BLOG

2016.11.25  Category| すべての記事

ロングホーズ入りました

お久しぶりです。忙しさにかまけてブログ更新を怠ってしまった北見です。

最近、神奈川の田舎から都会の世田谷に引っ越してきました。

通勤時間が1時間半から30分になって朝も夜もとっても楽になりました。

ただ、自転車通勤になったので行きも帰りも渋谷のアップダウンが辛い…

寒さに負けずに毎日爆走中です。

img_2442

 

そんなプライベートな話題はさておき、先週から微妙にお店の棚に新たな仲間が増えております。

日ごろあまり変わりのない棚ですが、冬の到来と共にカラフルさが増しました。

そんな新しい仲間とは…

dsc_0635

「ADRIAN」のロングホーズです!!

ADRIAN自体は夏にもシューズインソクッスを販売をしていたのですが、ロングホーズは今回初です。

5色展開をしているのですが、全てBrift H別注!!!

ロングホーズは割と地味なものが多いのですが、さすが南イタリアのファクトリー、カラフルな展開にも対応してくれます。

カラフルといってもそこまで派手ではありません(赤はちょっと派手ですが)。

ということで、各色を見て頂こうと思います。

dsc_0639

ブラック×グレー

 

dsc_0638

ネイビー×イエロー

dsc_0640

ブラウン×オレンジ

dsc_0637

バーガンディ×ネイビー

dsc_0636

レッド×グリーン

 

お値段は一足¥2700です。

つま先とかかとの色を変えてちょっとしたアクセントになっています。

そして1990年創業靴下専業メーカーADRIANの技のすごいところが色の切り替えの部分に縫い目がないっ。途中で色が変わるからと言って履き心地に違和感はありません。

サイズ展開は1と2のツーサイズ。ちなみに割と大き目な作りで1はUK7~、2はUK10~となっています。UK5、6ぐらいの方にとっては1だとぶかぶかになってしまいます。申し訳ない…。でもサイズ0って作ってないんですよね。イタリア人って足の大きい人ばっかりでしたっけ?

足の大きい人にとっては朗報です(特に自分)。UK10ぐらいになるとまずロングホーズがないんですよね。さらにお洒落なものとなると壊滅的。ですが、これで足元の心配はなくなりました。

リブも長くとってあるのでずり下がる心配もないですし、脛まで包まれる安心感はあれど締め付けられる感覚はありません。

コットン100%で薄手なつくりですが、昨日のような雪の日でも脛が包まれていると寒さの感じがかなり緩和されます。

実際に履いて使って洗ってみたのですが、コットン100%ですがあまり縮まない様子。これからのシーズンに大活躍です。

全色揃えて一週間、毎日色違いで履くのもよし、気に入った色を忘年会のような靴を脱ぐようなシーンで使うもよし、プレゼントにも良いと思います。

プレゼントといえば、「Stefano Bemer」のキャンドルやボウタイ(ベーメルではパピヨンと呼んでいます)もありますよ。こちらもまだ国内ではBrift Hでしか扱っていないと思います。

dsc_0646

dsc_0649

 

ここで年末年始の営業のお知らせを。

年内は28日(水曜日)まで営業です。それに伴って27日(火曜日)も通常営業致します。

年始は6日(金曜日)からの営業となっております。

修理などは2~3週間程お時間を頂く場合が多いので、年内中に靴を綺麗になさりたい方は早めにお持ち下さい。ご来店、お待ちしてしております。

 

Brift H 北見

written by

PAGE TOP