を3回程円を描くよう(縦、横方向でもOK)に刷り込みます。

②次にWAXを継ぎ足し同じ場所ではなく2面に移り同じように2面全体を3回程刷り込みます。

③その後またWAXを継ぎ足し3面に移り刷り込ませます。

1面→2面→3面とした段階で水を一滴補充します。
※ここでも水の量が大事なので多く取りすぎは注意

WAX11

そして水を含ませた後はまた①→②→③と繰り返しグルグルとつま先カカトを磨いていき
大体20回(片足20周)程すると光ってくる・・・はずです。

ポイント
※1か所を集中してやるのではなく乾かしながら次の面へというふうにしていくと徐々に光ってきます。

 

WAX12WAX10

 

かなり盛り沢山になってしまいましたが光らせるにはこれくらい細かく根気強くやっていかなければ光ってくれないのです・・・

でもやってくうちにどんどん楽しくなってくる・・・はずです!!

wax未体験のかたも是非一度お試しを!
有薗でした!

written by

PAGE TOP