BLOG

2015.04.21  Category| ケア用品、販売品など

江戸屋さんに行ってきました

こんにちはー。事務員 小林です。
今日は朝から少し緊張しておりました・・・。
洋服もいつもより迷いました。
なぜなら今日は、うちの靴磨きになくてはならない大事なブラシを作って頂いている「江戸屋」さんにお伺いしてきたからなのです!

江戸屋さんは、なんとあと3年で創業300年の刷毛・ブラシの専門店。
お店は味のある木の造りで、老舗の風格が漂っております。いろんな刷毛やブラシが並んでいます。わくわく!
1

2

私が入社してから1年半、江戸屋さんブラシはほぼ常に完売状態。
うちは職人さん手植えのブラシをお願いしているので、一つ一つに時間がかかることをふんわりお聞きしていたのですが、
どういう作業をされているのかを実際に拝見したかったのです。

うちを担当して頂いているFさんに、植毛の仕方、持ち手の木の付け方などをレクチャーして頂くと共に、
そんな苦労があったのですね(泣)、という製作秘話も沢山お聞きしてきました。

社外秘の所も多々あるので全てはお伝えできないのですが、こんな風に一つ一つ丁寧に作られていますよ~
というのを感じて頂ければと思います。

まず、最終検品にすごく時間がかかるんです、とよくお聞きしていたのですが、その秘密がわかりました。
3

こちら、最終検品中です。
特にお客様にも一番人気の山羊毛(ヤギ・仕上げ用)ブラシが一番時間がかかります。

一般的には植毛して毛先を整えて終了のようなのですが、江戸屋さんではこの後更にブラシ自体をブラッシングします。
ブラッシングをすることで、毛に絡まっているゴミや枝毛などの弱い毛を掻き出します。
毛が抜けずに快適に使って頂けるよう、ラストスパートの作業なのです。

4

ブラッシングするとこんな風に弱い毛などがわぁ~と落ちてくるので、
これが出なくなるまで、おっしゃー!!と何度も何度もブラッシングします。
私も少しやらせて頂きましたが簡単そうに見えてこれがなかなか難しく、しかも腕の筋肉を酷使します。
少しでも早くブラシが仕上がるなら何でもやりまっせ!と常々思ってましたが、これはちょっとひよりました・・・。
長年やられているFさんも「頭を真っ白にして集中してやります」だそうです。

ど根性系作業その2は、持ち手の一つ一つの毛穴に注射器で接着剤を入れていくという、気が遠くなる作業。
これも毛を抜けにくくする為に、また持ち手の木の保護の為に必要な作業なのです。

他には、持ち手の木は湿度との戦いだというお話。
最初の段階では、持ち手は植毛される本体と蓋の2パーツに分かれています。
本体と蓋は作業の都合上、一旦離れ離れになるのですが、そうするとその二つの湿度がばらばらになります。
そして蓋はどの本体に付けてもいい訳ではなく、作られた時からこの本体にはこの蓋、というのが決まっていて、
絶対にその組み合わせでないとだめなのです。

再び本体と蓋が一緒になって、いざくっ付けるというぞ、となっても、お互いがいい具合の湿度具合になるのを待たなくてはなりません。
更に木も湿気が多いと割れたりしてしまうので、そのタイミングになるのがなかなか難しいそうです。
梅雨の季節は地獄だそうですよ。もうすぐですね・・・。

その他にも細かい作業や微調整などがた~くさんありました。
一つ一つ丁寧に、妥協せず作られているのがよ~くわかって、大変勉強になりました。

Brift Hで販売しているブラシは江戸屋さんオリジナルとどう違うのですか?というご質問をよく頂くのですが、
Brift Hでは、持ち手の木にお店のロゴを焼印して、持ち手の木も使い込んだアンティークのような風合いに加工しています。

手植えのブラシでこのように江戸屋さんと別注で作らせて頂いているのは、Brift Hだけです!
ありがとうございます!
※これまで他ショップ様とも別注はされていましたが、今後別注をさせて頂くのはBrift のみです。

日々うちで使っている、かわいこちゃん達。
5
豚毛ブラシ(クリームをがしがし塗り込む用)は、色ごとに使い分けます。

今日色々とお伺いして、そんな所までこだわりが!と感じる所もありましたが、
うちの靴磨き(もちろんリカラーやクラック・キズ補修や修理も)も同じことだなぁとしみじみ思いました。

だからこそ、靴磨きの素晴らしさを広めていきたい当店が自信を持っておススメするブラシですし、
もっともっとたくさんの靴磨きLOVERの方に知って頂きたいブラシなのです。

なんて真面目な感じになってきましたが、
丁寧に真面目に作られているブラシ達で靴磨きができるのは使っていて楽しいし、
磨き手にとっても靴にとっても幸せなことだなぁ~と、シンプルに思ったのでした。
靴磨きに限らずなんでもそうですね。

欠品してご不便をお掛けしていることも多々ありますが、
(現状そうですね、申し訳ございません・・・)
今日は江戸屋さんとブラシ作るどー!とますます結託できたと思うので、皆さま今しばらくお待ち下さいませ。

ブラシはお店、WEB SHOP(3/9にOPENしました) でもお買い求めいただけますのでチェックしてみて下さい。

ではでは~。

written by

PAGE TOP